神奈川県在住のS様:キッチン施工実例

母が使いやすいキッチンなら、家族のだれもが使いやすい。

動きやすく、気持ちのいいキッチンに

お母様、Sさん、娘さんの3世代で暮らす家。ずっと仕事をしてきたお母様は、今はSさんと娘さんのサポート役として日常の家事を担っています。

今までの住まいから引っ越すにあたって、家全体をリモデルしました。キッチンのある部屋は南西に窓があります。西側の窓から強い日差しが入り、夏の暑さは厳しそう。

そして、改修前のキッチンは北側の壁に面した I 型でした。東側がキッチンへの出入り口なので、このままでは食器棚を置ける壁がありません。できればキッチンの延長線上に食器や電化製品の収納スペースを設けたいこと、お母様の動きがラクになるよう、シンクとコンロの動線を効率よく改善したかったとSさんは語ります。

扉カラーはツートンカラーを効果的に

栄養士の資格を持ち、職場の厨房設計などにも携わった経験をお持ちのSさん。動きやすさにはこだわりました。少ない動きでシンクとコンロに手が届く L 型のレイアウトを希望しました。西側の窓の一部をふさぐことになりますが、幸い、このスペースにはトップライトがあり、上からの光が期待できました。風通しのための開口部を残して、北と西の面にCRASSOをL型に配することにしました。

明るく、気持ちのいいキッチンを望んだSさん、フロアキャビネットの扉カラーにはバニラウッド、その色がそのままつながるように、床にはマーブル模様の白いフロアタイルを選んでいます。ただ、部屋のドアの色との調和も考えたいと、ショールームのアドバイザーとじっくり相談。その結果、ウォールキャビネットとユニット収納にはダークウッドを選び、明るいキッチンがきりりと引き締まった大人っぽい空間になりました。

少ない動きで作業ができる

家族でいくつかのシステムキッチンショールームを見たなかで、CRASSOに決めた理由は、機能性の高さでした。シンクは、蛇口から出た水が、シンクを洗いながらコーナーの排水口へ向かう「すべり台シンク」。そして水栓金具は、蛇口近くにスイッチのあるタッチスイッチ水栓。蛇口の形がカーブを描いたラインのデザインなので、「どの方向から手を伸ばしてもぶつからず、ふたりでキッチンに立つときも使いやすさを実感します」とSさん。こまめに水を出し止めできるタッチスイッチ水栓を、Sさんは蛇口を少し伸ばしたまま使うことも。身長に関係なく蛇口の位置が手元に近づき、水はねも少なくなります。シンクを洗うときは蛇口を持った手でスイッチをオンオフし、水のムダ使いも減らせます。

シンク上には、水切りと収納を兼ねた「ドレスアップウォール」をつけました。仕事の都合で食事の時間がずれるときなど、ひとり分の食器をさっと洗ってさっと水切りするのに便利です。

扉の取っ手は、お母様が力を入れなくてもしっかり握れる「UDグリップ取っ手」に。「母が使いやすければ、いずれは私たちにとっても使いやすくなるはずですから」。お母様への思いやりは、そのうちに自分たちに返ってくるもの。ユニバーサルデザインの発想が随所に生きるキッチンです。

お気に入りポイント

取っ手は握りやすいユニバーサルデザインのものを

「はじめはすっきりした『ライン取っ手』にしようと思ったのですが、ショールームで母に試してもらうと、開けるのにちょっと力がいることがわかりました。『UDグリップ取っ手』なら、母でも簡単に開けられ、濡れた手でも握ることができます。それでいて邪魔にならないデザインがいいですね」

取っ手は握りやすいユニバーサルデザインのものを

ワンタッチで水の出し止めができるタッチスイッチ水栓

「水栓の形がカーブしているので、2人で別の方向から手を伸ばしても手がぶつかりません。また、シャワーヘッドを持った手で水を出したり止めたりができるので、ムダな水の出しっ放しがなくなりました。シャワーがやわらかいので、いちごのような食材も、やさしく洗えます」

ワンタッチで水の出し止めができるタッチスイッチ水栓

DATA

ご家族情報 家族構成:お祖母様+お母様+娘さん
住宅情報 建物:戸建(築25年)
今回のCRASSO L型
間口:2100mm(シンク部)×1650mm(コンロ部)
奥行き:650mm
扉カラー:バニラウッド(フロア部) 、
ダークウッド(ウォール部)

ユニット収納
間口:1500mm
奥行き:450mm

間取り図 間取り図

  • ご紹介している各商品は、取材時のものです。
    現在発売中の商品と仕様、品揃えが変更になっている場合があります。

施工店様:グッド ホーム カネコ/金子産商株式会社

動きに無理がなく、なめらかに進みます。

「お母様が使いやすいキッチンにしたい、というのがSさんの強い願いでした。キッチンでの作業の流れから、冷蔵庫、シンク、調理台、コンロ、食器棚というレイアウトにしています。買い物から帰って、まず食材をしまいわける動作を考えると、冷蔵庫の位置は、出入り口に近いほうをおすすめしています。Sさんの使い勝手にお応えして、食洗機はシンクの右手に配置しています。
 床は、水や汚れに強い大理石柄の化粧床材にしました。光沢があり、窓やトップライトからの光を反射するので、明るくなります。CRASSOのフロアキャビネットの色とも調和しました。ユニット収納には電化製品や食器もきれいに収納できました。」

☎ 045-802-8346

他の実例を見る

I型:クリスタルスノーのキッチンは、お手入れしやすく、その美しさを保てます。

I型:長く使いたいから、飽きのこない上質なものを。

I型:明るく清潔で掃除しやすいキッチンになりました。

I型:ふたりの食事も、大勢の食事も、ゆったりと楽しめる対面キッチンです。

I型:赤色のキッチンに立つたびに、元気な気持ちになれます。

I型:オプションでつけたフットスイッチで、節水しながら使い勝手が一段とアップ。

I型:初めて建てた自分の家。家族がみんな、キッチンに立ちたがります。

I型:クールなルーセントシルバーで、主人にも似合うキッチンにしました。

I型:明るく使いやすいキッチンになって、息子たちも料理に参加してくれます。

I型:対面式にして、家族3人が使いやすいキッチンになりました。

I型:娘との二世帯住宅。2つのキッチンは母娘の理想のカタチ。

対面型:なんでも入る、押し入れのようなコンフォートユニットで、キッチンはいつも美しく。

対面型:カタログで見た白いオープンキッチンに、ひと目惚れしてしまいました。

対面型:キッチンといっしょに暮らしも生まれ変わった。

L型:グレイスピンクの壁面収納で、明るい印象のキッチンになりました。

L型:母が使いやすいキッチンなら、家族のだれもが使いやすい。

L型:動きに無駄のないコの字型のキッチンが気に入っています。

I型:見違えるようにきれいになったキッチンに、娘たちも大喜び。

L型:家族それぞれが、このスペースでくつろげるようになりました。

セパレート(アイランド)型:いつも家族のそばにあるアイランドキッチンです。

A型:華やかなカシスピンクのキッチンで、料理がますます楽しくなりました。

A型:夜、キッチンがきれいに片付いたときが、ほんとにうれしい。

対面型:いつ、どなたが遊びにきても、我が家のキッチンなら大歓迎ですよ。

対面型:明るく、気持ちのいいスペースの中心にキッチンがあります。

もっと見る