東京都在住のO様:キッチン施工実例

カタログで見た白いオープンキッチンに、ひと目惚れしてしまいました

「裏方ではない」キッチンを

ご主人が運営する仕事場の移転、建て替えに伴い、今まで離れて暮らしていた息子夫婦、娘夫婦と、ひとつの建物に住むことになりました。玄関もキッチンも別々の、それぞれが独立した3つの家の集合住宅です。

仕事場に近い2階ワンフロアがO様の住まい。白を基調とした広々したLDKに、海外を旅行されたときに買い求めた思い出の品々が彩りを添えています。

「CRASSOのカタログを開いて、まず目に飛び込んできたのがフラット対面型の白いアイランドキッチンでした。このキッチンにもうひと目惚れ。クリスタルカウンターの美しさも、他とは比べようがないくらい気に入りました」と奥様。

そして新しい家に選んだ白いCRASSO。広いリビングを見渡せる位置にある対面キッチンなので、ご主人が広い家のどこにいても、その気配を感じていることができます。キッチンの背後は一面の壁収納にして、ものがすべてしまえるように。大勢の仲間をお呼びするパーティーのときも、たたずまいの美しいキッチンは裏方ではなく、司令塔の役割を果たします。できあがった料理をなんなく並べることができる広いカウンター、キッチンにいてもさりげなくゲストの様子に目を配ることができ、いいにおいに引き寄せられるゲストとの会話も弾みます。

夫婦ふたりの時間も、友人をお呼びするときも、いつも暮らしの中心にあるキッチンです。

DATA(O様)

ご家族情報 家族構成:ご夫婦
住宅情報 建物:戸建(新築)
今回のCRASSO フラット対面型
間口:2573mm
奥行き:1000mm
扉カラー:絹

家族をいつも感じながら過ごしていたい

温かなオレンジ色の壁に囲まれているのは、息子さん世帯のキッチンです。お父様といっしょに1階で仕事をする息子さん。自宅と職場が近いだけに、気持ちの切り替えをきちんとしたいとおっしゃいます。

陽気な南米のイメージで選んだ色の中で、清潔感のあるバニラウッドのキッチンが引き立ちます。

1歳3ヵ月の男の子は、いろいろなことに興味津々。うっかり目を離せない時期ですが、オープンスタイルのキッチンなら、料理や後片付けをしながらお子さんの動きもキャッチできます。「壁に向いて洗いものをしていたら、こうはできなかったかもしれませんね」と奥様。家族と密に過ごせる時間をつくってくれるリビングキッチンです。

DATA(息子さん世帯)

ご家族情報 家族構成:ご夫婦+お子様1人
住宅情報 建物:戸建(新築)
今回のCRASSO フラット対面型
間口:2573mm
奥行き:1000mm
扉カラー:バニラウッド

いちばん明るい場所にキッチンを

窓から優しい光が差し込むのは、娘さん世帯のキッチンです。

明るいばかりでなく、シンクの前に立つと、窓から街路樹の緑が見える、この家のいわば一等地。キッチンにいる時間を気持ちよく過ごせる場所です。

キッチンと、壁面にある周辺ユニットの扉カラーには、框のあるシエスタホワイトを選んだので、優しくナチュラルなインテリアになりました。アイランドキッチンのカウンターから突き出たようにダイニングテーブルを置いて、料理と食事をいちばん近くで楽しめる、オープンキッチンのメリットを最大限に生かしたキッチンです。

DATA(娘さん世帯)

ご家族情報 家族構成:ご夫婦
住宅情報 建物:戸建(新築)
今回のCRASSO フラット対面型アイランド
間口:2596mm
奥行き:1000mm
扉カラー:シエスタホワイト

お気に入りポイント

比類のない素材感、クリスタルカウンター

「光を透過したときの美しさがなんとも気に入ってしまいました」。キッチンを、裏方から一気に主役の座に引き上げるには、素材の果たす役割も大きいようです。奥行きが広いので、できあがった料理のお皿を手順良く並べられます。

比類のない素材感、クリスタルカウンター

余裕のスペースで、「楽しむ収納」

冷蔵庫の存在をダイニング側から隠すための収納ですが、目の高さの部分をオープンな棚にして、海外旅行の思い出の品を飾りました。白いキッチンだからこそ映える「飾る収納」。「どこの国のもの?」なんていうことから、お客様との会話の糸口にもなります。

  • 周辺キャビネットはTOTO品ではありません。

余裕のスペースで、「楽しむ収納」

  • ご紹介している各商品は、取材時のものです。
    現在発売中の商品と仕様、品揃えが変更になっている場合があります。

関連リンク

優美さと耐久性を兼ね備えた ラインアップ
全て読む

設計:中川善仁設計事務所

床の色からキッチンのイメージづくりをしていきました。

「水ほうき水栓やすべり台シンク、IH調理機器など、機器類は3家族とも同じものに揃えました。使い方やお手入れの仕方など、3家族で情報交換ができますから。機能的には同じような装備ですが、三者三様に見えるのは、床材の雰囲気を提案して、それぞれイメージをふくらませていただいたためです。どれも同じ木材なんですが、仕上げで雰囲気が変わるんです。そこから、家族に合った三様のキッチンが生まれました」

中川善仁設計事務所

☎ 03-5352-0833

他の実例を見る

I型:クリスタルスノーのキッチンは、お手入れしやすく、その美しさを保てます。

I型:長く使いたいから、飽きのこない上質なものを。

I型:明るく清潔で掃除しやすいキッチンになりました。

I型:ふたりの食事も、大勢の食事も、ゆったりと楽しめる対面キッチンです。

I型:赤色のキッチンに立つたびに、元気な気持ちになれます。

I型:オプションでつけたフットスイッチで、節水しながら使い勝手が一段とアップ。

I型:初めて建てた自分の家。家族がみんな、キッチンに立ちたがります。

I型:クールなルーセントシルバーで、主人にも似合うキッチンにしました。

I型:明るく使いやすいキッチンになって、息子たちも料理に参加してくれます。

I型:対面式にして、家族3人が使いやすいキッチンになりました。

I型:娘との二世帯住宅。2つのキッチンは母娘の理想のカタチ。

対面型:なんでも入る、押し入れのようなコンフォートユニットで、キッチンはいつも美しく。

対面型:カタログで見た白いオープンキッチンに、ひと目惚れしてしまいました。

対面型:キッチンといっしょに暮らしも生まれ変わった。

L型:グレイスピンクの壁面収納で、明るい印象のキッチンになりました。

L型:母が使いやすいキッチンなら、家族のだれもが使いやすい。

L型:動きに無駄のないコの字型のキッチンが気に入っています。

I型:見違えるようにきれいになったキッチンに、娘たちも大喜び。

L型:家族それぞれが、このスペースでくつろげるようになりました。

セパレート(アイランド)型:いつも家族のそばにあるアイランドキッチンです。

A型:華やかなカシスピンクのキッチンで、料理がますます楽しくなりました。

A型:夜、キッチンがきれいに片付いたときが、ほんとにうれしい。

対面型:いつ、どなたが遊びにきても、我が家のキッチンなら大歓迎ですよ。

対面型:明るく、気持ちのいいスペースの中心にキッチンがあります。

もっと見る