神奈川県在住のF様:キッチン施工実例

赤色のキッチンに立つたびに、元気な気持ちになれます!

クオリティの高い塗装の美しい赤に魅せられて

新築する家のキッチンをどんなふうにしようかと、各キッチンメーカーのホームページやカタログを片っ端から調べ尽くしたというFさん。そのときに目に留まったのが、CRASSOの赤いキッチンでした。

「最初からキッチンの色を赤と決めていたわけではないのですが、CRASSOの濁りのない深みのある赤を見たら、もうそれ以外のキッチンは考えられなくなってしまって」。

横浜のランドマークタワーにあるTOTOのショールームで、職人さんが何度も塗り重ねたという鏡面塗装の実際の色を見て、ますます気に入ってしまいました。

引き出しが浮いているから、キッチンマットが敷ける!

もうひとつ気に入った点は、カウンターの前にキッチンマットが敷けること。床スレスレまで収納になっているキッチンだと、引き出しを使うたびにキッチンマットがずれたり、引き出しに噛んだりしてしまいます。「そういうキッチンを見るたびに、キッチンマットが敷けないのは困るなあ」と思っていたそうです。

キッチンプランを決めるにあたっては、カタログがぼろぼろになるまで読み込んで、細かいところまで検討しました。TOTOのホームページにある「キッチンプランナー」を活用しては、さまざまな機器の組み合わせを試してみて、自分の好みや予算に見合うかどうかをチェックなさったとか。

「基本のI型プランだと、シンク外側の準備スペースがちょっと狭いと感じたので、15センチだけコンロ側に寄せました。そうしたら水切りかごがぴったり置けるようになったんですよね。ちょっとしたことですが、私にとっての使い勝手がとてもよくなりました」。

毎日使う場所だから、とことんこだわって

納得のゆくまで調べ、検討した結果、できあがったFさんのキッチンは、リビングに向けて開口部を設けた対面スタイル。

どうしても敷きたかったというキッチンマットは、グレイスフェアレッドの鮮やかな色を意識したレインボーカラーです。シンクの前からコンロのところまでのロングサイズで、キッチンのポイントになりました。

「シャワーが広がる水ほうき水栓は、大きなお皿や鍋を洗うときにラクですね。重い土鍋などは、持ち上げないで左手で斜めに支え、右手でシャワーヘッドを引き出して流しています。一度使い始めたらやめられません」

ひと目惚れしたグレイスフェアレッドに関しては、「個性的な色のキッチンは飽きるんじゃないかっていう人もいますけれど、このキッチンはそんなことは全然ありません!むしろ、キッチンに立つたびに元気になれるんです」。

Fさんのはつらつとした一日は、キッチンから始まります。

お気に入りポイント

キッチンマットの敷ける足元

「キッチンマットのないキッチンなんて考えられません。なんだかアクセントがないみたいで。CRASSOだとキッチンマットにひっかかることなく引き出しを使えるので、とても気持ちがいいです」

キッチンマットの敷ける足元

水ほうき水栓なら効率よくシャワーが使えます

「シャワーヘッドが引き出せるので、重い土鍋などは、左手で固定しておいて、右手のシャワーで流します。シャワーが広がるので、さっとひとはけで気持ちよく流せます」

水ほうき水栓なら効率よくシャワーが使えます

関連リンク

幅広エアインシャワーと斜め形状で スイスイ洗える、エコ仕様水栓です
全て読む

DATA

ご家族情報 家族構成:ご夫婦+猫2匹
住宅情報 建物:戸建(新築)
今回のCRASSO I型
間口:2700mm
奥行き:650mm
扉カラー:グレイスフェアレッド

間取り図 間取り図

  • ご紹介している各商品は、取材時のものです。
    現在発売中の商品と仕様、品揃えが変更になっている場合があります。

施工店様:株式会社フロンティア

納得のいくまで検討したことが、満足の秘訣です。

「若い世代を中心に、ご自分の好みをはっきりとおっしゃる方が多くなりました。Fさんのお宅でも、奥様がご自分でいろいろ調べて、わからないことはショールームの方にどんどん質問なさっていました。そのうえで、キッチンの色、機能について、かなり具体的に希望を伝えてくださったことが、満足度の高いキッチンづくりにつながったと思います。今までの施工事例ですと白やアイボリーのキッチンが圧倒的に多かったのですが、こうしてできあがってみると、赤いキッチンは家のポイントになっていますね」

他の実例を見る

I型:クリスタルスノーのキッチンは、お手入れしやすく、その美しさを保てます。

I型:長く使いたいから、飽きのこない上質なものを。

I型:明るく清潔で掃除しやすいキッチンになりました。

I型:ふたりの食事も、大勢の食事も、ゆったりと楽しめる対面キッチンです。

I型:赤色のキッチンに立つたびに、元気な気持ちになれます。

I型:オプションでつけたフットスイッチで、節水しながら使い勝手が一段とアップ。

I型:初めて建てた自分の家。家族がみんな、キッチンに立ちたがります。

I型:クールなルーセントシルバーで、主人にも似合うキッチンにしました。

I型:明るく使いやすいキッチンになって、息子たちも料理に参加してくれます。

I型:対面式にして、家族3人が使いやすいキッチンになりました。

I型:娘との二世帯住宅。2つのキッチンは母娘の理想のカタチ。

対面型:なんでも入る、押し入れのようなコンフォートユニットで、キッチンはいつも美しく。

対面型:カタログで見た白いオープンキッチンに、ひと目惚れしてしまいました。

対面型:キッチンといっしょに暮らしも生まれ変わった。

L型:グレイスピンクの壁面収納で、明るい印象のキッチンになりました。

L型:母が使いやすいキッチンなら、家族のだれもが使いやすい。

L型:動きに無駄のないコの字型のキッチンが気に入っています。

I型:見違えるようにきれいになったキッチンに、娘たちも大喜び。

L型:家族それぞれが、このスペースでくつろげるようになりました。

セパレート(アイランド)型:いつも家族のそばにあるアイランドキッチンです。

A型:華やかなカシスピンクのキッチンで、料理がますます楽しくなりました。

A型:夜、キッチンがきれいに片付いたときが、ほんとにうれしい。

対面型:いつ、どなたが遊びにきても、我が家のキッチンなら大歓迎ですよ。

対面型:明るく、気持ちのいいスペースの中心にキッチンがあります。

もっと見る