Menu

世界のお客様へ向けて

Menu

English

TOTOのグローバル戦略の現在と今後

日本のトイレ文化の発信

TOTO商品が世界に広まるには、海外のお客様が商品に触れ、体感し、知っていただく機会を増やすことが大切だと考えています。その第一歩が、2015年4月、成田国際空港に開設した体感型トイレ空間「GALLERY TOTO」です。この空間は、訪日された外国のお客様がTOTO商品の心地良さを体感し、日本のきれいなトイレ文化に触れ、帰国後に「日本で使ったようなトイレが欲しい」と思っていただけることを目指しています。
今後も日本でのこうした体験機会を増やしていくとともに、関連情報を随時WEBサイトなどを通じて世界に発信していきます。TOTOグループは、各国・各地域に根ざしたビジネスモデルを展開し、ブランドの認知・浸透から確立への着実なステップを進めていきます。

GALLERY TOTO

海外の展示会を通じたプロモーション活動

Kitchen & Bath Industry Show 2016
2015年3月にはドイツで開催された世界最大規模の住宅設備機器の国際専門見本市「International Sanitary and Heating2015」、2016年1月にはアメリカの「Kitchen & Bath Industry Show 2016」、6月には上海で開催されたアジア最大規模の水まわり設備の国際見本市「Kitchen & Bath China 2016」に出展しました。海外の展示会を通じて、TOTO商品の優れた機能やデザインを、多くの海外のお客様にアピールしています。

グローバルなTOTOブランドの確立

グローバルに販売しているウォシュレット®一体形便器「Neorest DH」が、世界のデザイン界で権威のある「iFプロダクトデザイン賞」と「レッドドット・デザイン賞」をダブル受賞しました。今後も画期的な商品づくりを進め、世界中のお客様から評価されるTOTOブランドを確立していきます。
Share

CLOSE