光触媒作用について
光触媒のはたらきが、ハイドロテクトの効果のキホンです。
光触媒とは
光触媒とは、光の力を使って、自らは何も変化することなく周りのものを変える(化学反応)働きをもつ触媒物質を指す総称で、 ハイドロテクトに使用している酸化チタン(TiO2)は、代表的な光触媒です。 ちなみに植物の光合成を促す「葉緑素(クロロフィル)」も光触媒のひとつです。
ハイドロテクトに使われている光触媒「酸化チタン」は、「分解力」「親水性」にすぐれ、安全性が高い材料です。
酸化チタンは世界中にある天然のチタン鉱石から取れる材料で、昔から絵の具や紙、化粧品、歯磨き粉、ホワイトチョコレートなどごく身近に使われてきた人に安全な材料です。また酸化チタン表面(光触媒層)に太陽の光(紫外線)があたることで、活性酸素を発生させ、表面に付いた有害物質や汚れを化学反応で分解する性質があり、同時に高い「親水性」があるため、表面が水になじみやすい状態になります。

●活性酸素の安全性について
活性酸素は、大気中や体内でも常につくられているものです。ハイドロテクト表面で発生する活性酸素は、寿命が短く空中に浮遊しないので人体に影響を与えることはありません。

分解力:酸化チタンの表面に光(紫外線)が当たると活性酸素が発生、菌や有機物を分解します。
分解力促進試験
親水性:水をはじく「撥水性」に対し、水となじみがよくなる特性のことを「親水性」と言います。
親水性
ハイドロテクトの基本は、この光触媒「酸化チタン」のはたらきによるものです。
植物が日光を浴びて光合成をする(二酸化炭素と水を使って酸素と有機物をつくる)ように、ハイドロテクトの光触媒(酸化チタン)層に光が当たると「分解力」と「親水性」を発生させます。それらは「空気浄化」「セルフクリーニング」など環境に役立つさまざまな効果を生み出します。
「酸化チタン」のはたらき
豆知識1:「親水性」は水と仲が良いこと!
ハイドロテクトの用途・効果とは
このページトップへ戻る