群馬県在住のU様ご夫婦:キッチン施工実例

グレイスピンクの壁面収納で、明るい印象のキッチンになりました

35年の間に変化した生活に合わせてリモデル

日当りのいい庭先には、奥様が丹精した草花が花を咲かせています。Uさんのお宅は、ゆったりとしたつくりの一戸建て。隣にはご長男家族が住み、すぐ近くには娘さん家族も暮らしていて、保育園から帰ったお孫さんたちが代わる代わる遊びにくるという、にぎやかな毎日です。

35年前に建てられた家は、見た目はしっかりしているものの、特に水まわりが使いにくく感じられるようになってきました。リビングルームは明るくて居心地がいいのに、その奥にあるダイニングキッチンは、壁で仕切られていたために薄暗いのです。また、生活の変化につれて次第に増えていった食器洗浄機や浄水器、電子レンジなどの機器が、とりあえずの場所に置かれたまま。特に、シンクまわりで使う食器洗浄機と浄水器などを出窓に置いたために、キッチンをさらに暗く、雑然と見せていました。

「ものをしまう場所がなくて、よく使うものほど、あちこち外に出てしまうので、とっても整理しにくくて。体力のあるうちにリモデルして、早くすっきりと暮らしたいと思いました」と奥様。

初めてのリモデルでどこに依頼してよいかわからず、Uさんは町の商工会がつくっている「リフォーム組合」に相談。組合に加盟している地元の工務店を紹介してもらいました。施工の担当者といっしょに、まずキッチンのイメージを固めるために高崎市にあるTOTOのショールームへ。何回か足を運び、最初の漠然としたイメージから、整理収納がしやすく、掃除にエネルギーを割かなくてもいいキッチンにするにはどんな要素が必要か、相談しながら細部を詰めて行きました。

シンク脇の水切りかごをなくして、広々

まず、リビングルームとの間の壁を取り払って、リビングとダイニングキッチンをひとつながりの空間にしました。南に面したリビングに入る光がダイニングキッチンまで届くようになり、広々と、明るくなりました。遊びにきたお孫さんたちがどこにいても、視界に入ってくるので安心です。

以前のキッチンは、出窓に向かって I 型のレイアウト。右側の壁面に、飾り棚を兼ねた造り付けの食器収納がありましたが、充分な収納量とはいえませんでした。そこで、出窓はそのままに、CRASSOをL型に配置することにしました。

便利に使っていた食器洗浄機ですが、普段はご夫婦ふたりの生活になったために思い切って処分。その代わりにシンク上に水切り棚付きの窓用アイキャッチウォールを設置しました。洗った食器はそのままキャビネットに入れておけば、自然に乾きます。キャビネットの前後が半透明なので、出窓からの光を遮りません。

「シンクのまわりに水切りかごを置かなくてもよくなったので、調理台がすっきり、広く使えるようになりました」

キッチンをすっきりさせたら、明るくなりました

扉カラーは優しい印象のグレイスピンクです。ニュートラルな色がキッチンの2面を占めているので、壁面収納ですが圧迫感がありません。食器を引き出しにしまうことで、どこに何がしまってあるのか、引き出せばひと目でわかるようになったことも、以前と大きく違うところです。

「今までほとんど使わなかったような食器も、こんなふうに収納できればけっこう使うようになるんですね」

キッチンの広さは前と同じなのに、収納を効率よく設けて、収納量としては2倍入ったという実感だとか。使う場所に、使うものが出し入れしやすく収納できたおかげで、あちこち動かなくても作業や片付けができるようになりました。動きやすくなっただけでなく、必要なものが扉のなかにおさまったので、見た目もすっきり、明るくなりました。

「カウンターの上のものがなくなったので、掃除もしやすくなりましたね。ものをいちいちどかしてから拭かなくてもいいんですから」と奥様がいうと、「ここで食べる食事が、とってもおいしくなったような気がします」とご主人。ご夫婦ともに、リモデル効果を実感していらっしゃるようです。

