• TOTOのグリーン商品
  • 設定と試算条件
  • [水まわりのリモデルエコチェッカー]自宅の水まわり商品を買い換えたときのエコ効果をチェック。

設定と試算条件<2015年11月現在>

※消費税率8%で試算しています。

キッチン

設定

使用人数
4人家族
年間使用日数
365日
使用料金
水道=265円(税込)/m³
*(一社)日本バルブ工業会より
電気=27円(税込)/kWh
*(公社)全国家庭電気製品公正取引協議会より
ガス=181円(税込)/m³
*(一社)日本バルブ工業会より
CO2換算係数
水=0.59kg/m³
*省エネ・防犯住宅推進アプローチブックより
電気=0.447s/kWh
*(一社)日本電機工業会より
ガス=2.23kg/m³
*(一社)日本バルブ工業会より

ガス発熱量:
45MJ/m³
*(一社)日本バルブ工業会より

試算条件

食器洗い乾燥機R(フロントオープン・通いかご)
使用回数:食器洗い2回/日
水温を20℃として給湯60℃接続(本体の近くまで60℃のお湯が来ている)の場合。洗剤を8g使用して38点の食器と小物18点を洗浄した場合
*2015年11月現在 (一社)日本電機工業会基準
手洗い
使用回数:食器洗い2回/日
食器38点と小物18点を10Lのお湯(約40℃)でつけ置き洗いをした後、洗剤を約13.4ml使用して洗い、食器1点当たり13.5秒・小物1点当たり5.5秒、毎分6Lの流し湯ですすいだ場合
*2015年11月現在 (一社)日本電機工業会基準
タッチスイッチ水ほうき水栓(ハンドシャワー式・エアイン)
タイプ:節湯A1/A+節湯B+節湯C1+水ほうき水栓+エアイン
つま先らく押し水栓スイッチ(水栓単体での名称はフットスイッチユニット)
タイプ:節湯A1/A
シングルレバー混合栓(節湯B)+つま先らく押し水栓スイッチ
タイプ:節湯A1/A+節湯B
水ほうき水栓(ハンドシャワー式・エアイン)+つま先らく押し水栓スイッチ
タイプ:節湯A1/A+節湯B+節湯C1 +水ほうき水栓+エアイン
エコシングル水栓
タイプ:節湯C1+節湯B
タッチスイッチ水栓
タイプ:節湯A1/A+節湯B
シングルレバー混合栓
タイプ:節湯B
水ほうき水栓(ハンドシャワー式・エアイン)
タイプ:節湯A1/A+節湯B+節湯C1+水ほうき水栓+エアイン
GG水ほうき水栓(ハンドシャワー式・エアイン)
タイプ:節湯B+節湯C1+GG水ほうき水栓+エアイン
GG水ほうき水栓(ハンドシャワー式・エアイン)+つま先らく押し水栓スイッチ
タイプ:節湯A1/A+節湯B+節湯C1+GG水ほうき水栓+エアイン
<各タイプの試算条件>
(従来水栓の場合)年間水使用量=約35,806L 年間ガス使用量=約115.3m³
※「エネルギーの使用の合理化に関する建築主等及び特定建築物の所有者の判断の基準」における給湯量(東京、4人世帯、床面積120m²の住宅)から算出。
タイプ 仕様(削減率)
従来 整流吐水シングル混合水栓
1985〜1997年商品(TK231)
①節湯A1/A 手元一次止水機能あり(こまめな出し止めによる使用湯水量削減効果9%)※1
②節湯B 最適流量5L/分以下節水シングル(使用湯水量削減効果17%)※1
③節湯C1 水優先吐水機能あり(使用湯量削減効果30%)※1
①② 節湯AB(使用湯水量削減効果24%)※1
②③ エコシングル水栓(使用湯量削減効果41%)※1
①②③ つまラク+エコシングル(使用湯量削減効果47%)※1
④水ほうき水栓 斜め形状と幅広シャワー(作業性向上による使用湯水量削減効果15%)※2
④’GG水ほうき水栓 斜め形状と幅広シャワー(作業性向上による使用湯水量削減効果12%)※2
⑤エアイン 使用湯水量削減効果9%※3
②④⑤ エアイン水ほうき(使用湯水量削減効果35%)
GG水ほうき
②④’⑤
GG水ほうき(使用湯水量削減効果33%)
①②④’⑤ つまラク+GG水ほうき(使用湯量削減効果39%)
①②④⑤ タッチエアイン水ほうき(使用湯量削減効果41%)
②③④⑤ エアイン水ほうき(使用湯量削減効果54%)
GG水ほうき
②③④’⑤
GG水ほうき(使用湯量削減効果52%)
①②③④’⑤ つまラク+GGほうき(使用湯量削減効果57%)
①②③④⑤ タッチエアイン水ほうき(使用湯量削減効果59%)
ゼロフィルターフードeco
消費電力量=換気(中)部定格電力0.014kW×使用時間517.5h※4+照明部定格電力0.010kW×1灯×使用時間1090.25h ※5=約18kWh/年
 
