千葉県在住のN様:キッチン施工実例

キッチンといっしょに暮らしも生まれ変わった

「広さ」よりも「使いやすさ」

「以前のキッチンは広いほうで、キッチンカウンターも長かったんです。でもキッチンカウンターと食器棚が離れていてとても使いづらくて。無駄に広いっていう感じ」と奥様。リモデル前のキッチンは、西の窓に向かって壁付けのI型カウンターがあり、反対側の壁に食器棚が作り付けられていました。真ん中が空いたスペースになってしまったので、そこにテーブルを置いて作業台代わりに。

広いスペースなのに冷蔵庫の置き場所が計画されていなくて、しかたなく正面の壁にぽつんと置くしかなくなっていました。

築20年。キッチンの水栓金具を取り替える必要に迫られたのを機に、それならばキッチンそのものを新しくする時期なのかもしれないと、奥様はキッチンのショールームを訪れたのです。

キッチンにいる時間も団らんにする「フラット対面型」

TOTOのショールームで初めてCRASSOをご覧になった奥様は、その美しいたたずまいがとても印象的だったとおっしゃいます。特に、ステンレスとも、人工大理石とも違うクリスタルカウンターのまろやかな質感には、今までにない新鮮さを感じられたようです。

キッチンの設備機器を一新するとともに、今までずっと我慢していた使いにくさや冷蔵庫のおさまりの悪さの原因だったレイアウトそのものを見直すことにしました。N様が選んだプランは、窓側に向かっていたキッチンカウンターを、ダイニングに向いたフラット対面に、ふりかえれば手の届く背後には、オーブントースターや電子レンジ、炊飯器などの電化製品を置く壁付け収納を設けたプランです。

生活を変えたプランと美しさ

キッチンカウンターの奥行きはたっぷり1000mm。長さは以前よりも短くなりましたが、この奥行きと、奥まで使える引き出し収納のおかげで調理道具をしまうスペースは充分です。

「カウンターが広いと、料理するときに食材やお皿が置けてとても使いやすいんです」と奥様も満足そう。キッチンそのものの大きさがコンパクトになった分、動線が短くなったので、無駄な動きがなくなり、とても作業がしやすくなりました。

同時にダイニングスペースが広くなり、ソファが置けるスペースまで生まれたのです。家族のくつろぐ時間が、キッチンに近くなりました。

キッチンの扉カラーはオプティブラック。マイルドな黒なので、クリスタルカウンターと合わせても、コントラストが強すぎず、大人ならではのシックなキッチンになりました。
「キッチンが新しくなって、生活も生まれ変わったみたいです」

お気に入りポイント

簡単に掃除ができる「スーパークリーンサイドフード」

「このフードはでこぼこがないから、お掃除がラク。拭けばすぐきれいになりますから。以前の換気扇はプロペラだったので、油がいろんなところについちゃって、大変だったんですよ」

簡単に掃除ができる「スーパークリーンサイドフード」

水洗いがさっとできる「水ほうき水栓」

「この水栓、シャワーにすると、細長い形に水が出るんです。今までの丸い形に出るシャワーに比べると、洗いやすいみたい。水音がやわらかいので、ダイニングのそばで洗い物をしていても、うるさく感じないですね」

水洗いがさっとできる「水ほうき水栓」

関連リンク

ノンフィルターでラクラクお手入れ、 吸い込む力が落ちません
全て読む

幅広エアインシャワーと斜め形状で スイスイ洗える、エコ仕様水栓です
全て読む

DATA

リモデル前の様子 リモデル前の様子

ご家族情報 家族構成:ご夫婦+息子さん1人
住宅情報 建物:戸建(築20年)
今回のCRASSO フラット対面型
間口:2573mm
奥行き:1000mm
扉カラー:オプティブラック
カウンターカラー:クリスタルスノー

間取り図 間取り図

  • ご紹介している各商品は、取材時のものです。
    現在発売中の商品と仕様、品揃えが変更になっている場合があります。
  • お客様の個人的な感想です。使用・環境条件により効果が異なりますので、同等の効果や性能を保証するものではありません。

施工店様:株式会社キッチンアンドリビング

作業しやすいだけでなく、くつろげるキッチンに

「フラット対面キッチンは、作業が丸見えになってしまうからイヤ、とおっしゃる方も多いですね。私も、どなたにでもこのプランをおすすめするわけではありません。Nさんのお宅の場合は、キッチンの広さが生かされていなかったので、手の届きやすいカウンターと収納の関係をつくりました。そのことでキッチンそのもののスペースは小さくなりましたが、ダイニングに向いて作業のできる対面キッチンなら、ダイニングまでをひとつながりの空間として感じることができます。キッチンとダイニングが近くなって、ご主人との時間をもっと楽しんでくださると思いました」

他の実例を見る

I型:クリスタルスノーのキッチンは、お手入れしやすく、その美しさを保てます。

I型:長く使いたいから、飽きのこない上質なものを。

I型:明るく清潔で掃除しやすいキッチンになりました。

I型:ふたりの食事も、大勢の食事も、ゆったりと楽しめる対面キッチンです。

I型:赤色のキッチンに立つたびに、元気な気持ちになれます。

I型:オプションでつけたフットスイッチで、節水しながら使い勝手が一段とアップ。

I型:初めて建てた自分の家。家族がみんな、キッチンに立ちたがります。

I型:クールなルーセントシルバーで、主人にも似合うキッチンにしました。

I型:明るく使いやすいキッチンになって、息子たちも料理に参加してくれます。

I型:対面式にして、家族3人が使いやすいキッチンになりました。

I型:娘との二世帯住宅。2つのキッチンは母娘の理想のカタチ。

対面型:なんでも入る、押し入れのようなコンフォートユニットで、キッチンはいつも美しく。

対面型:カタログで見た白いオープンキッチンに、ひと目惚れしてしまいました。

対面型:キッチンといっしょに暮らしも生まれ変わった。

L型:グレイスピンクの壁面収納で、明るい印象のキッチンになりました。

L型:母が使いやすいキッチンなら、家族のだれもが使いやすい。

L型:動きに無駄のないコの字型のキッチンが気に入っています。

I型:見違えるようにきれいになったキッチンに、娘たちも大喜び。

L型:家族それぞれが、このスペースでくつろげるようになりました。

セパレート(アイランド)型:いつも家族のそばにあるアイランドキッチンです。

対面型:いつ、どなたが遊びにきても、我が家のキッチンなら大歓迎ですよ。

対面型:明るく、気持ちのいいスペースの中心にキッチンがあります。

もっと見る