お気に入りポイント

デッドスペースも見逃さず、収納に

「キッチンのレイアウトを、 I 型からL型に変えたので、コーナーができてしまいました。手が届きにくくて、デッドスペースになりがちな場所なのですが、ショールームの方の提案で、引き出しをつけてもらいました。扉はL型を組み合わせたような形なので、奥まで見やすいのです。保存容器を入れる場所として使っています」

デッドスペースも見逃さず、収納に

使いやすさの実感は、シンクまわりから

「基本的には2人家族になったので、シンク奥の出窓に置いていた食器洗浄機を思い切ってなくしてみました。出窓のほぼ半分を占めていた食器洗浄機がなくなり、窓から光が入ってくるようになりました。その代わりに窓用アイキャッチウォールで、いちばん使いやすい目の高さに、洗った食器をおけるようにしました。シンクのまわりの水切りかごが不要になり、シンクが気持ちよく使えます。カウンターの上のものがなくなったら、掃除がしやすくなりました」

使いやすさの実感は、シンクまわりから

関連リンク

目の前なら、 手が届きやすく使いやすい
全て読む

DATA

リモデル前の様子 リモデル前の様子

ご家族情報 家族構成:ご夫婦
住宅情報 建物:戸建(築35年)
今回のCRASSO L型
間口:2250mm
奥行き:650mm
ユニット収納
間口:1800mm
奥行き:450mm
扉カラー:グレイスピンク

間取り図 間取り図

  • ご紹介している各商品は、取材時のものです。
    現在発売中の商品と仕様、品揃えが変更になっている場合があります。

施工店様:堤建設有限会社

窓を活かして、採光と通風を確保

「リフォーム前のキッチンは暗い印象だったので、なんとか明るいキッチンにしたいと思いました。せっかくの出窓を活かすために、ウォールキャビネットの下に設置する「窓用アイキャッチウォール」は、窓の開け閉めもできるので、採光だけでなく、気持ちのいい風も入ってきます。毎日使う電化製品は、一カ所に置けるようにしました。あちこち動かなくて済みますし、見た目にもずいぶんすっきりしたと思います」

☎ 0279-54-6386

他の実例を見る

I型:クリスタルスノーのキッチンは、お手入れしやすく、その美しさを保てます。

I型:長く使いたいから、飽きのこない上質なものを。

I型:明るく清潔で掃除しやすいキッチンになりました。

I型:ふたりの食事も、大勢の食事も、ゆったりと楽しめる対面キッチンです。

I型:赤色のキッチンに立つたびに、元気な気持ちになれます。

I型:オプションでつけたフットスイッチで、節水しながら使い勝手が一段とアップ。

I型:初めて建てた自分の家。家族がみんな、キッチンに立ちたがります。

I型:クールなルーセントシルバーで、主人にも似合うキッチンにしました。

I型:明るく使いやすいキッチンになって、息子たちも料理に参加してくれます。

I型:対面式にして、家族3人が使いやすいキッチンになりました。

I型:娘との二世帯住宅。2つのキッチンは母娘の理想のカタチ。

対面型:なんでも入る、押し入れのようなコンフォートユニットで、キッチンはいつも美しく。

対面型:カタログで見た白いオープンキッチンに、ひと目惚れしてしまいました。

対面型:キッチンといっしょに暮らしも生まれ変わった。

L型:グレイスピンクの壁面収納で、明るい印象のキッチンになりました。

L型:母が使いやすいキッチンなら、家族のだれもが使いやすい。

L型:動きに無駄のないコの字型のキッチンが気に入っています。

I型:見違えるようにきれいになったキッチンに、娘たちも大喜び。

L型:家族それぞれが、このスペースでくつろげるようになりました。

セパレート(アイランド)型:いつも家族のそばにあるアイランドキッチンです。

A型:華やかなカシスピンクのキッチンで、料理がますます楽しくなりました。

A型:夜、キッチンがきれいに片付いたときが、ほんとにうれしい。

対面型:いつ、どなたが遊びにきても、我が家のキッチンなら大歓迎ですよ。

対面型:明るく、気持ちのいいスペースの中心にキッチンがあります。

もっと見る