ニュースリリース

Menu

全416ページにあふれるアイデア、コンパクトなサイズの作品集!
『トラフ建築設計事務所 インサイド・アウト』

刊行のご案内

書 名=トラフ建築設計事務所 インサイド・アウト
著 者=トラフ建築設計事務所
デザイン=中村至男
定 価=本体2,200円+税
発行日=2016年10月14日
体 裁=120×173mm、並製、416頁、 和英併記
ISBN=978-4-88706-362-4

TOTO出版は、2016年10月15日(土)よりTOTOギャラリー・間にて開催する「トラフ展 インサイド・アウト」に併せて、作品集『トラフ建築設計事務所 インサイド・アウト』を10月14日(金)に発行しました。

ホテルの小さな客室のリノベーションをきっかけに、鈴野浩一氏と禿(かむろ)真哉氏によって設立されたトラフ建築設計事務所は、2004年の活動開始以来12年余りの間に200を越える作品を手掛けてきました。店舗の内装や展覧会の会場構成から家具、プロダクトデザインまで、建築にとどまらないおふたりの活動の特長は、あくまで建築家としての思考をベースにしながらも、それらの分野の境界に捉われることのない自由な発想により、さまざまな問いに対して常に新鮮な回答を導き出し続けているところです。

本書『インサイド・アウト』では、そのタイトルどおり、「表と裏」をひっくり返すように、少し視点を変えてみることで生み出された42の作品を紹介。「モノ・時間・家具・敷地・素材・都市」といった建築的キーワードをもとに、8つの切り口から再編集された作品から、おふたりの思考のプロセスやアイディアの源泉を探ります。また巻末には、グラフィックデザイナーの原研哉氏による寄稿文も収録。
本書は、作品集のあり方をじっくりと議論し、その装丁や構成、グラフィックデザインに至るまで、徹底的にこだわり抜いた、全ページにトラフらしさがあふれる、見て、読んで楽しい作品集です。また、常に都市との関わりを意識し、いかに人とモノと建築をつなぐのか、その可能性にチャレンジしてきたトラフ建築設計事務所のこれまでの活動の集大成となっています。

建築やデザインに携わる方はもちろん、それらを志す方や興味のある方すべてに、是非手に取っていただきたい一冊です。

内容紹介

目次
はじめに

モノから風景をつくる
テンプレート イン クラスカ
NIKE 1LOVE
時間を取り込む
港北の住宅
AKQA Tokyo Office
gold wedding ring
ドールハウスチェア
見えないものを可視化する
空気の器
光の織機(Canon Milano Salone)
ガリバーテーブル
CMYK

家具のような建築、建築のような家具
コロロデスク/コロロスツール
目黒本町の住宅
大岡山の住宅
Big T
余白をつくる
トラフのオバケ屋敷は“化かし屋敷”(東京都現代美術館)
ワンモック
ゼロ・アワー 東京ローズ最後のテープ
MOTOMI KAWAKAMI CHRONICLE 1966-2011

敷地を与える
キャッチボウル
クロープン
Cobrina
素材から発想する
tapehook
Y150 NISSAN パビリオン
NIKE JMC
LIGHT LIGHT DESK
ミナ ペルホネン コティ
water balloon
イソップ

(写真:尾鷲陽介)

トラフの小さな都市計画
DOZO BENCH
NANYODO SHELF
Run Pit by au Smart Sports
WORLD CUP(みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ)
食と緑の空中庭園
渋谷のラジオ
FREITAG Store Tokyo
FREITAG Store Tokyo Shibuya
SLIDING NATURE (Panasonic Milano Salone)
―石巻工房での実践―
スカイデッキ
AA スツール
Rapha Mobile Cycle Club
trees for everyone by Android
3.11 以後の建築 / トラフ建築設計事務所+石巻工房
こころの隙間に、知らぬまに建築を建ててしまうふたり 原 研哉
作品データ
略歴
クレジット

関連展覧会

「トラフ展 インサイド・アウト」
2016年10月15日(土)~12月11日(日) TOTOギャラリー・間

住所=東京都港区南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル3F
休館日=月曜・祝日 ただし、11月3日(木・祝)は開館
TEL=03-3402-1010
URL=http://www.toto.co.jp/gallerma/

プロフィール

トラフ建築設計事務所

(左)禿 真哉 (右)鈴野浩一
 ©筒井義昭

鈴野浩一(すずの こういち)と禿 真哉(かむろ しんや)により2004 年に設立。建築の設計をはじめ、インテリアデザイン、展覧会の会場構成、プロダクト、空間インスタレーションなど多岐にわたり、建築的な思考をベースに取り組んでいる。主な作品に「テンプレート イン クラスカ」、「港北の住宅」、「空気の器」、「ガリバーテーブル」、「Big T」など。2011年「光の織機(Canon Milano Salone)」でエリータデザインアワード最優秀賞受賞。2015 年「空気の器」がモントリオール美術館の永久コレクションに認定。

ニュースリリース全文は、以下よりダウンロードしてご覧ください。
以上に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
  • 尚、TOTOホームページの無断転用・転記はご遠慮いただいております。
  • ※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
    閲覧されている日と情報が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
Share

CLOSE