Menu

ニュースリリース

Menu

新築ホテルで和風ユニットバスルームを約3割(※)採用
ホテル向け ユニットバスルーム『和風ユニット(EDシリーズ)』
2016年8月1日(月)新発売

※ TOTO 品出荷の割合

TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:喜多村 円)は、ホテル向けユニットバスルームにおいて、洗い場付きの『和風ユニット(EDシリーズ)』を2016年8月1日(月)に新発売します。

近年、お客様がホテルを決める際、浴室を重視する傾向が高まっています。「浴室が洗面・トイレ空間と独立しているタイプがいい」「洗い場でしっかり洗え、浴槽でゆったり浸かりたい」「頭からたっぷりとしたシャワーを浴びて疲れを取りたい」などの声が多く見られます。このような声を背景に、ホテル向けユニットバスルームにおいて、洗い場付きのユニットバスルームの出荷が増加しています。特に、新築ホテルでは、洗い場付きのユニットバスルームを約3割採用いただいています。今までは、一般住宅向けのユニットバスルームの仕様をホテル向けに変更して対応している状況でしたが、この度、ホテル向けとして開発し新たに発売します。

この度、発売するホテル向けユニットバスルーム『和風ユニット(EDシリーズ)』は、洗面・トイレと独立させ、洗い場を設け、洗い場にシャワーバーを標準仕様で設置しました。その他、オーバーヘッドシャワーやボディシャワーが付いている「エアイン(*)シャワーバー」や天井直付けの「エアインオーバーヘッドシャワー」などオプションのシャワー機能を充実させました。また、全身を包み込むような入浴感を体感出来る「クレイドル浴槽」を標準仕様とし、出張先、旅先などでゆったりくつろげるユニットバスルームとしました。

*「エアイン」はTOTOの登録商標です

【主な商品の特長】
1. 多彩なシャワーを品揃え
・シャワーバーを標準仕様。脈動エアイン機能とボディシャワーがついたエアインシャワーバーや天井直付けのエアインオーバーヘッドシャワーをオプションで品揃えします。

2. 浴槽は、クレイドル浴槽を標準仕様
・ゆりかごのような形が全身を包み込みます。

3.高級感のあるガラス面材の開き戸を標準仕様
・ドアの取っ手は、シンプルなL型ハンドル仕様。ガラス面材仕様で開放感があります。


写真セット品番:EDV1416UXX1RM
希望小売価格:1,606,800円(税抜・組立費別途)
(本体:1,490,000円 + オプション:116,800円)

商品の主な特長

1.シャワーバー(標準仕様)

■エアインシャワーバー(オプション)
オーバーヘッドシャワー、ボディシャワー、ハンドシャワーの3つのシャワーが付いているシャワーバーです。
オーバーヘッドシャワーは、水流に強弱をつけた脈動エアインシャワーを頭から一気に全身を浴びることができ、ボディシャワーは、3つのノズルからランダムに回転した刺激のある吐水を広範囲に出します。ハンドシャワーは、“浴び心地”を高めながら節水効果のある「エアイン」機能を搭載しています。

■エアインオーバーヘッドシャワー(オプション)

天井から降り注ぐシャワーが身体を心地よく包み込みます。

2.クレイドル浴槽(標準仕様)

「クレイドル浴槽」を標準搭載します。ヘッドレスト(首の当たる)部分を高くして首当たりを良くし、またぎ込み部分は低くして入りやすさに配慮し、リム(浴槽のふち)形状は腕を掛けやすいように設計しました。リラックスした時に人が取る自然な姿勢に沿うように浴槽のカーブを設定しています。“ゆりかご”のようなカタチが全身を包み込みます。

3.ガラス開き戸(標準仕様)

ガラス面材の開き戸は、開放感がありリラックスできます。ドア横にFIX窓(オプション)を追加するとさらに開放感がうまれます。

【FIX窓(オプション)を追加した例 】

ニュースリリース全文及び高解像度画像は、以下よりダウンロードしてご覧ください。
以上に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
  • 尚、TOTOホームページの無断転用・転記はご遠慮いただいております。
  • ※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
    閲覧されている日と情報が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
Share

CLOSE