神奈川県在住のO様:キッチン施工実例

明るく使いやすいキッチンになって、息子たちも料理に参加してくれます

キッチンの位置はそのまま。壁を払ってオープンに

南に面した窓からは海も見える、気持ちのよいマンションの一室。築後17年が経っていたこの部屋に入居するにあたって、キッチンのあるリビングスペースと水まわりをリモデルしたお宅です。

もともとの間取りは、ベランダに面したキッチンとリビングダイニングとの間を壁で隔てた、独立型のキッチンでした。

大学生と高校生のふたりの息子さんたちは、ご主人も含めてなにかと料理を手伝ってくれるので、家族が料理に参加しやすいキッチンにしたかったとおっしゃる奥様。元々、キッチンからベランダに出られる勝手口が設けられていたので、キッチンの位置は変えずに、キッチンとダイニングの間の壁を取り払って、明るくてシンプルなキッチンにすることを目指しました。

長く暮らせるキッチンにしたかった

ショールームは何社か見て回りましたが、掃除のしやすさ、シンプルで洗練されたデザイン、水ほうき水栓やすべり台シンクなどの新しい機能が気に入って、システムキッチンはCRASSOに決めました。扉カラーはオプティホワイトにスリムな取っ手を組み合わせ、長くつきあえるモダンな印象に仕上げました。

「リモデル前の独立型キッチンのときは、調理カウンターの反対側に食器棚を置けるようになっていたのですが、壁を取り払うと食器棚を置く場所がなくなってしまうので、食器棚の代わりに、収納もできるカウンターをつくってもらうことにしました」と奥様。キッチンカウンターよりも少し高めのカウンターは、息子さんやご主人にも使いやすい高さ。カウンター下をキッチン側とダイニング側から使える食器収納にしました。引き出しにはキッチンと同じ扉材、取っ手を使って、キッチンとの一体感を配慮しました。

間仕切り収納カウンターが大活躍

幅1200mm、奥行き1000mmのカウンターは、料理の下ごしらえをしたり、できあがった料理を盛り付けたりと大活躍の様子。「息子はここにハイチェアを持ってきて、リビングのテレビを見ながら豆のスジをとってくれたりして、よく手伝ってくれるようになりました。ダイニング側からも引き出しの中の食器が取り出せますから、主人もなにかと手を貸してくれますね」。

1000mmというカウンターの高さは、オープンにつながるキッチンとダイニングをなんとなく分けてくれる間仕切りの役割も果たします。キッチンとダイニングが近いと視線が気になったりするものですが、カウンターの存在がクッションのようになっています。

お気に入りポイント

料理中に本領発揮の浄水栓

「ビルトイン式の浄水栓は、もうなくてはならないものですが、CRASSOの場合は、浄水栓が作業スペースのすぐそばにあるので、カウンターになべをのせたままの状態で浄水を使うことができます。ちょっとしたことですが、使ってみると便利です」

料理中に本領発揮の浄水栓

カウンターと一緒にひと拭きできるIHコンロ

「IHコンロはキッチンカウンターにすっきり埋め込まれています。余計なデコボコがないので、使い終わってさっとひと拭きすれば、そのままカウンターまできれいになります。お掃除が楽しくなりますね」

カウンターと一緒にひと拭きできるIHコンロ

DATA

ご家族情報 家族構成:ご夫婦+息子さん2人
住宅情報 建物:マンションリモデル(築17年)
今回のCRASSO I型
間口:2550mm
奥行き:650mm
扉カラー:オプティホワイト

間取り図 間取り図

  • ご紹介している各商品は、取材時のものです。
    現在発売中の商品と仕様、品揃えが変更になっている場合があります。

設計監理:株式会社アクシスジャパン

インテリアにも動線にも、狭さを感じさせない工夫をしました。

「リモデルの場合は、特にマンションはスペースも限られているので、キッチンに立つ人がこもらないよう開放感が感じられるレイアウトを心がけています。O様の場合は、ご主人も建築関係のお仕事とあって、ご自身でショールームを回られ、CRASSOを使いたい、キッチンとリビングダイニングの間の壁も取り除きたい、とご希望も明確でした。リビングダイニングに向かって作業ができるように作業カウンターを新たに設けたことで、ご家族のコミュニケーションがさらに増えたとO様には喜んでいただいております」

他の実例を見る

I型:クリスタルスノーのキッチンは、お手入れしやすく、その美しさを保てます。

I型:長く使いたいから、飽きのこない上質なものを。

I型:明るく清潔で掃除しやすいキッチンになりました。

I型:ふたりの食事も、大勢の食事も、ゆったりと楽しめる対面キッチンです。

I型:赤色のキッチンに立つたびに、元気な気持ちになれます。

I型:オプションでつけたフットスイッチで、節水しながら使い勝手が一段とアップ。

I型:初めて建てた自分の家。家族がみんな、キッチンに立ちたがります。

I型:クールなルーセントシルバーで、主人にも似合うキッチンにしました。

I型:明るく使いやすいキッチンになって、息子たちも料理に参加してくれます。

I型:対面式にして、家族3人が使いやすいキッチンになりました。

I型:娘との二世帯住宅。2つのキッチンは母娘の理想のカタチ。

対面型:なんでも入る、押し入れのようなコンフォートユニットで、キッチンはいつも美しく。

対面型:カタログで見た白いオープンキッチンに、ひと目惚れしてしまいました。

対面型:キッチンといっしょに暮らしも生まれ変わった。

L型:グレイスピンクの壁面収納で、明るい印象のキッチンになりました。

L型:母が使いやすいキッチンなら、家族のだれもが使いやすい。

L型:動きに無駄のないコの字型のキッチンが気に入っています。

I型:見違えるようにきれいになったキッチンに、娘たちも大喜び。

L型:家族それぞれが、このスペースでくつろげるようになりました。

セパレート(アイランド)型:いつも家族のそばにあるアイランドキッチンです。

A型:華やかなカシスピンクのキッチンで、料理がますます楽しくなりました。

A型:夜、キッチンがきれいに片付いたときが、ほんとにうれしい。

対面型:いつ、どなたが遊びにきても、我が家のキッチンなら大歓迎ですよ。

対面型:明るく、気持ちのいいスペースの中心にキッチンがあります。

もっと見る