シロッコファンフード
2000〜2007年商品(KFKR090B)
消費電力量=換気(中)部定格電力0.045kW×使用時間517.5h※4+照明部定格電力0.040kW×1灯×使用時間1090.25h ※5=約67kWh/年
※1 節湯A1、C1の仕様は住宅・建築物の省エネ基準にて定められた節湯水栓の構造に基づく。節湯A、Bの仕様は(一社)日本バルブ工業会節湯水栓の定義と節湯種類および節湯効果に基づく。
※2 社内モニターによる参考値(水ほうき水栓と従来型シングルレバー混合栓との食器・調理器具洗いの使用水量比較をしたものであり使い方によって効果は異なる場合があります)。
※3 社内モニターによる参考値
※4 平成25年省エネルギー基準に準拠した算定・判断の方法及び解説Ⅱ 住宅の居住人数4人におけるレンジフードの使用時間(待機時間を除く)
※5 平成25年省エネルギー基準に準拠した算定・判断の方法及び解説Ⅱ 住宅の居住人数4人における台所照明設備の使用時間率
*「エコシングル」はTOTO鰍フ商標登録です。
*算出数値は、上記設定および試算条件に基づくものであり、記載通りのCO2排出削減量・削減金額を保証するものではありません。
TOPへもどる

バスルーム

設定

使用人数
4人家族
年間使用日数
365日
使用料金
水道=265円(税込)/m³
*(一社)日本バルブ工業会より
電気=27円(税込)/kWh
(公社)全国家庭電気製品公正取引協議会より
ガス=181円(税込)/m³
*(一社)日本バルブ工業会より
CO2換算係数
水=0.59kg/m³
*省エネ・防犯住宅推進アプローチブックより
電気=0.447s/kWh
*(一社)日本電機工業会より
ガス=2.23kg/m³
*(一社)日本バルブ工業会より
ガス発熱量:
45MJ/m³
*(一社)日本バルブ工業会より

試算条件

魔法びん浴槽※シンラ・サザナの場合
昇温条件=1.88℃昇温(中間期想定) ※1
水使用量=浴槽深さの70% ※1
ガス使用量 ※2=水使用量×ガス消費量換算係数(1.162E-04m³/kcal)×1.88℃昇温
魔法びん浴槽※マンションリモデルバスルームの場合
昇温条件=1.56℃昇温(中間期想定) ※1
水使用量=浴槽深さの70% ※1
ガス使用量 ※2=水使用量×ガス消費量換算係数(1.162E-04m³/kcal)×1.56℃昇温
魔法びん浴槽なし(在来浴槽など)
昇温条件=3.75℃昇温(中間期想定) ※1
水使用量=浴槽深さの70% ※1
ガス使用量 ※2=水使用量×ガス消費量換算係数(1.162E-04m³/kcal)×3.75℃昇温
デッキ付き浴槽(ラウンド)※シンラの場合
昇温条件=27℃昇温(15→42℃)
水使用量=170L(浴槽深さの70% ※1)
ガス使用量 ※2=水使用量×ガス消費量換算係数(1.162E-04m³/kcal)×27℃昇温
ラウンド浴槽※サザナ・マンション
昇温条件=27℃昇温(15→42℃)
水使用量=158L(浴槽深さの70% ※1)
ガス使用量 ※2=水使用量×ガス消費量換算係数(1.162E-04m³/kcal)×27℃昇温
従来浴槽
昇温条件=27℃昇温(15→42℃)
水使用量=240L(浴槽深さの70%)※7
ガス使用量 ※2=水使用量×ガス消費量換算係数(1.162E-04m³/kcal)×27℃昇温
サーモスタットシャワー金具(エアインシャワー)
タイプ:節湯B1/B+エアインシャワー

