神奈川県在住のK様:キッチン施工実例

見違えるようにきれいになったキッチンに、娘たちも大喜び。

築20年。ビルトイン型の食器洗い乾燥機が動かない!

家族4人の食卓を休みなく整えてきたキッチン。毎日フル稼働していた食器洗い乾燥機が、ある日突然動かなくなってしまいました。修理しようにもすでに部品はなく、ビルトイン機器だけを新しいものに取り替えるのなら、汚れや傷みの目立ち始めていたキッチンそのものを考え直す時期なのかも……。

築3年で入居したこの家のキッチン、現在と同じ、壁に向かってI型のキッチンカウンターがありました。

入居して1年ほどで、キッチン横の出窓スペースを増築したのですが、床の色と同じダークブラウンのキッチンは、なんとも薄暗い印象。あとから設置した浄水器がむき出しになっていたり、大きすぎるシンクのせいで、カウンタースペースが充分でなかったりと、キッチンの暗さや使いにくさが気になるようになっていたのです。

お掃除に時間をとられないキッチンに

そんなとき、TOTOから新しくシステムキッチンCRASSOが誕生するという情報が奥様の耳に飛び込んできました。「茅ヶ崎にはTOTOの工場があり、中にショールームがあることを知っていたものですから、すぐに実物を見に行くことにしました」と奥様。「ちょうど仕事量が増えるところだったので、キッチンのお掃除に時間をとられたくないと思っていました。TOTOのキッチンはお掃除がしやすくて作業動線にも工夫がある、という評判でしたから、ショールームではシンクの水はけや、フードのパーツの取り外しやすさ、動きやすさなどを実際にチェックしました」。カントリースタイルのインテリアがお好きなので、カウンターもタイルにしたかったそうですが、目地のお掃除が大変そうだったので、白い人工大理石に。同色のすべり台シンクと一体感のある仕上がりになるのも気に入りました。

広さは同じなのに、はるかに使いやすい!

新しいキッチンのプランは、今までのものと同じ幅2600mmのI型です。広さは変わらず、インターネットで購入したカントリー調の棚を、ウォールキャビネットの一部に組み込んだのに、全体の収納量は以前よりもたっぷり。「カウンター下の引き出しは、奥まで見えるので手が届きやすくなりましたし、作業の手順に沿って効率よく調理道具をしまえるので、キッチンでの動きがずっとラクになりましたね」。

シンク上には「昇降式ミドルウォール」を採用したので、目の高さまで収納を近づけることができ、小柄な奥様でもウォールキャビネットを活用できるようになりました。

扉カラーは淡いストライプの入ったホワイト系の「ペーニュホワイト」。真っ白よりもニュアンスを感じさせる色なので、カントリー調のダイニング家具ともしっくり融け合います。ウォールキャビネットの一部には、インターネットで購入した棚を組み込み、お気に入りの雑貨を並べて、ちょっとほっとするコーナーになりました。明るく、使いやすくなったキッチンに、ふたりの娘さんたちも大喜び。いっしょにクッキーやケーキを焼くなど、キッチンに立つ機会が増えました。

お気に入りポイント

手の届きやすい収納

「シンク上のウォールキャビネットは、ラックが目の高さまで降りてくる「昇降式」にしました。背伸びしないで手が届くのでとても使いやすいのです。ここにいちばんよく使う食器や娘たちのお弁当箱などを入れています」

手の届きやすい収納

お手入れのしやすいフード

「仕事が忙しいので、何よりお掃除のしやすいキッチンがいいと思いました。フードも余計なデコボコがなくてさっと拭けます。フードの上部も整流板の部分までも白だから、キッチンがやさしいイメージになりましたね」

お手入れのしやすいフード

関連リンク

目の前なら、 手が届きやすく使いやすい
全て読む

ノンフィルター構造だから お手入れカンタン
全て読む

DATA

リモデル前の様子 リモデル前の様子

ご家族情報 家族構成:ご夫婦+娘さん2人
住宅情報 建物:戸建(築20年)
今回のCRASSO I型
間口:2603mm
奥行き:650mm
扉カラー:ペーニュホワイト

間取り図 間取り図

  • ご紹介している各商品は、取材時のものです。
    現在発売中の商品と仕様、品揃えが変更になっている場合があります。

施工店様:株式会社スギモト住機

部分的なリモデルは、他とのバランスに気を配ります。

「K様のケースは、キッチン部分だけを取り替えるリモデルです。床、壁はそのまま生かしましたので、キッチンだけが浮き上がらないようにという視点で扉カラーを選びました。キッチン正面の壁には、キッチンパネルを張っていますが、ウォールキャビネットの上部にも、同じキッチンパネルを使っています。壁面の一体感をとるためです。また、ウォールキャビネットの一部に、カントリー調のオープン棚をお使いになりたいということでしたので、棚の奥行きや、設置する高さなど、ご一緒に考えていきました。リモデルは、ともすると部分的なところに目をとられがちですが、空間全体のバランスを考えることがポイントだと思います」

株式会社スギモト住機

☎ 03-3303-4747

他の実例を見る

I型:クリスタルスノーのキッチンは、お手入れしやすく、その美しさを保てます。

I型:長く使いたいから、飽きのこない上質なものを。

I型:明るく清潔で掃除しやすいキッチンになりました。

I型:ふたりの食事も、大勢の食事も、ゆったりと楽しめる対面キッチンです。

I型:赤色のキッチンに立つたびに、元気な気持ちになれます。

I型:オプションでつけたフットスイッチで、節水しながら使い勝手が一段とアップ。

I型:初めて建てた自分の家。家族がみんな、キッチンに立ちたがります。

I型:クールなルーセントシルバーで、主人にも似合うキッチンにしました。

I型:明るく使いやすいキッチンになって、息子たちも料理に参加してくれます。

I型:対面式にして、家族3人が使いやすいキッチンになりました。

I型:娘との二世帯住宅。2つのキッチンは母娘の理想のカタチ。

対面型:なんでも入る、押し入れのようなコンフォートユニットで、キッチンはいつも美しく。

対面型:カタログで見た白いオープンキッチンに、ひと目惚れしてしまいました。

対面型:キッチンといっしょに暮らしも生まれ変わった。

L型:グレイスピンクの壁面収納で、明るい印象のキッチンになりました。

L型:母が使いやすいキッチンなら、家族のだれもが使いやすい。

L型:動きに無駄のないコの字型のキッチンが気に入っています。

I型:見違えるようにきれいになったキッチンに、娘たちも大喜び。

L型:家族それぞれが、このスペースでくつろげるようになりました。

セパレート(アイランド)型:いつも家族のそばにあるアイランドキッチンです。

A型:華やかなカシスピンクのキッチンで、料理がますます楽しくなりました。

A型:夜、キッチンがきれいに片付いたときが、ほんとにうれしい。

対面型:いつ、どなたが遊びにきても、我が家のキッチンなら大歓迎ですよ。

対面型:明るく、気持ちのいいスペースの中心にキッチンがあります。

もっと見る