アルカリイオン水の上手な使い方

アルカリイオン水の使用目的、効果・効能

胃腸症状の改善

  • 胃もたれや胃の不快感をやわらげます。
  • 胃腸の働きを助け、お通じを良好にします。

お目覚め時の朝の1杯に

食前・食後に

ウォーキングに

寝る前の水分補給に

  • アルカリイオン水は、1日当たり500 ~ 1000mL程度を適量として飲用してください。
  • 「アルカリイオン水」・「弱酸性水」という用語は、JIST 2004(家庭用電解水生成器)で示される「アルカリ性電解水」・「酸性電解水」のことです。

水を選んでかしこく使い分け

TOTOのアルカリイオン生成器はpH(ペーハー)値の違う6種類の水が出せます。用途によって最適な水が使えます。

  • pH(ペーハー)値とは水素イオン指数と呼ばれるものです。水のアルカリ性と酸性を示しています。数字が大きくなるほど、アルカリ性が強くなります。

アルカリ強 pH10.0 食材のアク抜きにおすすめ。

あく抜き

すばやくしっかり「あく」が抜けます。

抽出能力が優れているので野菜のあくもよく抜けます。
ていねいなあく抜きが料理を美味しく仕上げます。

動画を再生する(ポップアップで開きます)

アルカリ3 pH9.5 お料理やお茶におすすめ。

お茶

お茶がよく出て風味豊かに。

アルカリイオン水でお茶をいれると優れた抽出能力により風味が良く出ます。緑茶ではビタミンCも多く溶け出します。

動画を再生する(ポップアップで開きます)

だしとり

旨味成分を重点的に引き出します。

透明感があるスッキリした「だし」がとれます。

つける

手早く作れて塩分も控えめです。

塩の浸透が早いので漬け物が手早く作れ、しかも塩分は控えめにできます。
塩を減らしたいという人にもおすすめです。

アルカリ2 pH9.0 炊飯やお寿司におすすめ。

炊く

つややかで粘りのある炊き上がり。

アルカリイオン水で炊くことにより、お米のデンプンの粒の構造が破壊されにくく、粘りのあるおいしいご飯になるためです。

アルカリ1 pH8.5 飲み始めにおすすめ。

飲み初めに

そのまま飲んでもおいしい。

アルカリイオン水を飲むときは最初は弱いレベルから始めて、慣れるに従ってレベルを上げていくのがポイントです。

浄水 pH8.5 薬を飲むときは浄水で

薬を飲むときは浄水で

赤ちゃんのミルクにもおすすめ。

薬の服用時は成分によっては影響がある場合があるので、浄水でお飲みください。

弱酸性 pH5.5 うどんの茹でや野菜洗浄におすすめ。

麺のゆで方のコツ

コシのある歯ごたえに仕上がります。

麺の種類によって使い分けるのがコツです。
うどんやそうめんなど塩を加えた麺は酸性水、そばやパスタなど塩を加えていない麺にはアルカリイオン水が好適です。

押すだけで選べます!