(タッチ水栓とセットした場合orエアインクリックシャワーの場合)
タイプ:節湯A1/A+節湯B1/B+エアインシャワー
サーモスタットシャワー金具(クリックシャワー)
タイプ:節湯A1/A+節湯B1/B
サーモスタットシャワー金具(スプレー(節水)シャワー)
タイプ:節湯B1/B
メタルタッチ水栓・タッチ水栓
タイプ:節湯A1/A+節湯B1/B
<各タイプの試算条件>
(従来水栓の場合)年間水使用量=約58,690L/年 
年間ガス使用量=約173.7m³/年
※「エネルギーの使用の合理化に関する建築主等及び特定建築物の所有者の判断の基準」における給湯量(東京、4人世帯、床面積120m²の住宅)から算出。
タイプ 仕様(削減率)
従来 サーモスタットシャワー金具+最適流量10L/分シャワー※4
1994〜1997年商品(TM245CS)
①節湯A1/A 手元一次止水機能あり(こまめな出し止めによる使用湯水量削減効果20%)※3
②節湯B1/B 最適流量8.5L/分以下節水シャワー(使用湯水量削減効果15%)※3、4
①② ①と②の組合せ(使用湯水量削減効果32%)※3
③エアインシャワー 最適流量6.5L/分(使用湯水量削減効果35%)※4
①B ①と③の組合せ(48%)
ノコリ〜ユECO
残り湯の使用水量=50L/回×1回/日・4人、風呂水ポンプの電力量=45W×6分/回 ※5
照明(LEDランプ・ダウンライト)※シンラの場合
消費電力量=定格電力0.0032kW×1灯×使用時間680.75h ※6=2.18kWh/年 
照明(LEDランプ・ダウンライト)※サザナ・マンションリモデルバスルームの場合
消費電力量=定格電力0.0071kW×1灯×使用時間680.75h ※6=4.83kWh/年 
照明(LEDランプ・シーリング照明)
消費電力量=定格電力0.0077kW×1灯×使用時間680.75h ※6=5.24kWh/年 ※5
照明(蛍光ランプ)
消費電力量=定格電力0.012kW×1灯×使用時間680.75h ※6=8.17kWh/年 ※5
照明(白熱灯)
消費電力量=定格電力0.054kW×1灯×使用時間680.75h ※6=36.76kWh/年 ※5

※1 「JIS A1718」より
※2 省エネ防犯住宅推進アプローチブック
※3 節湯A1、B1の仕様は住宅・建築物の省エネ基準にて定められた節湯水栓の構造または性能に基づく。節湯A、Bの仕様は(一社)日本バルブ工業会節湯水栓の定義と節湯種類および節湯効果に基づく。
※4 最適流量:(一社)日本バルブ工業会の定める方法により社内モニターにて測定した「一番使いやすいと感じる流量」であり、流量の上限を意味するものではありません。
※5 自社基準
※6 平成25年省エネルギー基準に準拠した算定・判断の方法及び解説Ⅱ 住宅の居住人数4人における浴室照明設備の使用時間率
※7 「JIS A1719」より


*当社魔法びん浴槽はJIS高断熱浴槽の基準を満たしています。( ブローバスSXU付き、水中照明付きを除く)
<高断熱浴槽の基準>
浴槽周囲温度10℃、浴槽湯量は深さの70%、断熱ふろふたを閉じたままの状態で4時間後の温度低下が2.5℃以下。

*「魔法びん浴槽」「エアイン」はTOTO(株)の登録商標です。
*算出数値は、上記設定および試算条件に基づくものであり、記載通りのCO2排出削減量・削減金額を保証するものではありません。
TOPへもどる

洗面所

設定

使用人数
4人家族
年間使用日数
365日
使用料金
水道=265円(税込)/m³
*(一社)日本バルブ工業会より
電気=27円(税込)/kWh
*(公社)全国家庭電気製品公正取引協議会より
ガス=181円(税込)/m³
*(一社)日本バルブ工業会より
CO2換算係数
水=0.59kg/m³
*省エネ・防犯住宅推進アプローチブックより
電気=0.447s/kWh
*(一社)日本電機工業会より
ガス=2.23kg/m³
*(一社)日本バルブ工業会より
ガス発熱量:
45MJ/m³
*(一社)日本バルブ工業会より

