ハイドロテクトの環境貢献
ハイドロテクトで街や空気がキレイに。
ハイドロテクトで街や空気がキレイに。
ハイドロテクトは、太陽や雨など自然エネルギーだけで建物の汚れを落とし、その周辺の空気まできれいにします。 ハイドロテクトの空気浄化効果は、同様に空気をきれいにする緑地の約6.5倍※に相当します。 ハイドロテクトを使った建物や建材が増えれば、街や空気がきれいになっていきます。
※外装用塗料ハイドロテクトコートECO-EXの場合
大気汚染物質NOxとハイドロテクトの貢献
NOxは大気汚染・光化学オキシダント(光化学スモッグ)・酸性雨の原因となり、森林破壊や健康被害など様々な環境問題を引き起こすとされる大気汚染物質です。 近年、中国・インドなど東アジアの新興国を中心に増加傾向にあり、世界的に問題になっています。 これを受けて、日本・ヨーロッパ・アメリカをはじめ世界中でさまざまな環境規制や取組みが始まっており、大気汚染対策の一部として森林と同じような空気浄化作用を持つ「光触媒技術」が注目され始めています。
大気汚染のしくみ・空気浄化のしくみ
【参考文献】
平成14年度環境省「自動車NOx・PM法の手引き」、平成17年2月東京都「光化学オキシダント対策検討会報告書」
※)NMHC(非メタンハイドロカーボン):メタン以外の炭化水素(脂肪族飽和炭化水素、不飽和炭化水素、芳香族炭化水素)の総称。光化学オキシダントの原因物質として古くから対策が進められてきた。NMVOC(Non-Methane Volatile Organic Compounds)と記すこともある。(財)環境情報普及センター「EICネット」より
このページトップへ戻る
他のNOx除去対策と光触媒技術の違い
「NOx除去対策」は、他にもさまざまに研究されていますが、中でも自然エネルギーのみを利用するため環境負荷が低く、さまざまな製品への汎用性がある光触媒技術は注目されています。
空気浄化対策(大気中のNOx除去)として研究中の技術
空気浄化対策(大気中のNOx除去)として研究中の技術
このページトップへ戻る