洗面美人~きれいな毎日は洗面から始める!

代用品で片づけ上手に!収納棚を作ってみました

こんにちは、J美です。
第6回は、整理収納アドバイザーの野村高子さんに教えていただく収納のコツやポイント。実際にショールームを利用して目の前で片づけ術を教えていただきました。 お話をお聞きしているうちに、『今すぐ自宅の洗面所を片づけたい!!!』と、週末を利用してチャレンジ。基本の4つのステップ、「出す」「分ける」「減らす」「しまう」をさっそく実践してみました。

使ったのはこれ!
突っ張り棒を2本使って、棚の代わりに。ハブラシのストックや旅行用の空容器などを上に置き、洗剤などのストックやドライヤーは下の方に定位置を決めて収納。
今までより、少し広く使えたので、出しっぱなしになっていた洗濯用洗剤を入れる場所もできて大満足です。
突っ張り棒は、雑巾をかけておいたり軽いものを乗せる程度なら、便利に使えそうです。
Beforeはひどすぎてお見せすることはできません(笑)が、無造作にモノを詰め込み、ごちゃごちゃしていた洗面化粧台下の収納が、自分でもびっくりするぐらい整理された収納に生まれ変わりました!

モノが定位置に収まるというのは、気持ちもよく、使いやすさにもつながると実感。 必要な時に必要なものが見つからずイライラ・・ということも減り、気持ちよく洗面所を使えるようになりました!
でも、今度洗面化粧台を買い替える機会には、 第6回の「洗面空間の片づけテクニックをパターンごとに解説」でご紹介した引き出し付きタイプにしたいなあ・・・と思いました。 片づけをするのはある程度のまとまった時間と労力が必要ですが、使いやすさに配慮した片づけ術を教えていただいたので、維持するのは簡単。
「洗面美人」に一歩近づいた気がします。
洗面化粧台 オクターブサクアはこちら。

※突っ張り棒のタイプによっては、洗面化粧台自体に負荷がかかり破損する可能性がありますので、使用にあたっては事前にご確認ください。
※写真の収納はひとつの例です。

プロジェクト一覧へ戻る

”キレイ”のプロに聞く!インタビューと合わせて
洗面まわりのアイテムをご紹介