埼玉県在住のH様:キッチン施工実例

動きに無駄のないコの字型のキッチンが気に入っています

料理をつくるスペースとくつろぐスペースを充実させたくて

戸建て住宅をリモデルしたばかりのH様のお宅です。リモデルにあたっては、キッチンとリビングを生活の中心のスペースとして、居心地よく充実させたかったとおっしゃいます。作業の場であるキッチンには、さまざまな道具が表に出がちです。

それらをすっきりと収納しキッチンとしての機能を満たしながら、しかも一方でゆっくり食事を楽しむ、あるいは食事のあとの時間もくつろげる、そんな空間としての美しさも求めていました。そんな中で出会ったのがCRASSOでした。

グレイスフェアレッドのキッチンのある暮らし

「色を楽しむ生活をしたくて」とおっしゃる奥様。キッチンの扉の色は、TOTOの新宿ショールームで見て迷わず決めたグレイスフェアレッドに。

「それまでは、どこを、どうリモデルしたらいいのか、ピンときていなかったのですが、この色のキッチンの展示を見た途端に新しい家のイメージが湧きました」。

リモデル前は、壁に向いたL型のカウンターだったのを、リモデル後は対面式に。壁側にもカウンターをつけてコの字型のキッチンが生まれました。

壁側のカウンターはシンクやコンロのカウンターと同じ奥行き。キャビネットは引き出しにして、食器を収納しています。引き出しには重ねた食器がきれいにしまわれていますが、スライドレールがしっかりしているので、かなりの重みにも耐えられます。

「開き戸だと棚の奥のものが取り出しにくかったのですが、この引き出しだと奥まで見えるのでたっぷりしまえます。食器棚は不要になりました」

振り向けば手が届く、カウンターの形

使いやすいキッチンにするためには、作業のできるカウンターの広さと収納量が決め手になりますが、コの字型のキッチンならもうひとつ、動線の短さがポイントになります。シンクからコンロまでは斜めに踏み出すだけ、洗った食器をしまうのは振り向くだけ。それでいて、娘さんとふたりで料理に立っても、お互いの動作を邪魔しないだけのスペースがあります。

シンクのあるカウンターの前は木の天板をのせた立ち上がりをつけ、カウンターテーブルにしています。朝の食事はカウンターテーブルで。そして夜、ゆったりした気分でお酒を飲みたいときもここで。カウンター前のモダンなシャンデリアは、明かりをつけると鏡面塗装扉のウォールキャビネットに美しい光と影を映します。

こだわりの食材をお取り寄せしては料理の腕を振るう奥様と娘さん。キッチンのあるスペースが生き生きしています。

お気に入りポイント

コンロのそばに、ひと瓶サイズの引き出し収納

「CRASSOの収納は、使う場所に使いたいものがしまえるところがいいですね。コンロのすぐそばにある幅の狭い引き出しは、炒めものに使う油の瓶を入れておきます。ひと瓶分の幅ですが、瓶が倒れたりする心配がないので安心して使えます」

コンロのそばに、ひと瓶サイズの引き出し収納

たっぷり入って、しかも使いやすい収納プラン

「シンクの下には鍋やフライパンなどの調理道具、反対側には食器やストック食材などを収納しています。シンク下は連動式のらくプル親子収納なので、引き出すと同時に内部の引き出しも出てきます。スライドレールがガタつくことなく引き出せるので、奥までぎっしり収納しています。これだけ入ればキッチンもきれいにしておけますね」

たっぷり入って、しかも使いやすい収納プラン

関連リンク

必要なときに必要なモノが サッと取り出せる
全て読む

DATA

ご家族情報 家族構成:ご夫婦+お子様1人
住宅情報 建物:戸建(築25年)
今回のCRASSO L型(変形)
間口:2250mm+2400mm+2250mm
奥行き:650mm
扉カラー:グレイスフェアレッド

間取り図 間取り図

  • ご紹介している各商品は、取材時のものです。
    現在発売中の商品と仕様、品揃えが変更になっている場合があります。

施工店様:モローズ/TOTOリモデルサービス(株)東京支店

ウエットゾーンとドライゾーンに分けたカウンターが使いやすさの秘密です。

「シンクのあるカウンターは、食材や調理道具を洗う作業が中心のウエットゾーン、反対側のカウンターは、しまってある食器を出して盛りつける、洗い終わった食器をしまうという作業が中心のドライゾーン。コの字型のキッチンはそのウエットゾーンとドライゾーンにキッチンを分けて、しかも体の向きを変えて半歩ぐらいで両方の作業スペースに手が届きます。動線上、使いやすくて体の負担も少ない理想的なプランです」

他の実例を見る

I型:クリスタルスノーのキッチンは、お手入れしやすく、その美しさを保てます。

I型:長く使いたいから、飽きのこない上質なものを。

I型:明るく清潔で掃除しやすいキッチンになりました。

I型:ふたりの食事も、大勢の食事も、ゆったりと楽しめる対面キッチンです。

I型:赤色のキッチンに立つたびに、元気な気持ちになれます。

I型:オプションでつけたフットスイッチで、節水しながら使い勝手が一段とアップ。

I型:初めて建てた自分の家。家族がみんな、キッチンに立ちたがります。

I型:クールなルーセントシルバーで、主人にも似合うキッチンにしました。

I型:明るく使いやすいキッチンになって、息子たちも料理に参加してくれます。

I型:対面式にして、家族3人が使いやすいキッチンになりました。

I型:娘との二世帯住宅。2つのキッチンは母娘の理想のカタチ。

対面型:なんでも入る、押し入れのようなコンフォートユニットで、キッチンはいつも美しく。

対面型:カタログで見た白いオープンキッチンに、ひと目惚れしてしまいました。

対面型:キッチンといっしょに暮らしも生まれ変わった。

L型:グレイスピンクの壁面収納で、明るい印象のキッチンになりました。

L型:母が使いやすいキッチンなら、家族のだれもが使いやすい。

L型:動きに無駄のないコの字型のキッチンが気に入っています。

I型:見違えるようにきれいになったキッチンに、娘たちも大喜び。

L型:家族それぞれが、このスペースでくつろげるようになりました。

セパレート(アイランド)型:いつも家族のそばにあるアイランドキッチンです。

A型:華やかなカシスピンクのキッチンで、料理がますます楽しくなりました。

A型:夜、キッチンがきれいに片付いたときが、ほんとにうれしい。

対面型:いつ、どなたが遊びにきても、我が家のキッチンなら大歓迎ですよ。

対面型:明るく、気持ちのいいスペースの中心にキッチンがあります。

もっと見る