パブリックコンパクト便器・掃除口付きタイプ

便器内に詰まった異物を取り除くのに便利な掃除口が付いているので、不特定多数の方が使う場所におすすめです。

特長

TOTOの掃除口付便器は、フラッシュタンク式・ロータンク式・フラッシュバルブ式の3タイプをご用意。

従来の掃除口付きの便器(CS480CN)と比較して、掃除口の開口寸法を拡大。掃除口の位置も見直し、作業性が大幅に向上しました。

さらに、今まで設置できなかった一般トイレブースにも設置ができるため、狭いトイレのリモデルなどさまざまな現場で幅広く使用できます。

一般トイレブースでも設置可能

従来のフラッシュバルブ式掃除口付便器(CS480CN)では550㎜以上必要だった作業スペースが、掃除口の位置や形状を見直すことで400㎜のスペースで作業ができるようになりました。

これまでは設置が難しかった一般トイレブースのリモデルなど、さまざまな現場で幅広く掃除口付便器をご使用いただけます。

便器が詰まっても早期復旧が可能

掃除口付きタイプなら、詰まりが発生した場合でも、便器を設置したまま詰まりの原因を確認したり、取り除くことができるようになります。
便器の取り外しなど、復旧までに時間のかかる作業の発生リスクを低減します。

尿パッド、生理用品などが除去できます。
※市販の掃除道具を使用しています。

掃除口付便器の構造図
※イラストは市販の掃除道具を使用しています。

掃除口の開口を拡大。さらに掃除口の位置を、より手前に、より便器上部に移動したことで、トラップ内の視認性や作業性が向上

掃除口ふたは、ねじ止め式で簡単に開閉できるため、復旧までの時間を短縮可能

便器詰まりの解消手順 動画

動画を再生する(ポップアップで開きます)
  • 便器詰まりの解消手順について、動画でご覧いただけます。

パブリック用途ではトイレ詰まりは大きな悩み

常備トイレの大便器が詰まって流れなくなることはありますか?

便器の詰まりは、利用者の不便だけにとどまらず、施設の運営・管理に置いても大きな困りごとです。

高齢者施設や病院ではペーパー以外の異物詰まりがあり、またその他の施設・飲食店などでもペーパー以外のものを流すことを防止する注意喚起が行われています。

出典:「2012年 高齢者施設に関するアンケート」TOTO調査

パブリックコンパクト便器・タンク式

大洗浄4.8Lと、従来品と比較し大幅節水を実現

タンク式便器で掃除口付きタイプをご用意(CS597BCS・BLCS・BMCS・BMLCS系)

掃除口付きタイプなら、詰まりが発生した場合でも、便器を設置したまま詰まりの原因を確認したり、取り除くことができるようになります。 便器の取り外しなど、復旧までに時間のかかる作業の発生リスクを低減します。

優れた節水効果 節水

1000人規模のオフィスビルを想定した場合、13L/回の従来便器と比較して、年間の節水量は約13122kL、CO2排出削減量は約8tです。水道料金に換算して約918万円の節約効果が得られます。

コンパクトで、すっきりひろびろ

ピュアレストQRより37㎜、CS670より34㎜前出がコンパクトです。レギュラー便器よりコンパクトなので、限られた空間をひろびろ使え、手洗器や手すりも設置しやすくなります。

リモデル対応

排水アジャスターで、設備排水管を移設せずに器具の交換ができます。

対応できる排水心
TOTO C150E/C306/C830/C835/C21R・N/C720R/C710/C406/C14/C423/C710R・RS/C850
リクシル C-44S(U)/C-54S(U)/C-20S/DⅠ/DⅡ/NC-99/サニタリーナ62、63/C-4/C-44ST/C-13
  • C830、835のようにスリップインタイプの便器の場合には、排水管を立ち上げ直す必要があります。

タンクふた固定仕様タイプをご用意

タンク内へのいたずらやふたの落下を防止するために、タンクふた固定仕様をご用意しています。

  • 手洗なしのみのご用意です。
  • タンクの両側から固定します。

パブリックコンパクト便器・フラッシュバルブ式(CS494系)

「超節水」「フチなし形状」「トルネード洗浄」を実現

掃除口付きタイプをご用意(CS494J・LJ・MJ・MLJ系)

掃除口付きタイプなら、詰まりが発生した場合でも、便器を設置したまま詰まりの原因を確認したり、取り除くことができるようになります。
便器の取り外しなど、復旧までに時間のかかる作業の発生リスクを低減します。

優れた節水効果 節水

4.8L洗浄品※1(CS494系)なら、従来形フラッシュバルブ式便器と比較して約70%と大幅に節水できます。

  • ※1オートクリーンCとの組み合わせの場合。

1000人規模のオフィスビルを想定した場合、13L/回の従来便器と比べて、年間の節水量は約13224kL、水道料金に換算して約925万円[税込]の節約効果が得られます(大4.8/小3.6L※2※3の場合)。CO2排出削減量は約8tです。

リモデル対応(CS494M・464M系)

  • 排水アジャスターにより、設備排水管の移設を行わずに器具交換が可能
  • 工期と工事費の削減
  • 階下封鎖の回避
  • 既設排水管を移設することによるリスクの回避
  • スケジュール煩雑化の軽減
取り替えられる主な便器
品番 排水心(mm) 対応便器
CS494M系 CS464M系
TOTO C48系・C480系 255
C21系 305
C14系 435
C716系(低水圧対応) 255
リクシル C-5RT 255
C-5R 295
C-4R 330
C-13R 450 -

コンパクトサイズ

便器前出寸法(後ろ壁~便器先端)は、エロンゲートながら675㎜とコンパクトサイズです。

パブリックコンパクト便器・フラッシュタンク式

約20秒で次の洗浄が可能なため、パブリックトイレの混雑緩和につながります。

トイレ商品一覧