TOTO DESIGN

HOUSE VISION 2013 TOKYO EXHIBITION

TOTOとYKK APは、「HOUSE VISION 2013 TOKYO EXHIBITION」に出展しました。
新進気鋭の建築家ユニット、成瀬・猪熊建築設計事務所が展示空間デザインを担当。東信(あずままこと)氏のディレクションでサントリーミドリエ社が壁面緑化をプロデュース、さらにビクターエンタテインメント社の最新鋭の音響設備を採用。日常を忘れた時間を過ごせるひとりのための空間、「極上の間」を展示しました。

HOUSE VISIONとは
「家」を多様な産業の交差点として見立てていくプロジェクトです。
2010年より、グラフィック・デザイナーの原 研哉氏を世話人に、
「研究会」「シンポジウム」を通して、さまざまな建築家・研究者や多様な企業、行政が対話を重ねてきました。
HOUSE VISION 2013 TOKYO EXHIBITION は、これらの成果を共有し発展させ、
「新しい常識で家をつくろう」というテーマのもと、
諸分野を横断する大きな産業ヴィジョンを目に見える展示として構想、具体化し、
来場者の意識の覚醒を目指します。

『HOUSE VISION』公式サイト
http://house-vision.jp/


成瀬・猪熊建築設計事務所
成瀬友梨(なるせゆり)

1979年愛知県生まれ。
建築家・東京大学助教。

猪熊 純(いのくまじゅん)
1977年神奈川県生まれ。
建築家・首都大学東京助教。

2007年成瀬・猪熊建築設計事務所共同設立。「場所のシェア」をコンセプトとした作品に「りくカフェ」、「the scape ®」、「Fab Café」など。INTERNATIONAL ARCHITECTURE AWARDS 2009、DESIGN FOR ASIA AWARDS 2009、Colors Designer International Competition 2008 Special Mentions、WORLD Space Creators Awards大賞など受賞多数。

東信(あずま まこと)
植物アーティスト

1976年生まれ。
2002年よりオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を営む。
2005年より植物による表現の可能性を探求する造形表現Botanical Sculptureを開始し、
NY、パリ、ミラノ、上海等の美術館やアートギャラリーで個展を開催。2012年よりサントリーミドリエ(株)クリエイティブディレクター。作品集に『2009-2011 Flowers』『ENCYCLOPEDIA OF FLOWERS 植物図鑑』(ともに共著)、『花と俺』。

協力企業
サントリーミドリエ株式会社 http://www.suntory.co.jp/midorie/
ビクターエンタテインメント株式会社 http://www.jvcmusic.co.jp/

展示制作協力
YKKファスニングプロダクツ販売株式会社 http://www.ykkfastening.com/japan/

「HOUSE VISION 2013 TOKYO EXHIBITION」開催概要
会期= 2013年3月2日(土)〜24日(日)・23日間
会場: お台場・青海駅前 特設会場(臨海副都心J区/東京都江東区青海2-1)