千葉県在住のS様:キッチン施工実例

オプションでつけたフットスイッチで、節水しながら使い勝手が一段とアップ

キッチンセットを取り替えただけのミニマムリモデル

入居して16年になるマンション。人造大理石のキッチンカウンターに入った亀裂がだんだん広がってしまったといいます。

「最初はカウンターだけでも取り替えなければと思っていたのですが、収納も使いづらいし、全体的に汚れてもいたので、思い切ってキッチン全体のリモデルに踏み切りました」と奥様。

クローズキッチンのプランはそのままに、既存のキッチンセットをそっくりCRASSOに取り替え、反対の壁面に置いてあった収納用のワイヤーラックや戸棚などを、収納ユニットに置き換えて、扉カラーはキッチンと同じものに揃えることにしました。

水まわりの動作が、すっかりスムーズになりました

窓のないクローズキッチンなので、キッチンはできるだけ明るくしたいと、扉カラーは光沢を感じるオプティホワイトに。シンクは今までのステンレスから、イエローのすべり台シンクにしました。

「すべり台シンクでは、料理や洗いものの際に出た野菜くずやごみなどが自然に排水口に流れてくれるので、シンクの掃除がラクになりましたね。シャワーが広がる水ほうき水栓は、水の当たりがやわらかくて洗いものがしやすいです。シンクの色をイエローにしたこともあり、キッチンが見違えるほど明るくなって印象がすっかり変わりました。同じマンションに住む友だちも、あまりの変わりようにびっくりしていました」。

リモデルを機に、ダイニングにあった食器棚の中身を見直し、使わない食器を整理。壁側の収納ユニットにすっきり納まるようになってしまいました。

「食洗機できれいになった食器は、振り向けばすぐにしまえるようになり、動きの効率がよくなりました」

カウンター下の収納は、今までは開き戸タイプだったのが、すべて引き出し式になり、中のものが見やすくて、取り出しやすくなりました。コンパクトキッチンで、後ろに下がったりするスペースがないだけに、手を伸ばしただけで中のものが取れる使いやすさは、日々実感できるようです。

ご主人のひと言で、使いやすさがアップ

CRASSOのショールームを奥様といっしょに訪れたご主人が、何気なく気にとめたのが、水ほうき水栓の水を足で出したり止めたりできる「フットスイッチ」。小さなオプションでしたが、これが大正解。料理中で手が汚れていても、蛇口に触ることなく水を出せ、両手で鍋を持ったまま洗うことができたりと、いいことづくめ。「水を出しっ放しにしておくことがないので、節水になっていると思います」と奥様。

ご主人のお気に入りは、掃除のしやすいフード。「今まではドライバーを使ってフィルターをはずさなくてはいけなかったので、一回の掃除に2時間はかかったのですが、今は道具なしで部品がはずせて、しかも油まみれのフィルターはないんです。すごく気軽に掃除できるようになりました」

中学生の娘さんも、部活のない日はキッチンで奥様といっしょに料理の手伝いをすることも。家族みんなに愛されているキッチンです。

お気に入りポイント

シンクでの作業を楽しくさせたフットスイッチ

「オプション機能を見逃さない主人が、つけてみよう、と言ったのがフットスイッチでした。足先で水の出したり止めたりを操作できるので、生ものなどを触って汚れた手を洗う時や、食器や鍋を持って両手がふさがっている時など、作業の手を止めなくて済むのでとても便利です」

シンクでの作業を楽しくさせたフットスイッチ

汚れがつきにくいキッチンパネル

「作業カウンターの前、コンロの横には、キッチンパネルを張っていただきました。子供たちのお弁当づくりなど、油を使った料理をすることが多いのですが、油がこびりつくことがなく、拭けばさっときれいになります。ラクにきれいになるから、お掃除も楽しくなってしまいます」

汚れがつきにくいキッチンパネル

関連リンク

つま先で出し止め。 さらにスイスイ、さらにエコ
全て読む

DATA

ご家族情報 家族構成:ご夫婦+お子様2人
住宅情報 建物:マンション
今回のCRASSO I型
間口:2550mm
奥行き:650mm
扉カラー:オプティホワイト

間取り図 間取り図

  • ご紹介している各商品は、取材時のものです。
    現在発売中の商品と仕様、品揃えが変更になっている場合があります。

施工店様:オネストクリーンサービス株式会社

配管スペースをうまく避けてリモデルを実現。

「マンションも、築16年ともなると、特に毎日使うキッチンは傷んだり、汚れたりしているので、リモデルを考える方が多くなりますね。実際に工事に入ると、予想外のところに動かせない配管があるなど、制約のある場合が多いです。そんなときは現状に沿った小さな設計変更も必要になります。Sさんのキッチンでは、ご家族の身長に合わせて、カウンターの高さを5センチ高くしていたので、配管スペースをクリアすることができました」

他の実例を見る

I型:クリスタルスノーのキッチンは、お手入れしやすく、その美しさを保てます。

I型:長く使いたいから、飽きのこない上質なものを。

I型:明るく清潔で掃除しやすいキッチンになりました。

I型:ふたりの食事も、大勢の食事も、ゆったりと楽しめる対面キッチンです。

I型:赤色のキッチンに立つたびに、元気な気持ちになれます。

I型:オプションでつけたフットスイッチで、節水しながら使い勝手が一段とアップ。

I型:初めて建てた自分の家。家族がみんな、キッチンに立ちたがります。

I型:クールなルーセントシルバーで、主人にも似合うキッチンにしました。

I型:明るく使いやすいキッチンになって、息子たちも料理に参加してくれます。

I型:対面式にして、家族3人が使いやすいキッチンになりました。

I型:娘との二世帯住宅。2つのキッチンは母娘の理想のカタチ。

対面型:なんでも入る、押し入れのようなコンフォートユニットで、キッチンはいつも美しく。

対面型:カタログで見た白いオープンキッチンに、ひと目惚れしてしまいました。

対面型:キッチンといっしょに暮らしも生まれ変わった。

L型:グレイスピンクの壁面収納で、明るい印象のキッチンになりました。

L型:母が使いやすいキッチンなら、家族のだれもが使いやすい。

L型:動きに無駄のないコの字型のキッチンが気に入っています。

I型:見違えるようにきれいになったキッチンに、娘たちも大喜び。

L型:家族それぞれが、このスペースでくつろげるようになりました。

セパレート(アイランド)型:いつも家族のそばにあるアイランドキッチンです。

A型:華やかなカシスピンクのキッチンで、料理がますます楽しくなりました。

A型:夜、キッチンがきれいに片付いたときが、ほんとにうれしい。

対面型:いつ、どなたが遊びにきても、我が家のキッチンなら大歓迎ですよ。

対面型:明るく、気持ちのいいスペースの中心にキッチンがあります。

もっと見る