TOTO

クリスチャン・ケレツ展 The Rule of the Game

展覧会について
展覧会概要
スイス現代建築界の中でも特異な存在感を放つ、異才の建築家クリスチャン・ケレツ氏の日本初の個展を開催します。

「建築とは一種の冒険であり、また既成のルールや固定概念を破る“知的な作業”である」と言うケレツ氏は、模型やレンダリング技術などを駆使し、諸々の条件を起点に空間や構造についての検討を繰り返すことによって、周到に練り上げていく設計スタイルをとります。既成概念にとらわれず、プロジェクトごとに振り出しに戻り、そのたびに改めてコンセプトやアイディアを練りながら新しいオーダーを見つけ出していく。そして、複雑なものを単純化し、建物をひとつの思想、ひとつの原理にまで還元し、そこから無限にヴァリエーションを増やしていくこと――「知性のミニマリズム」によって空間が自由で豊かになると言います。

本展では、近作の大型プロジェクトである3つの設計競技案――「ワルシャワ近代美術館」(2006–2012)、「ホルシム研究開発センター」(2008)、「スイス・リー・ネクスト」(2008)、そして2つの進行中プロジェクト――「鄭州の高層ビル 第1・2案」(2011/2012–2013)、「パライゾポリスの公営住宅」(2009–2014)を、コンセプト模型と図面・CG画像や映像などで紹介。ケレツ氏の建築における現在進行形の原理・原則――“The Rule of the Game”が表現されます。
TOTOギャラリー・間

会場写真
[1] エントランス
© Nacása & Partners Inc.
[2] 第1会場全景。左より「ホルシム研究開発センター」「スイス・リー・ネクスト」「ワルシャワ近代美術館」の3プロジェクトを展示
© Nacása & Partners Inc.
[3] 「ホルシム研究開発センター」(2008)の模型。床に穿たれた正円形の開口が特徴的
© Nacása & Partners Inc.
[4] 「ホルシム研究開発センター」のスタディ模型
© Nacása & Partners Inc.
[5] 「スイス・リー・ネクスト」(2008)の模型
© Nacása & Partners Inc.
[6] 「スイス・リー・ネクスト」の模型。ゆるやかな傾斜で貫くシャフトの内部は非常階段、上部は常時につかう階段となっている。急な傾斜のシャフトは斜行エレベータ。これらのシャフトが構造体となっているので、柱は存在しない
© Nacása & Partners Inc.
[7] 「スイス・リー・ネクスト」のスタディ模型
© Nacása & Partners Inc.
[8] 「ワルシャワ近代美術館」(2006–2012)の模型
© Nacása & Partners Inc.
[9] 「ワルシャワ近代美術館」の模型と動画映像展示
© Nacása & Partners Inc.
[10] 第2会場全景。手前の大きな模型は「パライゾポリスの公営住宅」、奥の2つのタワーは、右が「鄭州の高層ビル 第1案」、左が「鄭州の高層ビル 第2案」
© Nacása & Partners Inc.
[11]「パライゾポリスの公営住宅」(2009–2014)の模型詳細。サンパウロのファベーラ(バラック集落)から立ち退きを迫られた人々に供給される公営住宅であるが、規格化された5種類の住宅をランダムに配置することで、ファベーラと同様の複雑で多様な建築形式となっている
© Nacása & Partners Inc.
[12]「鄭州の高層ビル 第1案」(2011)の模型。下層ほど受ける自重が大きくなる高層ビルの構造条件に応じて、低・中・高層のゾーンごとに柱やケーブルの本数が変化する構造となっている
© Nacása & Partners Inc.
[13]「鄭州の高層ビル 第1案」のスタディ模型
© Nacása & Partners Inc.
[14]「鄭州の高層ビル 第2案」(2012–2013)の模型。第1案が地方消防法に抵触していたため、デザインを練り直したもの。コンセプトはそのままに、構造材を一種類(対になった斜め柱)に絞り、層ごとに変化する荷重が可視化された構造体となっている
© Nacása & Partners Inc.
[15]「鄭州の高層ビル 第2案」の模型詳細。床を貫く斜め柱の配置や本数は、階ごとに変化する
© Nacása & Partners Inc.
代表作品
[1] オーバーレアルタの礼拝堂|1992年|スイス、グリゾン
© Christian Kerez
[2] フォースター通りのアパートメント|2003年|スイス、チューリヒ
© Walter Mair
[3] 壁一枚の家|2007年|スイス、チューリヒ
© Walter Mair
[4] ロイチェンバッハの学校|2009年|スイス、チューリヒ
© Walter Mair
[5] 鄭州の高層ビル 第2案CG|2012–2013年|中国
© Yu Yan
[6] 鄭州の高層ビル 第2案模型|2012–2013年|中国
© Milan Rohrer
展覧会情報
展覧会名(日)
クリスチャン・ケレツ展 The Rule of the Game
展覧会名(英)
Christian Kerez: The Rule of the Game
会期
2013年7月19日(金)~ 9月28日(土)
開館時間
11:00-18:00(金曜日は19:00まで)
休館日
日曜日・月曜日・祝日・夏期休暇 2013年8月11日(日)~19日(月)
入場料
無料
主催
TOTOギャラリー・間
企画
TOTOギャラリー・間運営委員会
特別顧問:安藤忠雄
委員:岸和郎/内藤廣/原研哉/エルウィン・ビライ
後援
一般社団法人 東京建築士会
一般社団法人 東京都建築士事務所協会
公益社団法人 日本建築家協会関東甲信越支部
一般社団法人 日本建築学会関東支部
特別後援
スイス大使館
関連プログラム
2013年7月19日(金) 17:30開場、18:30開演、20:30終演
ニュースリリース
ニュースリリース
ニュースリリース(PDF)
ダウンロード
TOTO出版関連書籍
著者=クリスチャン・ケレツ