洗面美人~きれいな毎日は洗面から始める!

SHARE

第3回 暮らしのキレイづくりのプロに聞く、”おもてなし”の洗面空間

気になるみんなのお掃除事情

スッキリ洗面空間で「おもてなし」

K子「生活者研究センター」では、生活者の方々のお住まいに実際にお伺いして調査をされているということで、ズバリ、「洗面空間のキレイ」について、生活者のみなさんがどうお思いなのかをお聞きしたいのですが。

伊藤さん調査データ、ご用意しています(笑)。若い世代ほど「空間がスッキリしていればキレイ」という認識をお持ちでした。家の中の物の色やテイストを揃えたり、インテリアにシンプルさを求めるなど、空間をスッキリと見せることへの意識が高めです。

長谷川さん一方、年齢が上の世代になると、広い家に住んでいるという事情も手伝い、「思い出が詰まった物はなかなか捨てられないし、見えている方が便利」という考え方が多数を占めるようですね。

伊藤さん若い世代のお住まいの洗面空間は、物が表に出ていなくて、みなさんとてもスッキリと使ってらっしゃいました。洗面化粧台にアロマキャンドルが置かれていたり、手を拭くタオルがカゴに入って置かれていたりすることもあります。

K子オシャレ! スキンケアアイテムや洗剤、タオルなど、洗面空間って、結構物が増えやすいはずですが・・・。

長谷川さんみなさん、「必要なものしか買わないようにしている」と仰いますが、若い世代ほど、収納できる物しか買わないという考え方をお持ちのようです。
あと、最近の洗面化粧台は鏡が大きくて空間をスッキリと見せてくれるし、収納量も昔に比べて格段にアップしているので、そのことも影響していると思いますね。
みなさん、シンプルで洗練された、ホテルのような洗面空間を理想とされているようです。

福地さん『くらしの研究』の読者のみなさんに「自宅にお客様を迎える時、必ず『掃除をする場所』は?」というアンケートを実施したところ、1位は「トイレ」で、すべての年代を通して高い実施率でした。2位は「リビング(床)」、3位は「内玄関」だったんですが、「リビング(床)」と回答した人には若い世代の方が多く、「内玄関」と回答した人には上の世代の方が多いという結果になりました。

長谷川さんちなみに、「洗面所(鏡)」や「洗面所(洗面台)」の掃除については、若い世代の方のほうが実施率が高かったんです。
小さなお子さんがいるご家庭ではママ友が遊びに来る機会も多く、「手を洗いたい」とリクエストされることも。そんな時、「トイレで~」とは言いにくいですよね。洗面空間で手を洗っていただくことになるわけです。
洗面空間もお客様が入る“家の顔”として、「常にキレイであるべき場所」という意識が高まっているようです。

お掃除トレンドは「ササッとこまめに」

K子するとみなさん、お掃除も念入りなのでしょうか?

長谷川さんむしろ逆で、「短時間でササっとこまめに」というお掃除スタイルを理想とされている方が多いようですね。若い世代は特にその傾向が強いです。小さなお子さんがいるご家庭では、思わぬ汚れも発生しやすい。仕事に育児に忙しい世代であることも理由でしょうね。

伊藤さん調査をしていると、洗剤を使わずにお掃除をする方が増えましたね。花王でも洗剤なしでもお掃除ができる『マジックリン ピカッと輝くシート』などを販売していますが、洗面化粧台の性能が進化して、汚れが付くにくくなっていたり、お掃除がしやすい形状になっていることも影響していると思います。

K子TOTOでも、汚れが付きにくくて落ちやすい独自技術「セフィオンテクト」を使用した洗面ボウルや、「ハイバックガード」という水垢がたまりにくくしたり、カウンターと一体成形しているので汚れがたまりやすいつなぎ目がなくするなど、お掃除がしやすい洗面化粧台づくりに努力しています。

伊藤さんそうやってキレイを維持しやすくなっている分、かえって汚れには敏感になってきたとも言えるかもしれません。

K子なるほど…。「キレイ」への意識が高まっている分、お掃除が「こまめに」になってくるんですね。

伊藤さん前述の「自宅にお客様を迎える時、必ず掃除をする場所」の調査で、「お客様を迎えた時に“しまった!”と思ったこと」をお伺いしたら、「蛇口を磨き忘れていた」とか、「スリッパが汚れていた」とか、私たちですら「そこ!?」と思うほど、みなさん細かいところまで“見られる”ことを意識しているんです。

長谷川さん洗面化粧台の蛇口の水垢や、鏡に飛んだ歯磨き粉や石けんカスの汚れなど、「気づくと汚れやすい箇所」のお掃除の悩みをお話しくださるモニターさんもいました。

K子さきほどお話に登場した『マジックリン ピカッと輝くシート』は、水をつけるだけでサッと蛇口や鏡が磨けます。この商品も、そうした生活者の方の声から生み出されたものなんですね。

伊藤さんお風呂用洗剤『バスマジックリン』シリーズも、水切れ成分配合で浴室のカビの発生を防ぐタイプや、アロマの香りと消臭効果があるタイプなど、さまざまなタイプを販売していますが、楽しく掃除ができるようにという想いからなんです。香り付きの洗剤は、香りで空間をリフレッシュできるだけでなく、「あ、掃除したんだね」って家族が気づいてくれる効果もあります。

K子たしかに!お掃除をしたことを気づいてもらえるとうれしいです。

伊藤さん「お掃除は大変」というイメージがありますが、汚れが落ちやすいと楽しいし、時間をかけずに終えることができ、さらに家族に感謝されたら、うれしいですよね。手軽に気分よくできたら、お掃除は楽しいものに変わると思うんです。

K子お掃除がしやすいうえにキレイが維持しやすいと、その空間で過ごす時間も好きになれそうですね。 ちなみに…、ラク〜にキレイが維持できる洗面空間のお掃除方法ってあるんでしょうか?

伊藤さんありますよ! のちほどじっくりご説明しますね。(※「洗面空間の楽チンお手入れ方法」は4ページ目で紹介!)

SHARE

プロジェクト一覧へ戻る