みんなの声

あなたは食洗機派?手洗い派?
エコな「食器洗い」を考えよう

出典:家庭内のエコに関する意識調査 クラウドワークス調べ(2016年3月) n=300


コラム

日常的な家事のひとつ、「食器洗い」。
意外と手間のかかる家事であり、効率良く行うために工夫をしているご家庭も多いかと思います。
そんな食器洗いについて今回はその頻度や方法をアンケートしてみました。

食器は1日に何回洗いますか?

出典:家庭内のエコに関する意識調査 クラウドワークス調べ(2016年3月) n=300

1日に行う食器洗いの回数は、「2回」が1位、2位は「3回」でした。
家庭ではよく、食器を洗うときに水を使い過ぎないよう意識したり、汚れが酷い場合は水につけておき簡単に洗えるようにしたりしますよね。この結果を見ると、ほとんどの人が食事後にまとめて食器を洗っているようです。
昼間は仕事に出かけているという方が多いので、家庭でとる朝食と夕食のあとの食器洗いの「2回」が1位になったようです。3位は「1回」という回答でしたが、単身世帯などで使う食器の数が少量なら、水に浸け置きをしておいて1日分をまとめて洗うという方法もエコですね。

食器はどうやって洗いますか?

出典:家庭内のエコに関する意識調査 クラウドワークス調べ(2016年3月) n=300

「食器はどうやって洗いますか?」というアンケートの結果、手洗いをしている人が約 68%と、半数以上が手洗いをしていると答えました。食器洗い乾燥機を使用している人は次に多い結果となりましたが、約 18%と手洗いの3分の1ほどの人数しかいません。

手洗いが多い理由に、「食洗機を置くスペースがない」というコメントが目立ちました。食洗機を置く設計がされていないキッチンでは、食洗機を置くスペースを確保することが難しいのでしょう。さらに「手洗いのほうが節水できる」「自分で水の量を調整することができる」というエコを意識しているコメントも多くみられました。

一方で、食洗機を使用する人のコメントにも「食洗機の方が節水できる」「食洗機の方がエコだから」という、手洗いと同様の回答がみられました。

手洗い・食洗機共に「節水」というコメントが出た背景には、食洗機では大きいものが洗えないことが挙げられます。
食洗機は、水の使用量が手洗いよりも少量で済み、エコなのは事実です。しかし、食洗機に入らない大きいものは手洗いする必要があり、結局手洗いをする必要が出てきます。食洗機は電気も使用するため、結局手洗いの方がエコなのではないかと考えてしまうのです。その結果、手洗い・食洗機共に「節水できるから」という同じコメントが現れたと考えられます。

食洗機を使っていても、手洗いの時に水を大量に使ってしまえばエコにはなりません。手洗いも食洗機も使用方法でエコにもなるし、ならなくなることもあります。食洗機で洗えるサイズの食器を使うようにするなど、効率良く食洗機を使いたいですね。

台所用洗剤を選ぶ際のポイントは?

出典:家庭内のエコに関する意識調査 クラウドワークス調べ(2016年3月) n=300

台所用洗剤を選ぶ際のポイントをアンケートした結果、ダントツで多かった回答は「価格の安いもの」「環境にやさしいもの」「肌にやさしいもの」でした。

洗剤は毎日使用するため、消費が早く、安価なものを選ぶ人が多いようです。
また、食器の手洗いは、手荒れの原因になってしまうこともあります。手荒れの防止のためにゴム手袋を使用しているご家庭もあるでしょう。
しかし、ゴム手袋を使っての食器洗いは、きちんと汚れが落ちているのかが素手よりも確認しづらいことという欠点があります。できれば素手で洗いたいところ。
価格が安くて、肌にやさしくて、環境にも良い。そんな洗剤をみなさん望んでいることが見えてきました。

肌に良し、環境に良し!なうれしい洗剤

肌に優さしい、環境に良い、そんな台所用洗剤を見極めるポイントをご紹介します。

1.環境にやさしい原料を使っているか

天然の素材を主成分としたもの、無添加のものを選びましょう。野菜に使用可能な洗剤もあるようです。環境はもちろんですが、農薬などが気になるという方にはうれしい洗剤ですね。

2.肌にやさしい成分をチェック!

手に入りやすく、比較的低価格なものが多いこのタイプ。モイスト等のハンドケア成分が配合されており、食器洗いをしながら手肌をいたわることができるのが特長。食器洗いをするといつも手がカサカサになるという方も、モイスト成分の入った洗剤を使えばしっとり肌に仕上がるでしょう。

3.天然の植物原料なら、環境にも肌にもやさしい

天然の植物原料を主成分にしたタイプの洗剤は、手肌に優しいだけでなく、環境にも優しい。洗剤を使って食器洗いするだけで、排水パイプ内の微生物に働きかけ、汚れが付きやすい部分の汚れのこびりつきを防ぐことできる商品もあるようです。

「食器洗い」は毎日の暮らしに欠かせない家事。手洗いの場合も食洗機を使う場合も、自分のスタイルに合わせて効率良く、エコに配慮しながら行いたいですね。

参考リンク:TOTOのおすすめグリーン商品