Menu

ニュースリリース

Menu

今日から始められる節水アクション
「Water Action」ウェブサイト公開

〜環境省の「JAPAN Water Style」に賛同するTOTOが節水アクションを応援します〜

TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:喜多村 円)は、一人ひとりの“節水アクション”を応援するウェブサイト、「Water Action」を2016年7月26日(火)に公開します。

TOTOは、環境省が提案する「JAPAN Water Style※」に賛同しています。「Water Style」とは、これまであまり意識せずに接することの多い水や、水循環に関する関心を高め、私たち一人ひとりが水循環の役割を担う一員であることを認識し、水をより身近に意識して正しい知識をもって、より大切に、そしてより楽しく、生活の中に水を積極的に取り入れ、水を楽しむ、新しい水との向き合い方です。

本ウェブサイトは、「Water Style」の一環として、今日から始められる暮らしの中の節水アクションを紹介します。「トイレの大小の洗浄をきちんと使い分けると、1回あたり最大2L、1ヵ月で約720L節水」「シャワーをこまめに止めて使うと、1回あたり約8L、1ヵ月で約960L節水」など、一つひとつは小さな節水でも、一人ひとりが自ら取り組むことで大きな節水につながる節水アクションを多数紹介します。また、節水をさらにサポートするTOTO商品もあわせて紹介します。さらに、「Water Action応援ツール」として、「節水チャレンジカレンダー」「節水ポスター」「節水アクション・ヒント集」も、無料でダウンロードできます。

TOTOは、「TOTOグローバル環境ビジョン」のもと、資源としての「水」を見つめ直し、水まわり設備機器を通した環境貢献に全力で取り組んでまいります。

※:環境省では「水循環基本法」(2014年7月施行)に基づき、健全な水循環の維持又は回復を目的とした取組みの促進等を推進する官民連携プロジェクト、「ウォータープロジェクト」を推進しています。同プロジェクトの施策として、日本の優れた水循環を「~守り育て、贈り使い、大切に還す~」の3つのキーワードで表し、この水循環を官民が連携して支えていく「JAPAN Water Style」プロジェクトが、2015年6月よりスタートしました。「JAPAN Water Style」に賛同する民間企業や地方公共団体は、それぞれの水に関する商品やサービス等を通じた「Water Style」を提案していきます。

Water Action 応援ツール

Water Action」のウェブサイトから、以下の3つの応援ツールを無償でダウンロードできます。

TOTOグローバル環境ビジョン
ニュースリリース全文は、以下よりダウンロードしてご覧ください。
以上に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
  • 尚、TOTOホームページの無断転用・転記はご遠慮いただいております。
  • ※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
    閲覧されている日と情報が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
Share

CLOSE