エコ情報局 -みんなの声-

みんなのお風呂事情Part1 冬場のお湯はりをする頻度を聞いてみました!

出典:環境意識に関するアンケート-暮らしの中の節水に関する質問-
株式会社マーシュ調べ n=300(男女年代均等層化抽出)


コラム

水の使用量を抑える=節水。
とは言っても寒い冬の日はお風呂で暖まりたい!という方もたくさんいらっしゃると思います。
「水から自ら、未来を変えるアクションを起こそう。」をテーマに公開した特別コンテンツ「ミズカラ!WATER ACTION」の中でもお湯はりの量を少なくすることでできる節水量について、ご紹介しています。

では、みなさんがお湯はりをする頻度は、毎日?週に1回程度?
いったいどれくらいなのでしょうか。
300人の方を対象にアンケートを実施しました。

冬場、ご自宅で、お湯はりをする頻度を教えてください。

出典:環境意識に関するアンケート-暮らしの中の節水に関する質問-
株式会社マーシュ調べ n=300(男女年代均等層化抽出)

ほぼ毎日(毎日、週に5~6回)という方が約半数。個人的には少ない印象ですが、みなさんはどう感じられるでしょうか。2日に1回(週に3~4回)の方が約17%。週に1~2回、月に2~3回など、お湯はり頻度が低い方が全体の3分の1程度という結果になりました。

ちなみに『お風呂に入るために水をためた』場合の水道料は、1回あたり約43円です。
参考記事:節水ってどうやるの?意外と知らない家庭で使う水≪使用量編≫  もちろん「節水のために」というよりは、お風呂はシャワーで十分という方や時間がなくシャワーで済ませている、など事情はさまざまありそうです。
みなさんのお湯はり頻度と比べてみて、どうだったでしょうか?

美容?ダイエット?女性のお湯はり頻度は男性に比べて高い結果に。

男性

女性

男性の場合、毎日お湯はりをするという方が約31%、ついで2日に1回という方が約21%という結果に。対して女性は、毎日お湯はりをするという方が約50%とぐっと増えます。
「ほぼ毎日(週に5~6回)」「2日に1回程度(週に3~4回)」を合わせると全体の約70%近い方がお湯はりをしているという結果になりました。
美容やダイエットのために半身浴が良い、湯船につかると健康に良い、とされていることを考えると、全体の約半数以上の女性がほぼ毎日(毎日、週に5~6回)お湯はりをしているというのは、美容に関心の高い結果といえるのかもしれませんね。

湯船につかることで様々な効果が。

それでは、男女年代別に比較してみましょう。

お湯はりを「毎日」「週に5~6回」「週に3~4回」と答えた男女年代別比較

男女ともにお湯はりの頻度は30代が低め、男性は40代も低いという結果になりました。
仕事や育児など忙しい年代ともいえる30~40代。湯船につかる時間がなくシャワーで済ませている、という方も多いのかもしれません。

身体を温めることで血行を良くする「温熱効果」はもちろんですが、「静水圧作用」によるマッサージ効果、心身のリラックス効果など、湯船につかるのは一般的にも健康に良いとされています。
自分のために使う時間が限られている年代だからこそ、1日の終わりに湯船につかってリラックス&リフレッシュしてみてはいかがでしょう。

参考リンク:
TOTOのシステムバスルームは、抜群の保温力でお湯はり後も一定の温かさをキープしてくれる「魔法びん浴槽」や、お風呂のお掃除をラクにしてくれるクリーン機能が満載です。