おさえておきたいキッチンリモデルのポイント

1.お使いのキッチンで感じている困りごと、確認してみましょう。

シンクの困った

調理器具の困った

蛇口の困った

調味料の困った

換気扇の困った

調理台の困った

収納棚の困った

ガスコンロの困った

チェックはありましたか?こんな困りごとを解消するために、続きを見てみましょう

2.困りごとがイメージできましたか?ではキッチンについて詳しく知ってみましょう。

キッチンの間取りは、大きく独立型と複合型の2つに分けられます。独立型は1種類、複合型は2種類ありますので、キッチンの間取りは全部で3種類となります。

独立型:K(キッチン)

調理をするキッチンを独立させたタイプです。他の部屋と仕切られているため、リビングやダイニングからキッチンが見えず、煙やにおいを気にせずに料理に集中できますが、食卓への配膳が遠くなります。

お料理好きの奥さんには良さそうだけど…一人で後片付けするとさびしいわね

複合型:DK(ダイニングキッチン)

料理をするキッチンと食事をするダイニングとをワンルームにした間取りです。配膳や後片付けが便利なプランです。

わたしの家もこの間取りだけど…キッチンが丸見えだから、お友達とちょっとお茶したい時とかあわてて片付けたりするのよね

複合型:LDK(リビングダイニングキッチン)

料理をするキッチンと食事をするダイニング、家族とのだんらんをするリビングをすべてワンルームにした間取りです。広い空間を演出することができ、家族とのコミュニケーションもとれる間取りです。

間仕切りを工夫すれば、キッチンが丸見えになることもなさそう…でもリビングに、においや汚れが広がらないかしら?

次にキッチンの「レイアウト」を見てみましょう。

  • I型

    シンクと調理機器が壁に向かって横に並ぶ、シンプルなレイアウト。体の向きを変えず平行移動で調理を行えます。

  • L型

    シンクと調理機器とを、コーナーを挟んで直角の位置に置くレイアウト。調理スペースが広く取れます。

  • フラット対面型(アイランド)

    カウンターに段差がない対面レイアウト。家族やゲストが自然と周囲に集うコミュニケーションがとりやすいプランです。

  • セパレート型

    コンロカウンターを壁面に、シンクカウンターを対面式に分けた開放的なレイアウト。シンクとコンロのカウンターを分けて設置することで、限られた間口でも対面式にできます。

次にキッチンの「構造」を見てみましょう。

写真で見るキッチン!

クリックして各部位の写真をチェックしてみよう!

  • 扉デザイン・カラー
  • キッチンパネル
  • 水栓金具
  • シンク
  • 食器洗い乾燥機
  • ウォールキャビネット
  • フード
  • カウンター
  • 調理機器
  • フロアキャビネット
  • 1.あなたのキッチン困った度チェック
  • 2.キッチンについて知る
  • 3.キッチンのサイズ感について知る
  • 4.あなたにぴったりの商品を探す
  • 5.ショールームへ行く

閉じる

3.理想のスタイル、レイアウトがイメージできましたか?ではキッチンの一般的なサイズ感を知りましょう。

狭すぎても広すぎても使い勝手が悪くなります。ご自身のご利用シーンに応じたサイズ感を確認しましょう。

キッチンと背後の収納やカウンター等との間隔:90~120cm/トレイを持って歩く寸法最低:80cm/冷蔵庫の開閉のためのスペース:90~100cm/キッチンと壁の間の通路寸法:90~100cm

キッチンの使いやすさの3つのポイントをご紹介します。

  • 1.動きやすさ 冷蔵庫とシンクと調理機器を直線で結んだ三角形の3つの辺の合計が510cm程度、歩幅で2、3歩となるのが使いやすさの目安です。
  • 2.収納 よく使うものは、首の中心から約75cmの範囲内に収納すると使いやすいです。
  • 3.カウンター高さ 使いやすいカウンターの高さは身長(cm)÷2+5cmが目安です。

TOTOのキッチンなら、ご自宅のリモデルを行うのに配慮したうれしい工夫がいっぱい。《ザ・クラッソ, ミッテ》

クリックして各部位の写真をチェックしてみよう!

  • 既存の窓の前を明るい収納スペースに変えられ、光も風も通します。
  • キッチンの奥行きを抑えて、動作スペースを広く取れます。
  • 細やかな間口対応で、キッチンと壁のデッドスペースを解消します。
  • 壁や天井に合わせて高さや形の調節ができます。
  • 1.あなたのキッチン困った度チェック
  • 2.キッチンについて知る
  • 3.キッチンのサイズ感について知る
  • 4.あなたにぴったりの商品を探す
  • 5.ショールームへ行く

閉じる

4.どんなキッチンにすれば良いかイメージできましたか?TOTOのキッチンをぜひチェックしてみてください。

さぁ、我が家のキッチン、どうしますか?

ダイニングもキッチンスペースもできるだけ広く使って、見せるようなキッチンにしたい。

I型システムキッチンを見る

キッチンを生活の中心にして、家族や友人の顔を見ながらのキッチンワークを楽しみたい。

フラット対面型(クリアパーティション)システムキッチンを見る

キッチンスペースが広く取れないわが家でも、使い勝手がよくて調理に集中できるキッチンにしたい。

I型スリムシステムキッチンを見る

調理中でも家族との団らんは優先させたい。だけどキッチンスペースの独立感も大切にしたい。

L型システムキッチンを見る

TOTOのキッチン商品紹介トップへ

  • 1.あなたのキッチン困った度チェック
  • 2.キッチンについて知る
  • 3.キッチンのサイズ感について知る
  • 4.あなたにぴったりの商品を探す
  • 5.ショールームへ行く

閉じる

5.お使いのキッチンを実際に測ってショールームに行ってみましょう

どこをどう測るの? 今ご使用の設備のレイアウトや寸法がわかるものを持って、ショールームに行ってみましょう!「準備シート」もぜひご活用ください。

ショールームに行く前の準備シート(レイアウトや寸法を記入するシートです)

ショールームでできること

  • Report1 見る 「商品はカタログだけではなかなか実感しづらいもの。ディテールや質感はもちろん、色柄なんかはコーディネートに関わる部分だけに、やっぱりここはちゃんと目で確認しておきたいですよね。ショールームでは、そんなところもどんどんチェックしちゃえます」
  • Report2 聞く 「TOTO独自の機能や特長はもちろん、水まわり商品の流行なんかもプロフェッショナルに聞くのがいちばん。要望に合う商品をアドバイザーが詳しく案内してくれます。これなら安心してとことん相談できますね」
  • Report3 選ぶ 「サイズや使い勝手は実際に体感してみないとわからないもの。だから遠慮せず、座ってみたり、引き出しを開けてみたり、いろいろなバリエーションからご家族のライフスタイルに合うものを探しましょう。この際どんどん選んじゃってください!」

ご利用時のポイント

  • ◎ 土・日曜日は混雑が予想されますので平日のご来館をお薦めします。
  • ◎ 前もってご相談内容をまとめておくとショールームでのご相談がスムーズに進みます。
  • ◎ 今ご使用のキッチンのレイアウトや寸法がわかるものをご持参ください。「ショールームに行く前の準備シート」をぜひご活用ください。

ショールームに行く前の準備シート(レイアウトや寸法を記入するシートです)

お近くのTOTOショールームをチェック!