洗面美人~きれいな毎日は洗面から始める!

SHARE

第7回 株式会社良品計画 無印良品と一緒に考えよう「感じ良いくらし」を叶える洗面空間

整理収納だけじゃない洗面空間を快適にする方法

あなたの住まいの洗面空間は快適ですか?

J美「インテリア相談会」で、洗面空間についてのお悩みを寄せられることはありますか?

久野さんリビングやキッチン、収納などの空間へのお悩み相談は多いのですが、洗面空間についてのご相談はあまりありません。ただ、お話を進めるうちに、洗面空間へも話題が展開することはあります。
洗面空間はプライベート性が高く、人に見せる機会があまり多くないので、その快適性について日頃あまり意識が及んでいないのかもしれません。

でも、ご自宅の洗面空間については意識していないだけで、「あそこのホテルの洗面空間はきれいだったな」とか「あのデパートの洗面空間は気持ちよかった」とか、洗面空間はキレイで心地いいものであるべきという意識は、みなさんお持ちだと思います。

M子たしかに、洗面空間のことをきちんと考える機会は少ないかもしれません。今回、無印良品のインテリアアドバイザーの方にお話を伺うにあたって、自宅の洗面空間を改めて見つめ直してみましたが、「もっとこうだったらいいのに」ということがどんどん出てきました(笑)。

久野さんM子さんと同じように、ご自宅の洗面空間に潜む問題に気づいていないという人は多いと思います。

洗面空間は毎日必ず使う、くらしの中の大切な場所です。リビングやキッチンのことと同じように、洗面空間についてもどんどんご相談いただきたいですね。

使い勝手よく、見た目は心地よく

J美洗面空間を快適な場所にするために、大事なことはなんでしょうか?

久野さん洗面空間はさまざまな行動を行う場所ですから、「機能的であること」が大切です。機能的な洗面空間にするためにはまず、ものの定位置を決めること。そして日頃から使うものは取り出しやすい状態にしましょう。

そしてもうひとつ、「清潔であること」も洗面空間に大切なことです。ですので、なるべくお掃除がしやすい状態にしておきたいですね。

例えば、私の家では無印良品の『磁器歯ブラシスタンド』を使っているのですが、それらを『白磁トレー』にまとめて置いていて、洗面化粧台を拭くときにさっと持ち上げられるようにしています。

磁器歯ブラシスタンド・白磁トレー

J美磁器のものは洗いやすく、質感的にも洗面空間に似合いますね。

久野さん白色や透明のものは、クリーンなイメージを保ちたい洗面空間にはおすすめです。
洗面空間で使うものの素材感もポイントなんです。ホコリが付きにくい、洗いやすいといった機能面からの素材選びも大事ですが、洗面空間は入浴前後や起床直後に使ったりと、無防備な状態で過ごすことが多い場所なので、手触りが良いものなど、感覚的な心地よさも重視してアイテムを選んでみてください。

J美感覚的な心地よさ...。私は青色が好きなのですが、洗面空間におくタオルを青色系で統一しています!

久野さんとても良いスタイリングですね。洗面空間で使うタオルというと、頂き物で済ませてしまったりしがちだと思うのですが、素材感の良いものにしたり、色を揃えたりするだけで、場の雰囲気が変わります。

洗面空間に限ったことではありませんが、気にかけてみてほしいのは「使っていない時にものがどうなっているのか」ということ。これは、無印良品のものづくりでも重視しているポイントです。

歯ブラシを立てることだけを考えて歯ブラシスタンドを選ぶのではなく、「置いているときはどうか」、「掃除をしたいときはどうか」ということまで考えてコーディネートしてみると、ものの数を減らしたり、無駄な動きを減らすことにもつながりますよ。

M子ものの選び方以外にも、今ある洗面空間をより心地よくするための技はありますか?

久野さん照明で演出するという手もありますよ。

以前、知人の家で洗面をお借りして、手を洗おうと洗面化粧台に手を差し出したら、『LEDセンサーライト』が点灯してやわらかな優しい明るさに包まれたんです。その演出に、とても心打たれて。

マンションの洗面空間は窓がない場合が多く、室内灯に頼りがちです。メイクや身支度をするときは蛍光灯の明かりでもいいのですが、ただ手を洗うだけの時には、蛍光灯の光はちょっと寒々しいですよね。デスクライトなどを取り入れて、洗面空間を使うシーンごとに明かりを変えてみるのも、お試しいただきたい方法です。

アロマやお香など、匂いの感覚に訴えかける演出もおすすめですね。

磁器歯ブラシスタンド、白磁トレー、タオル等

LEDセンサーライト

アロマ・お香

片付けやすい洗面空間づくりのコツ

J美さまざまな洗面空間の演出方法をお伺いしましたが、そもそも上手に片付けられていない場合は、どうしたらいいでしょう!?

久野さん洗面空間は細々したものが多いうえに、さまざまな種類のものが集まる場所ですよね。

まず、先ほどお話ししたように、よく使うものはすぐ手が届く位置を定位置にすることです。人の目線から手を下した時の指先までは「ゴールデンゾーン」と呼ばれていて、その範囲内がものを取ったり戻したりがしやすい範囲と言われています。普段よく使うものは「ゴールデンゾーン」に、それ以外の洗剤のストックなど普段使わないものは、手が届きにくいスペースに収納するのがいいと思います。

M子洗面まわりの整理収納におすすめの無印良品のアイテムはなんでしょうか?

久野さんM子さんにもお使いいただいている『ポリプロピレンメイクボックス』シリーズは人気ですね。小物をまとめたり、洗面化粧台の収納内部の仕切りに使うなどできます。洗面化粧台まわりの隙間を活用できる収納アイテムとして、『ポリプロピレン収納ラック』シリーズや『ポリプロピレンストッカー』シリーズも人気があります。

あとは、タオルの収納や洗濯物入れとして『ポリエステル綿麻混・ソフトボックス』シリーズをご活用いただいている方も多いですね。中身が見えず通気性もある『ラタン収納用品』シリーズも、洗面まわりの整理収納におすすめしたいアイテムです。

ポリプロピレン メイクボックス

ポリプロピレン収納ラック

ポリプロピレンストッカー

ポリエステル綿麻混・ソフトボックス

ラタン収納用品

商品画像 協力:株式会社 良品計画

SHARE

プロジェクト一覧へ戻る

”キレイ”のプロに聞く!インタビューと合わせて
洗面まわりのアイテムをご紹介