試算条件

エコシングル水栓
タイプ:節湯C1
エコミラー
消費電力量=0kWh/年
従来ミラー(くもり止めヒーター付)
1990〜1998年商品(TOTOクリアU)を想定
消費電力量=定格電力0.03KW×使用時間1023.25h ※2=30.7kWh/年 ※2
LED照明
消費電力量=定格電力0.014KW×使用時間1023.25h ※2=14.33kWh/年 ※2
蛍光灯
1989〜1998年商品(TOTOクリアU)を想定
消費電力量=定格電力0.024KW×使用時間1023.25h ※2=24.56kWh/年 ※2
白熱灯
1990〜1998年商品(TOTOクリアU)を想定
消費電力量=定格電力0.06KW×2個×使用時間1023.25h ※2=122.79kWh/年 ※2
<試算条件>
(従来水栓の場合)年間水使用量=約9,454L/年 年間ガス使用量=約30.5m³/年
※「エネルギーの使用の合理化に関する建築主等及び特定建築物の所有者の判断の基準」における給湯量(東京、4人世帯、床面積120m²の住宅)から算出。
タイプ 仕様(削減率)
従来 整流吐水型シングル混合水栓
1989〜1997年商品(TL181A)
①節湯C1 水優先吐水機能あり(使用湯量削減効果30%)※1
②エアインシャワー 20% ※3
①② ①と②の組合せ(44%)
※1 節湯C1の仕様は住宅・建築物の省エネ基準にて定められた節湯水栓の構造に基づく。
※2 平成25年省エネルギー基準に準拠した算定:判断の方法及び解説Ⅱ 住宅の居住人数4人における1F 洗面照明設備の使用時間率
※3 当社比。手洗い時に使用する水量を比較したものであり、使い方によって効果が異なる場合があります。
*「エコシングル」はTOTO鰍フ商標登録です。
*算出数値は、上記設定および試算条件に基づくものであり、記載通りのCO2排出削減量・削減金額を保証するものではありません。
TOPへもどる

トイレ(便器)

設定

使用人数
4人家族(男2人・女2人)
使用回数
大1回+小3回/人・日
便器使用回数=(大1回+小3回)/人・日*1
ウォシュレット使用回数16回/日(大4+小(女性8+男性4))*2
*1 「省エネ・防犯住宅推進アプローチブック」より
*2 省エネ法(2012年度基準)より
年間使用日数
365日
使用料金
水道=265円(税込)/m³
*(一社)日本バルブ工業会より
電気=27円/kWh
(公社)全国家庭電気製品公正取引協議会より
CO2換算係数
水=0.59kg/m³
*省エネ・防犯住宅推進アプローチブックより
電気=0.447s/kWh
*(一社)日本電機工業会より

試算条件

最新節水便器
それぞれの洗浄水量(大小洗浄を使い分けた場合)にて試算
従来便器
1987〜2001年商品(C720R)
洗浄水量=13L/回(大小とも)の便器
ウォシュレット
消費電力は省エネ法(2012年度基準)に基づいて算出。
従来ウォシュレット
1997〜2009年商品(TCF771)
消費電力=256kWh/年
*省エネ法(2012年度基準)に基づいて算出

*「ウォシュレット」はTOTO(株)の登録商標です。
*算出数値は、上記設定および試算条件に基づくものであり、記載通りのCO2排出削減量・削減金額を保証するものではありません。
TOPへもどる

トイレ(便座)

設定

使用人数
4人家族(男2人・女2人)
使用回数
大1回+小3回/人・日
便器使用回数=(大1回+小3回)/人・日*1
ウォシュレット使用回数16回/日(大4+小(女性8+男性4))*2
*1 「省エネ・防犯住宅推進アプローチブック」より
*2 省エネ法(2012年度基準)より
年間使用日数
365日
使用料金
電気=27円/kWh(税込)
(公社)全国家庭電気製品公正取引協議会より
CO2換算係数
電気=0.447s/kWh
*(一社)日本電機工業会より

試算条件

ウォシュレット
消費電力は省エネ法(2012年度基準)に基づいて算出。
従来ウォシュレット
1997〜2009年商品(TCF771)
消費電力=256kWh/年
*省エネ法(2012年度基準)に基づいて算出

*「ウォシュレット」はTOTO(株)の登録商標です。
*算出数値は、上記設定および試算条件に基づくものであり、記載通りのCO2排出削減量・削減金額を保証するものではありません。
TOPへもどる

水栓

設定

使用人数
4人家族
年間使用日数
365日
使用料金
水道=265円(税込)/m³
*(一社)日本バルブ工業会より
ガス=181円(税込)/m³
*(一社)日本バルブ工業会より
CO2換算係数
水=0.59kg/m³
*省エネ・防犯住宅推進アプローチ
ブックより
ガス=2.23kg/m³
*(一社)日本バルブ工業会より
ガス発熱量:
45MJ/m³
*(一社)日本バルブ工業会より

