TOTO
過去の展覧会
2000年10月17日―12月23日
監修=阿部仁史、五十嵐太郎、曽我部昌史、千葉学

第1期 2000年10月17日〜28日
空所――都市をいかに再生させるのか?
アトリエ・ワン/塚本由晴+貝島桃代:ペット・アーキテクチャー・プロジェクト
ファクター エヌ アソシエイツ/千葉学+ナンシー・フィンレイ
:「ヴォイド」の「リニューアル」

第2期 2000年10月31日〜11月11日
環境――内部と外部をいかに関係させるのか?
遠藤秀平:Rooftecture/分有体
西沢立衛:環境

第3期 2000年11月14日〜25日
集積――建築はいかに社会と接点をもつのか?
阿部仁史+小野田泰明:10,000
梅林克:住宅の「問題機制」から

第4期 2000年11月28日〜12月9日
混交――アイデンティティはいかに生成するのか?
クライン ダイサム アーキテクツ/アストリッド・クライン+マーク・ダイサム:DELUXEタワー
マツオカ・ワン・アーキテクツ/松岡恭子+王大君:LINE→STAIN

第5期 2000年12月12日〜23日
地形――都市をいかに読み込むのか?
みかんぐみ/加茂紀和子+熊倉洋介+曽我部昌史+竹内昌義+マニュエル・タルディッツ:都市のゴルフ
宮本佳明:dis-location 脱臼都市 
眼前に迫った新世紀に曙光を期待すべく、次代を担うであろう1960年代生まれの若手建築家を招聘し、彼らが考える「都市と建築」をテーマにした展覧会。監修者にも60年代生まれの建築家、建築評論家を迎えた。
2000年8月2日―9月30日
出展者=岸和郎
建築がギャラリーという場で表現し得る次元、抽象的なレベルで表現可能な切断面をもち得ることは確かなことであり、そのことが問われるのが展覧会という形式でしょう。しかし一方で建築には別の側面もあります。それは現実の敷地・社会・経済・文化といった、さまざまな状況を引き受けながら建つ、とてもリアルなものとしての建築という側面であり、自分ではそのことがもたらし得る建築の力にも、魅力を感じているのです。(岸和郎)
2000年5月20日―7月15日
監修=植田実、内藤廣、中村好文、山崎健一
今回の展覧会では、宮脇氏の幅広い活動の中で生涯にわたりその中心であった住宅設計に焦点をしぼり、「松川ボックス」「船橋ボックス」「ブルーボックスハウス」など代表作8点を20分の1の断面模型として新たに制作するとともに、実施図面やスケッチを展示します。
2000年3月3日―4月28日
出展者=青木淳
構成に興味がある。しかしその構成を本当の建物をつかって「表現」してみたいとは思わない。構造の仕組みに興味がある。しかしその構造の仕組みを建築という生身の物質をつかって「表現」したいとは思わない。(青木淳)
1999年12月4日―2000年2月19日
第一期:再生 1999年12月4日〜22日
第二期:流動 2000年1月11日〜29日
第三期:混沌 2000年2月1日〜19日

