ミラノサローネ2005レポート
TOKYO DESIGNERS WEEK あの東京デザイナーズウィークがミラノに進出
20年間に渡り東京のデザインを発信し続けてきた「東京デザイナーズウィーク」がミラノに進出。
建築家 伊東豊雄氏による会場デザイン、デザイナー 喜多俊之氏による総合プロデュースのこの会場には13,000人の方が訪れ、日本のデザインに対する関心の高さが伺えました。
会場にはキャノン・日産自動車・NEC・富士写真フィルム・ヤマハなど23社の日本企業が自社品やコンセプトモデルを出展し、日本のデザインや今の「TOKYO」をアピール。2004年の東京デザイナーズウィーク・コンテナ展で「グランドプレミオ賞」を獲得したTOTOは、今回「ネオレストEX」を展示しました。