試算条件

キッチン
エコシングル水栓
タイプ:節湯C1+節湯B
タッチスイッチ水栓
タイプ:節湯A1/A+節湯B
シングルレバー混合栓
タイプ:節湯B
フットスイッチユニット
タイプ:節湯A1/A
シングルレバー混合栓(節湯B)+フットスイッチユニット
タイプ:節湯A1/A+節湯B
<各タイプの試算条件>
(従来水栓の場合)年間水使用量=約35,806L 年間ガス使用量=約115.3m³
※「エネルギーの使用の合理化に関する建築主等及び特定建築物の所有者の判断の基準」における給湯量(東京、4人世帯、床面積120m²の住宅)から算出。
タイプ 仕様(削減率)
従来 整流吐水シングル混合水栓
1985〜1997年商品(TK231)
①節湯A1/A 手元一次止水機能あり(こまめな出し止めによる使用湯水量削減効果9%)※1
②節湯B 最適流量5L/分以下節水シングル(使用湯水量削減効果17%)※1
③節湯C1 水優先吐水機能あり(使用湯量削減効果30%)※1
①② ①と②の組合せ(使用湯水量削減効果24%)※1
②③ ②と③の組合せ(使用湯量削減効果41%)※1
※1 節湯A1、C1の仕様は住宅・建築物の省エネ基準にて定められた節湯水栓の構造に基づく。節湯A、Bの仕様は(一社)日本バルブ工業会節湯水栓の定義と節湯種類および節湯効果に基づく。
*「エコシングル」は、TOTO鰍フ登録商標です。
*算出数値は、上記設定および試算条件に基づくものであり、記載通りのCO2排出削減量・削減金額を保証するものではありません。
バスルーム
サーモスタットシャワー金具(エアインシャワー)
タイプ:節湯B1/B+エアインシャワー

(タッチ水栓とセットした場合orエアインクリックシャワーの場合)
タイプ:節湯A1/A+節湯B1/B+エアインシャワー
サーモスタットシャワー金具(クリックシャワー)
タイプ:節湯A1/A+節湯B1/B
サーモスタットシャワー金具(スプレー(節水)シャワー)
タイプ:節湯B1/B
タッチスイッチ水栓
タイプ:節湯A1/A+節湯B1/B
<各タイプの試算条件>
(従来水栓の場合)年間水使用量=約58,690L/年 
年間ガス使用量=約173.7m³/年
※「エネルギーの使用の合理化に関する建築主等及び特定建築物の所有者の判断の基準」における給湯量(東京、4人世帯、床面積120m²の住宅)から算出。
タイプ 仕様(削減率)
従来 サーモスタットシャワー金具+最適流量10L/分シャワー※1
1994〜1997年商品(TM245CS)
①節湯A1/A 手元一次止水機能あり(こまめな出し止めによる使用湯水量削減効果20%)※2
②節湯B1/B 最適流量8.5L/分以下節水シャワー(使用湯水量削減効果15%)※1、2
①② ①と②の組合せ(使用湯水量削減効果32%)※2
③エアインシャワー 最適流量6.5L/分(使用湯水量削減効果35%)※1
①B ①と③の組合せ(48%)
※1 最適流量:(一社)日本バルブ工業会の定める方法により社内モニターにて測定した「一番使いやすいと感じる流量」であり、流量の上限を意味するものではありません。
※2節湯A1、B1の仕様は住宅・建築物の省エネ基準にて定められた節湯水栓の構造または性能に基づく。節湯A、Bの仕様は(一社)日本バルブ工業会節湯水栓の定義と節湯種類および節湯効果に基づく。
*「エアイン」は、TOTO鰍フ登録商標です。
*算出数値は、上記設定および試算条件に基づくものであり、記載通りのCO2排出削減量・削減金額を保証するものではありません。
洗面所
エコシングル水栓
タイプ:節湯C1
<試算条件>
(従来水栓の場合)年間水使用量=約9,454L/年 年間ガス使用量=約30.5m³/年
※「エネルギーの使用の合理化に関する建築主等及び特定建築物の所有者の判断の基準」における給湯量(東京、4人世帯、床面積120m²の住宅)から算出。
タイプ 仕様(削減率)
従来 整流吐水型シングル混合水栓
1989〜1997年商品(TL181A)
節湯C1 水優先吐水機能あり(使用湯量削減効果30%)※1
※1 節湯C1の仕様は住宅・建築物の省エネ基準にて定められた節湯水栓の構造に基づく。
*「エコシングル」はTOTO鰍フ登録商標です。
*算出数値は、上記設定および試算条件に基づくものであり、記載通りのCO2排出削減量・削減金額を保証するものではありません。
TOPへもどる