TOTO

en[縁]:アート・オブ・ネクサス――第15 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展 日本館帰国展

シンポジウム CPD認定プログラム
本展で主題とした「建築の今日的状況」を歴史的・社会的に俯瞰して捉えなおし、読み解くためのシンポジウム。さらに、「新しい関係のかたち」が今後どこにつながっていくのか、そこに建築および建築家がどう貢献していけるのか、期待される役割と展開を展望します。
タイトル
第15 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館帰国展記念シンポジウム
「en[縁]: アート・オブ・ネクサス、その先へ」
日時
2018年2月16日(金) 17:00開場、18:00開演、20:30終演(予定)
会場
建築会館ホール(東京都港区芝5-26-20)
監修・モデレーター
塚本由晴(建築家/アトリエ・ワン、東京工業大学大学院教授)
山名善之(建築家、東京理科大学教授、本展監修者)
パネリスト
槇 文彦(建築家/槇総合計画事務所)
西田 司(建築家/オンデザインパートナーズ)
成瀬友梨(建築家/成瀬・猪熊建築設計事務所)
能作文徳(建築家/能作アーキテクツ)
伊藤 暁(建築家/ BUS、伊藤暁建築設計事務所)
定員
350名/参加無料
参加方法
事前申込制:申込期間内にTOTO ギャラリー・間ウェブサイトよりお申込みください。
お申込期間:2017年11月17日(金)~2018年1月28日(日)
応募者多数の場合、抽選の上、2018年2月9日(金)までに結果をご連絡いたします。
監修・モデレーター
塚本由晴(つかもと よしはる)
建築家。東京工業大学大学院教授。1965年生まれ。1987年東京工業大学工学部建築学科卒業。1987~88年パリ・ベルヴィル建築大学、特別聴講生。1992年貝島桃代とアトリエ・ワン設立。1994年東京工業大学大学院博士課程修了。Harvard GSD、UCLA、The Royal Danish Academy of Fine Arts、Barcelona Institute of Architecture, Cornel University、Rice University、TU Delftなどで客員教授を歴任。
パネリスト
槇 文彦(まき ふみひこ)
1928年東京生まれ。1952年東京大学工学部建築学科卒業後、クランブルク美術学院を経て、1954年ハーバード大学修士課程修了。ワシントン大学準教授、ハーバード大学準教授を歴任後、1965年に槇総合計画事務所を設立。1979年-89年東京大学工学部建築学科教授。現在、日本建築家協会会員、アメリカ建築家協会名誉会員、英国王立建築家協会名誉会員。主な受賞に、日本建築学会賞(1963年、1985年)、朝日賞(1992年)、プリッツカー賞(1993年)、UIAゴールドメダル(1993年)、プリンス・オブ・ウェールズ都市計画賞(1993年)、高松宮殿下記念世界文化賞(1999年)、AIAゴールドメダル(2011年)、恩賜賞・日本芸術院賞(2012年)、文化功労者(2013年)など。
TOTO出版関連書籍
編者=山名善之+菱川勢一+内野正樹+篠原 雅武