東京都在住のT様:キッチン施工実例

ふたりの食事も、大勢の食事も、ゆったりと楽しめる対面キッチンです

2世帯住宅の2階から1階への住み替えリモデル

30年以上も暮らした2世帯住宅。それまでは2階にご夫婦で住んでいましたが、独立していた息子さん家族といっしょに住むことになり、2階から1階へ住み替えるのを機に、リモデルしました。

それまでの1階のキッチンは、出窓を向いた I 型キッチン。キッチンの中にテーブルを置いてダイニングキッチンとして使っていましたが、そこに移るにあたって、ご主人の「食事は流しの見えないところでゆっくり楽しみたい」との希望もあり、リビングダイニングとワンルームになった対面式のキッチンにすることになりました。

キッチンとは長いおつきあい。将来にわたって使いやすく

キッチン計画の際になにかと頼りになったのが、娘さんの存在です。1階は、以前はおばあさまが住んでいましたが、おばあさまが古いキッチンを使っているのを見ていて、子ども心にも使いにくそうだなあと思ったとか。毎日使う調理道具や、日常の食器などは、なるべく手の届きやすい部分に収納したほうがいいなど、現在だけでなく、高齢になったときの使いよさまで考えてアドバイスしています。

CRASSOを薦めたのも娘さん。動線を考えた収納や水回り、掃除のしやすさなど、これからの生活を考えたら、ストレスのない使い心地はキッチン選びの大事なポイントです。

奥様がTOTOのショールームを訪れたちょうどその日に、新色として初お目見えしていたのがパナシェイエローのCRASSO。ダイニングやリビングで使っているエレガントな家具にもぴったりの優しい雰囲気で、新生活のキッチンはこれに決まりました。

動き慣れた動線はなるべく生かして

ところで、奥様が今まで2階で使っていたキッチンは、TOTOブルトハウプシリーズのシステムキッチン。20年ほど前の改修で入れたそうですが、いまだに堅牢そのもの。そのまま息子さん夫婦に引き継がれます。調理カウンターの奥行きが750mmと深く、間口の割にものが置けて使いやすかったそうです。

新しいキッチンも、対面式の調理カウンターと食器収納との間をゆったりとったプラン。娘さんとふたりでキッチンに立っても、余裕のスペースです。使い勝手が今までとがらりと変わってしまわないよう、シンクとコンロ、食器収納との関係などは同じようにしています。

Tさんご家族はご主人の仕事の関係で、ドイツで生活していたことがあるとか。奥様は料理が大好きでケーキもよくつくります。折々に集めた食器は、調理カウンターの向かい側の収納カウンターにほとんど収納することができました。

「引き出し式で、奥まで見ることができるから、取り出しやすいですね」

息子さん家族が引っ越してくれば、奥様が腕をふるって、ここでにぎやかに食事をする機会も増えることでしょう。

お気に入りポイント

洗って、しまえる毎日の動線

「普段はふたりだけの生活なので、食器洗浄乾燥機を使うのは、一日1回から2回ですね。ドイツから持ち帰ったガラス食器も、手洗いではとれない凸凹部分のくもりがとれました。食洗機で乾燥させた食器を取り出したら、そのまま向かい側の食器棚の引き出しにすぐにしまえます。体の向きを変えるだけ。とってもラクになりました」

洗って、しまえる毎日の動線

吸引力のあるゼロフィルターフードで、におい知らず

「対面キッチンにすると、油やにおいがダイニングのほうにいかないかしらっていうのが気になっていたんですが、そんなことはありませんでしたね。吸引力が強いみたいです。お掃除も、整流板の片側がはずせるので、さっと拭けますよ」

吸引力のあるゼロフィルターフードで、匂い知らず

関連リンク

ノンフィルター構造だから お手入れカンタン
全て読む

DATA

リモデル前の様子 リモデル前の様子(1階のキッチン)

ご家族情報 家族構成:ご夫婦
住宅情報 建物:戸建2世帯住宅(築31年)
今回のCRASSO I型
間口:2550mm
奥行き:650mm
扉カラー:パナシェイエロー(新色)

間取り図 間取り図

  • ご紹介している各商品は、取材時のものです。
    現在発売中の商品と仕様、品揃えが変更になっている場合があります。

施工店様:三井ホーム株式会社 東京南支店 リフォーム第2営業室

今までのキッチンと、使い勝手が変わりすぎないように配慮しました。

「はじめのうち、夫婦だけの食事なのでカウンターがあればいいとおっしゃっていましたが、料理好きの奥様にとってはキッチンが、食べることを大切になさるご主人にはダイニングが、大切な場所になります。お孫さんたちといっしょに食事をする機会も増えるでしょうから、キッチンとLDをワンルームにし、夫婦ふたりのときでも顔を見ながら食事の支度ができる対面プランにしました。2階で長くブルトハウプのキッチンを使っていらしたので、動線ががらりと変わってしまわないように配慮しました」

三井ホーム株式会社 東京南支店 リフォーム第2営業室

☎ 03-4218-2439

他の実例を見る

I型:クリスタルスノーのキッチンは、お手入れしやすく、その美しさを保てます。

I型:長く使いたいから、飽きのこない上質なものを。

I型:明るく清潔で掃除しやすいキッチンになりました。

I型:ふたりの食事も、大勢の食事も、ゆったりと楽しめる対面キッチンです。

I型:赤色のキッチンに立つたびに、元気な気持ちになれます。

I型:オプションでつけたフットスイッチで、節水しながら使い勝手が一段とアップ。

I型:初めて建てた自分の家。家族がみんな、キッチンに立ちたがります。

I型:クールなルーセントシルバーで、主人にも似合うキッチンにしました。

I型:明るく使いやすいキッチンになって、息子たちも料理に参加してくれます。

I型:対面式にして、家族3人が使いやすいキッチンになりました。

I型:娘との二世帯住宅。2つのキッチンは母娘の理想のカタチ。

対面型:なんでも入る、押し入れのようなコンフォートユニットで、キッチンはいつも美しく。

対面型:カタログで見た白いオープンキッチンに、ひと目惚れしてしまいました。

対面型:キッチンといっしょに暮らしも生まれ変わった。

L型:グレイスピンクの壁面収納で、明るい印象のキッチンになりました。

L型:母が使いやすいキッチンなら、家族のだれもが使いやすい。

L型:動きに無駄のないコの字型のキッチンが気に入っています。

I型:見違えるようにきれいになったキッチンに、娘たちも大喜び。

L型:家族それぞれが、このスペースでくつろげるようになりました。

セパレート(アイランド)型:いつも家族のそばにあるアイランドキッチンです。

A型:華やかなカシスピンクのキッチンで、料理がますます楽しくなりました。

A型:夜、キッチンがきれいに片付いたときが、ほんとにうれしい。

対面型:いつ、どなたが遊びにきても、我が家のキッチンなら大歓迎ですよ。

対面型:明るく、気持ちのいいスペースの中心にキッチンがあります。

もっと見る