暮らしのエコアイデア

節水ってどうやるの?
意外と知らない家庭で使う水
≪節約編≫


コラム

ちょっとした心がけで節約!おうちの中でできること。

おうちの中で使っている水の量についてご紹介した≪使用量編≫につづき、今回は、ちょっとした心がけでできる節約を考えてみる≪節約編≫です!

1分間流しっぱなしにした場合の水の使用量は約12リットルになるそうです。
まずは、流しっぱなしにする水を減らすことを考えてみたいと思います。また使った後、捨てている水を再利用するなど、ちょっとした工夫でも節約が可能になります。
※ 1リットルあたりの単価を0.24円とした場合(下水道料金及び消費税を含む)。
※また、1か月を30日として計算しました。

たとえば・・・。

『水を止めて歯みがきをした』場合は、1回約1.3円お得!

歯みがきの時に流しっぱなしを水を使うのではなく、コップの水で口をすすぐように心がけると、1回あたり約5.4リットルの節水、水道料金は1.3円の節約。
⇒約350円/月(1日3回3人家族で換算)の節約!

参考リンク:TOTOのおすすめグリーン商品『洗面所』

『お風呂水を再利用した』場合は、1回約24円お得!

1回あたりの再利用水量を100リットルで計算、節約できる水道料金は約24円
⇒約720円/月(1日1回で換算)の節約

参考リンク:TOTOのおすすめグリーン商品『システムバスルーム』

『食器をまとめて洗う』ように心がけると、1日約28円お得!

1回約60リットルの水を使い、1回あたりの水道料金は約14円かかる食器洗い。
これを1日1回のまとめ洗いに変更すると、2回分の約28円を節約することに。
⇒約840円/月(1日3回で換算)の節約

参考リンク:TOTOのおすすめグリーン商品『システムキッチン』

『節水タイプのシャワーヘッドを利用』した場合、1回約4.3円お得!

3分間水を流しっぱなしにするシャワー利用では約36リットルの水を使用。
1回あたりの水道料金は約8.6円。
これを手元で水の出し止めができる節水タイプのシャワーヘッドを利用し、水を流しっぱなしにする時間を半分に短縮することで、1回あたりの水道料金約4.3円を節約。
⇒約387円/月(1日1回3人家族で換算)

参考リンク:TOTOのおすすめグリーン商品『システムバスルーム』

などなど。

1回で使う水の量が多いお風呂の水を減らすのは難しいかもしれませんが、お風呂の水を使った後、捨ててしまわず再利用することができれば、いくらかの節水・節約につながります。
でも、シャワーをはこまめに止める、歯みがきの時はコップの水を使う、食器はまとめて洗う、など小さいけれど回数の多い動作を見直すことで、より効果的な節水・節約が可能になります。
できることからコツコツと。わたしも今日から実践してみたいと思いました!

※2015年9月時点の試算値をもとに算出した数字です。

出典:東京都の水道局「くらしと水道」
参考リンク:水まわりから環境へ

参考リンク:TOTOのおすすめグリーン商品