節水で、節電。節水で社会の節電につなげよう。

電力不足により、節電が求められています。

東日本大震災をきっかけに、全国で電力不足が心配されるようになりました。

日頃から、「節電」「省エネ」の意識を強くもち、
毎日の暮らしの中でできることを実践していくことが大切です。
家庭の電力消費を抑えるための努力が必要であるのはもちろん
社会全体の電力消費を減らすために一人ひとりが貢献できることについても
考えていきたいものです。

社会のために、何かできることはないでしょうか?

節電のおねがい 経済産業省

節水が社会の節電につながります。

毎日なにげなく使っている水ですが、
浄水場や下水処理場で水を処理するとき、
家庭や学校に水を供給するとき、
ビルやマンションでポンプを使って水を汲み上げるときなどに、
たくさんのエネルギー(電力)が使われています。

つまり、私たちが水を使えば使うほど電力が必要となり、
水を節約することが、
これらの電力を減らすこと(節電)に
つながります。

そのことを意識して、
毎日みんなが必ず使う「水まわり」だからこそ、
水の大切さについてあらためて考え、
いま、私たちにできることを実践してみましょう。

「節水すると、どれくらい節電に貢献できるの?」

水を1L節水した場合、
それにかかっていた電力使用が抑えられるので、
約0.98Wh※節電に貢献できることになります。

★節水は社会全体の節電に貢献できる(停電の危険性を緩和できるなど)ものであり、
家庭の電力消費量や光熱費に直接影響するものではありません。

※平成20年度水道統計(社団法人日本水道協会)および下水道統計(社団法人日本下水道協会)に基づく当社試算値
上下水道にかかる電力のみで試算

TOPへもどる

家庭でできる節水アクション

貴重な水資源を大切に使うために、そして、節水をとおして節電に貢献するために、
今日からできる家庭での節水アクションを紹介します。

★節水は社会全体の節電に貢献できる(停電の危険性を緩和できるなど)ものであり、
家庭の電力消費量や光熱費に直接影響するものではありません。

トイレ

大小洗浄の切り替えをきちんと使い分けると1回あたり最大2L 1ヵ月で約720L節水(4人家族の場合)

他にもこんなこと・・・

・2度流しをしない    ・掃除の時に水や洗剤を使いすぎない

洗面所

歯磨きのときコップで口をすすぐと1回あたり約5.4L 1ヵ月で1,296L節水(4人家族の場合)

他にもこんなこと・・・

  • 水を出しすぎないように、吐水量を少なくして使う(ハンドルを1/4回転で約3L/分節水)※4
  • 水を出しっぱなしにせず、こまめに止める(約12L/分節水)※4
  • 捨て水を有効活用する
  • 洗顔のときは桶などに水をためて洗う
  • 節水コマを使う(約6L/分節水)※4
  • 掃除の時に湯水や洗剤を使いすぎない

キッチン

食器をため洗いすると1日で約90L 1ヵ月で約5,400L節水(4人家族の場合)

他にもこんなこと・・・

  • 水を出しすぎないように、吐水量を少なくして使う(ハンドルを半回転で3L/分節水)※4
  • 捨て水を有効活用する
  • 食器は洗う前に汚れを拭き取ってから洗う
  • 水を出しっぱなしにせず、こまめに止める(約4.4L/回節水)※7
  • 節水コマを取り付ける(約6L/分節水)※4
  • 掃除の時に湯水や洗剤を使いすぎない

おふろ

シャワーをこまめに止めて使うと1回あたり約8L 1ヵ月で約960L節水(4人家族の場合)

他にもこんなこと・・・

  • 半身浴を励行し、お湯はりの量を少なくする(約20〜30%節水)※5
  • お湯が出るまでの捨て水を有効活用する
  • 水を出しすぎないように、吐水量を少なくして使う
  • 浴槽にためた湯水で、体や髪を洗う
  • お風呂をあふれさせない
  • 掃除の時に湯水や洗剤を使いすぎない(お風呂の残り湯を活用する)

洗濯

お風呂の残り湯を洗濯などに再利用すると1回あたり約90L 1ヵ月で約2,700L節水(4人家族の場合)

代表的なアクションを7コ実践すると・・・

1ヵ月で約14,316L節水(4人家族の場合)
毎日続けると 1年で約174,178L節水
あなたの節水がこんな社会貢献につながります! 街灯1.8灯を毎日灯すことができます。

★1世帯あたりの年間電力消費量が約3,400kWh/年(電気事業連合会2009年値)なので、
その約5%相当の節電に貢献できることに。
そのほかのアクションも合わせて実践できれば、効果はさらに大きくなります。

※1 水→電気の換算係数:0.98kWh/m³とした場合。平成20年度水道統計(社団法人日本水道協会)および下水道統計(社団法人日本下水道協会)に基づく当社試算値。上下水道にかかる電力使用量のみで試算。※2 視聴時消費電力量:0.029kWh/時間とした場合。経済産業省資源エネルギーセンター庁「省エネ性能カタログ2010冬版」液晶ワイド20型の年間消費電力量(平均値)より当社試算。(待機消費電力は除く) ※3 日本衛生設備機器工業会ホームページ参照 ※4 東京都水道局「節水の習慣」参照 ※5 TOTO試算値 ※6 国土交通省「節水小事典」、(社)日本電機工業会基準参照 ※7 (社)日本バルブ工業会「節湯水栓の定義」参照 ※8 TOTO試算値(以下の節水アクションをすべて実践した場合)トイレの大小切り替えを使い分ける/歯磨きの時にコップを使う/洗面の水を出しすぎない/食器をため洗いする/シャワーの水をこまめに止める/おふろのお湯はりの量を少なくする/お風呂の残り湯を洗濯などに再利用する ※9 防犯灯(蛍光ランプ20W)の場合。1灯あたりの消費電力23.5W、年間点灯時間4,000時間として試算。東芝ライテック(株)ホームページ参照
<2012年12月現在>

TOPへもどる

社会のために、できることから実践しよう。

水まわりは毎日使う場所。
だから、日々の生活の中のちょっとした意識が、節水、
そして節電につながります。
一人ひとりの継続と積み重ねが、大きな効果となり、
そして、大きな力になります。

いま、私たちにできること。

社会のために、節水意識を強く持って、
できることから実践してみましょう。

あなたの節水が社会貢献につながります。

印刷用のPDFはこちらから     水回りのおすすめ節水商品はこちらから

TOPへもどる