出展者=石山修武
展覧会の通低音である「開放系技術」とは、分かりやすく言えば今流行のガーデニングの先には新しい世界が垣間見えるぞ、ということだ。自分の庭を自分で考え、自分で作れるのならば、自分たちの環境は自分たちで作る方が良いのだ、そのためにこそさまざまに技術が意図され組み立て直されるべきだと言おうとしている。(石山修武)
1999年9月25日―11月20日
出展者=面出薫
光を用いてその快適な気配の罠を仕掛けようとするとき、作法が必要となる。 作法とはしごく当たり前の理に適った視点であり、所作であり、決まりごとの一種なのである。この展覧会では、際限なく自由な光のデザインの発想力と、不自由ながら奥深い光の職人芸の双方を、包み隠さず露呈することにした。(面出薫)
1999年7月2日―9月4日
出展者=新居千秋
喚起/歓喜する建築を考えるとき、文化運動としての建築、つまりその建築が建つ前後における運動が重要である。人々の心の中にそれは自分のものだ、自分たちのものだという意気を高揚させるような力の構築が必要である。(新居千秋)
1999年3月5日―4月24日
出展者=坂茂
2000年にドイツで開催されるハノーバー万博のための日本館を、現在設計している。本展覧会では「ハノーバー万博2000日本館」を中心に、現在進行中のプロジェクトの新しい構法の開発を含む設計・試作プロセスを紹介する。(坂茂)
1998年12月5日―1999年2月20日
出展者=ヤン・ケルサレ
ヤン・ケルサレは、光を題材として芸術・デザイン活動を行っているフランスのアーティストです。日本初となる今回の展覧会では、「過去」「現在」「未来」の3つの時空間に会場を分け、それぞれをテーマにした光のページェントが展開されました。
1998年9月19日―11月14日
出展者=齋藤裕
この作品展では、齋藤氏の着想と空間を追体験することに主眼をおき、「桐の茶室」「紙の待合」による幻想的なインスタレーション、各作品の発想を探る初公開のスケッチ、ビデオ、現在進行中のプロジェクトの模型などの展示により、その建築を多角的な断面(セクション)から切り出しました。
1998年7月10日―8月1日
共催=西澤文隆実測図展実行委員会
関西を中心に多くの建築作品を手掛けた故西澤文隆氏は、設計活動のかたわら「日本の建築と庭の実測調査」に取り組み、その相互の関係を詳細な実測図に示しました。展覧会ではこれらの資料のうち70点余りを、建築と庭の関係性を示す分類毎に展示いたしました。
1998年4月25日―6月27日
出展者=レンゾ・ピアノ
世界を巡回したレンゾ・ピアノ回顧展「Renzo Piano+Building Workshop—Out of the Blue」が、日本ではギャラリー・間で開催されました。この回顧展に出品された数々の作品の中から、「ポンピドー・センター」「関西国際空港」など4作品を採り上げ、その全貌を紹介。
1998年2月13日―4月4日
出展者=藤森照信
自然から採集してきた素材を使い、自然と人工との関係について想いをいたしながら手掛けた全5作のすべてを明らかにしたい。とにかく珍しいことばかり。(藤森照信)
1997年11月11日―12月20日
ゲスト・キュレーター=フランカ・セミ
監修=齋藤裕
本展では、ゲスト・キュレーターとしてスカルパの愛弟子フランカ・セミ氏、スーパーバイザーに齋藤裕氏を迎え、作品写真、ドローイング、そしてヴェネツィア建築大学でスカルパが講義をしながら描いた、世界初公開のクロッキーにより、今なお愛され続けている氏の建築の真髄にせまります。
1997年9月24日―11月1日
出展者=エットーレ・ソットサス
ソットサスが、’90年代に入って、突然「もはやアバンギャルドは死んだ〜」という衝撃的な宣言をした。今回の作品展は、この宣言を受けて、より普遍的な表現へとシフトしていく’90'年代のソットサスの活動を総括しようとするものであった。
1997年6月7日―7月19日
出展者=藤江和子
建築家とのコラボレーションを中心に照明器具や家具、インテリアや環境デザインなど幅広い領域で活動を展開するデザイナー、藤江和子。氏は自らのものづくりの姿勢を「風景をつくること」と表現しています。
1997年4月4日―5月24日
出展者=オスカー・ニーマイヤー
今年90歳を迎えるニーマイヤーの作品展は、建築家としての彼の足跡をたどるだけではなく、近代建築の基盤を築いた一人のモダニストの構築的ヴィジョンを再確認する試みであるといえます。
1997年2月6日―3月15日
出展者=シーラカンス(伊藤恭行、宇野享、工藤和美、小泉雅生、小嶋一浩、三瓶満真、日色真帆、堀場弘)
「シーラカンス」は8人のパートナーを中心に、個人・チーム・全員という単位で設計・研究活動をしています。複数の主体による多様な活動を、あるがままに伝えるために私たちはシーラカンスの「オフィス」を転送しました。
1996年11月20日―1997年1月18日
出展者=槇文彦
本展覧会は、槇文彦氏のまさに現在の活動に焦点をあてた構成の展示となりました。完成したばかりの、あるいは進行中であった「現場」の緊迫した状況を数多くのスタディ模型、構造部材模型、ドローイング、現場写真とともにリポートしました。
1996年9月11日―10月26日
出展者=ニール・ディナーリ
現代の建築は、「もの」自身を超越しコード化されたイメージの交錯する社会の中に存在します。その社会にあって、建築は一体何ができるのか。不動な建築がこの社会に融合していくためにはどうあればよいのか。その問いに対し、今回ディナーリ氏はギャラリー・間の空間で一つの解を提起しました。
1996年7月23日―8月24日
出展者=阿部仁史、小川晋一、片木篤、隈研吾、シーラカンス、妹島和世、竹山聖、團紀彦、トム・ヘネガン、松岡恭子+王大君
ギャラリー・間では、本年ミラノで開催された建築・デザインの祭典「第19回ミラノ・トリエンナーレ」への日本チームの参加を記念して「ミラノ・トリエンナーレ1996 パブリック・ボディ・イン・クライシス」展を開催いたしました。
1996年5月17日―6月22日
出展者=牛田英作、キャサリン・フィンドレイ
日常まちを歩くとき、私たちは心のなかに、ある地形図、私たちの空間に関する記憶のフレームワークとなる心的な地図を持っています。各々のひとは、そのひと個人の心理的・肉体的な経験に基づいた街のイメージを持ち、それを海図として街のなかを徘徊しています。
1996年3月15日―4月27日
監修=齋藤裕
建築家の齋藤裕氏をコーディネーターに迎えた今回の展覧会では、キャンデラの代表作品6点を、模型、CG、写真を使ってビジュアルに再現した。また、中庭ではHPシェルを用いたインスタレーション、第2会場では現地取材によるビデオ上映など、多角的にキャンデラの世界に迫った。