マンションリモデルバスルームの特長1:サンジュウマル お掃除ラクラクほっカラリ床

  • 左のイメージをクリックすると、動画でよりわかりやすくご覧いただけます。
動画を再生する(ポップアップで開きます)

お掃除ラクラクほっカラリ床の特長

ご購入者の満足度は93% ※2014年4月から2015年3月までの「サザナ(ほっカラリ床標準装備)」「マンションリモデルバスルーム ひろがるWFほっカラリ床シリーズ」ご購入お客様アンケートによる。(当社調べ)

床の内側にやわらかクッションをぎゅっ! 一度使うと忘れられない踏み心地。

床の表面(FRP):すべりにくく、乾きやすい新カラリパターン。 内側のクッションでやわらか! 断熱クッション層[内断熱](発泡ウレタン):畳のようなやわらかさを作りだし、断熱性保持、衝撃吸収、防音効果があります。 断熱床パン[外断熱](高強度断熱材・発泡ポリプロピレン):断熱性、防音効果をさらに高めます。 ベースフレーム:強度保持の役割を果たします。 ※図はイメージです。実際の色とは異なります。

NEW お掃除ラクラクの「うれC」機能新登場!

2つの層で冷気をシャットアウトする、W断熱構造! 冬場の一歩目が「ヒヤッ」から「ほっ」に変わります。

お掃除ラクラクほっカラリ床

「W断熱構造」が床裏からの冷気をシャットアウト。優れた断熱性能で室温とほぼ同じ温度を実現。

従来(断熱材なし)の床

床裏からの冷気で足もとがひんやり。

足裏温度測定結果

従来の床と違い、W断熱クッション層があるので、冬場の一歩目もヒヤッとしません。
写真はお掃除ラクラクほっカラリ床と、従来の床に乗ったサーモグラフィでの温度測定です。
「お掃除ラクラクほっカラリ床」では、26℃を示す赤い部分が多いことがわかります。

  • 試算条件:
    成人男性が15秒間床に乗ったサーモグラフィでの温度測定結果。
    「左」がお掃除ラクラクほっカラリ床で、「右」が従来の床。
    床下温度:0℃/室内温度:10℃で測定。

「お掃除ラクラクほっカラリ床」が支持されている4つの理由

畳のようなやわらかさだから、体を洗ったりお掃除するときにもひざが痛くなりません。

足裏に心地よいソフトな感触で、冬場の入浴、一歩目でもヒヤッとしません。

物を置いたときや落としたときの
衝撃を吸収します。深夜でも気兼ねなく入浴でき、マンションに最適です。

床が濡れた状態でもすべりにくく、
小さな子どもやお年寄りの入浴も
安心です。

わたしのほっカラリ床体験 ご採用者様のお客様はがきより、93%※の方が「満足」という結果に実際にご愛用されているお客様にお話をうかがいました。

以前は床が冷たくて硬いので、孫の入浴にはタオルが必須でした。(Y様)

タイルの床と違って、やわらかくてヒヤッとしないのが「ほっカラリ床」の一番の魅力。我が家に遊びに来た1歳7ヵ月の孫をお風呂に入れるときも、直接床に座らせて平気なんですよ。

すべりにくいから
高齢者の強い味方(N様)

以前はホームヘルパーさんに入浴介助をしてもらっていたのですが、今は一人でおふろに入っています。すべりにくい「ほっカラリ床」は、私たち高齢者の心強い味方ですね。

  • 2012年8月から12月までの「サザナ(ほっカラリ床標準装備)」「マンションリモデルバスルーム ひろがるWFほっカラリ床シリーズ」ご購入お客様アンケートによる。(当社調べ)
  • 内容については個人の感想であり、すべての人に効果を保証するものではありません。

マンションリモデルバスルームの特長