光触媒とTOTOのとりくみ
光触媒技術は日本が世界に誇る環境技術です。1993年、TOTOは、当時の東大・藤嶋昭先生(現東京理科大学長、東京大学特別栄誉教授、平成22年度文化功労者)の研究室との共同開発により抗菌作用を持つ「光触媒タイル」の実用化に成功。その後、光触媒技術のリーディングカンパニーとして、様々な材料の表面に分子レベルでの水膜を形成する(超親水性)技術の開発に世界で初めて成功するなど、環境浄化技術として独自に進化させてきました。
光触媒とTOTOのとりくみ
このページトップへ戻る