ニュースリリース

Menu

暮らしを彩るまちづくりを支援
TOTOが「北九州国際音楽祭」へ1,400万円を寄付

TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:喜多村 円)は、地域社会の芸術文化の振興を願い、1988年の第1回開催時より北九州国際音楽祭へ特別協力を行っています。今年、29回目を迎えた同音楽祭に対して、1,400万円を寄付します。
同音楽祭はバラエティに富んだプログラムで質の高いコンサートを提供していることから、都市型音楽祭としての評価が高く、北九州市外からの入場者数も増加しています。今回も、開催期間中に1万人以上の入場者を見込んでいます。
今後も、TOTOは継続的に支援していくことで、多くの方々に優れた芸術文化に触れる機会を提供してまいります。


■寄付金額:1,400万円
寄 贈 先:北九州市
※寄付総額(今回を含む累計)は6億2,600万円に達しました

■2016年開催概要
期 間: 10月16日(日)~11月23日(水・祝) 39日間
会 場: 響ホール、北九州ソレイユホール 他
オフィシャルホームページ: http://www.kimfes.com/

■北九州国際音楽祭について
北九州国際音楽祭は、昭和63年(1988年)に北九州市制25周年を記念して創設され、北九州市の目指す「暮らしを彩る」まちづくりの取り組みの柱の1つとして開催されております。
同音楽祭は、フィンランド屈指の夏のフェスティヴァルであるクフモ室内音楽祭と提携した時期(1988年~1997年)と、都市型の総合音楽祭として歩みつつ教育プログラムを充実させる時期(1998年~)という2つの異なった歴史を持ちます。
今年は「親愛なる、楽友たちへ―」をキャッチコピーに、パリ管弦楽団の他、北九州市民文化賞受賞者や北九州から羽ばたいた演奏者も出演するマイスター・アールト×ライジングスターオーケストラによるコンサート等や、次世代育成のための教育プログラム、音楽祭をより楽しむための特別プログラムなどが予定されています。
ニュースリリース全文は、以下よりダウンロードしてご覧ください。
以上に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
  • 尚、TOTOホームページの無断転用・転記はご遠慮いただいております。
  • ※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
    閲覧されている日と情報が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
Share

CLOSE