TOTO×マガジンハウス 環境と建築


Vol.5 コンテナ建築の吉村靖孝さん 小さく住んで、大きく集う。

Text:Norio Takagi Photo:Kanako Nakamura

コンテナ・コテージが並ぶリゾートホテル。

海側には7つのフラットタイプが、
その後ろには24のメゾネットタイプの白いコテージが、
東京湾を見渡すように居並ぶ様子は、ヨーロッパのリゾートのよう。
2009年12月に開業した「ベイサイドマリーナホテル横浜」は、
建築家・吉村靖孝さんの代表作のひとつです。

「ずっと住宅を車ぐらいの値段にしたいと思っていました。
そのためには何かブレイクスルーする方法論を創造しなければいけません。
そこでコストの安いタイで製作し、建築を丸ごと輸入しようと考えたんです。
さらに輸送コストを下げるため既存のシステムを利用できるよう
サイズをコンテナに合わせました」

各コテージは、コンテナと同じ40フィートのフレーム構造。
内外装や水まわりを含め、すべてタイの工場で製作して船便で輸送されたのだとか。
基礎を打ち、所定の場所にボルトを埋め込んで、
上下水道の管や電気配線を準備した現場まではトレーナーで運送。
リフトで吊り上げて基礎の上に置き、ボルトを締めて配管・配線をつなげば、
たちどころにコテージが完成する仕組みになっています。

「ローコストであることを追求した結果、移動ができ再利用が可能だったり、
ロスが大きい建築現場での作業を最小限にできました」

イメージ

ベイサイドマリーナホテル横浜外観。2層のメゾネットの前にはフラットタイプが居並ぶ。 ©Yasutaka Yoshimura

イメージ

ベイサイドマリーナホテル横浜メゾネットタイプの内観。大きな窓からは海を見渡す。
©Yasutaka Yoshimura

被災地の仮設住宅に活躍するコンテナ住宅。

そうした吉村さんの「コンテナ建築」は、
2011年、東日本大震災の被災地でも活躍しています。
それが「エクスコンテナ・プロジェクト」です。

「仮設住宅は2年間という期限が設けられていて、以降は廃棄されてしまう。
しかし移設可能なコンテナ建築であれば、
復興後に移設してそのまま使ってもらうことができます」

エクスコンテナは、2つのユニットで構成されています。
ひとつはバスルームやトイレ、キッチンなど水まわりを納めたユニット、
もうひとつは住空間のユニット。
水まわりはすべて一方の壁側に寄せ、
キッチンは一段床を高くして、配管スペースを設けています。
キッチンとバスルームの間は、洗濯パン。
上下水道の配管をこの洗濯パンの下で外の管と連結して、
最後に洗濯パンで蓋をする仕掛けに。

「2つを並列にしたフラットタイプ、積み重ねたメゾネット、
どちらも同じユニットで対応できるよう設計しました。
例えば、並列にした際、天窓になる天井の開口部は、
メゾネットにする時は、階段室になります」

より早く対応できるよう、タイではなく国内で製造。
「水まわりの機器の性能は、圧倒的に国産が優れていますから」

L字型の鉄骨を用いてコンテナサイズのフレームを構築。
断熱材をはさみこんだ合板パネルで壁を構築したエクスコンテナは、
常設と変わらぬ熱環境性能や耐久性を備えています。
しかも378万円とローコスト。

「車の値段に近くなってきました。
室内の壁は合板むき出して簡易な造作ですが、
使い手ががペンキを塗ったり、クロスを貼ったり、自由に仕上げをしてもらえばいい」

現在は、石巻の復興支援協議会などで実際に使用され、
日常の回復に向けた、生活環境を提供しています。

イメージ

エクスコンテナ・プロジェクト。2つのコンテナユニットを組み合わせた外観
©Yasutaka Yoshimura

イメージ

広々とした内部。2階を想定した階段用開口部が天井採光となる。左側の一段高い部分がキッチンスペース。
©Yasutaka Yoshimura

第5回はコンテナ建築で、
新しい暮らしを提案する吉村靖孝さん。
災害時用としてインフラフリーの
完全自活住宅を作ってみたりと、
ミニマルな住まいを探求中。
コンテナの家で小さく暮らし、
大邸宅で大家族が集う。
住まいの概念を覆す暮らし方を提案。

吉村靖孝(よしむら やすたか)

1972年、愛知県生まれ。1997年、早稲田大学大学院理工学研究科修了。1999年-2001年、文化庁派遣芸術家在外研修員としてMVRDV在籍。2005年、吉村靖孝建築設計事務所設立。第22回吉岡賞 (ドリフト)をはじめ、JCDデザインアワード2011 大賞 (レッドライト・ヨコハマ)、日本建築学会作品選奨2011 (Nowehre but Sajima)など数々を受賞。コンテナ規格を流用して被災地に家を届けるプロジェクト「エクスコンテナ・プロジェクト」を展開中。

吉村靖孝さんの作品はこちらから


NEXT : インフラを組み込むと、都市計画も変わる。