Menu

ニュースリリース

Menu

女性や子どもにもやさしい移動式仮設トイレ
「おりひめトイレ※1」が「日本トイレ大賞」

女性活躍担当大臣・男女共同参画担当大臣賞を共同受賞

※1:「おりひめトイレ」は積水ハウス株式会社の登録商標です。

TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:喜多村 円)と積水ハウス株式会社(本社:大阪市北区、社長:阿部 俊則)が開発した、女性や子どもにもやさしい移動式仮設トイレ「おりひめトイレ」が、9月4日(金)に発表された「日本トイレ大賞」(主催:内閣官房すべての女性が輝く社会づくり推進室)において、女性活躍担当大臣・男女共同参画担当大臣賞を共同受賞しました。

政府は、女性活躍担当大臣の下で開催された「暮らしの質」向上検討会の提言を踏まえ、暮らしやすい空間へと転換する象徴としてトイレを取り上げ、快適なトイレを増やすための様々な取組(ジャパン・トイレ・チャレンジ)を進めており、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、世界に誇れるような快適なトイレ空間を増やそうとしています。

その一環として創設された「日本トイレ大賞」は、快適なトイレ空間、国際貢献・災害対応といった活動などの事例を広く紹介し、ジャパン・トイレ・チャレンジに向けた機運をさらに盛り上げるべく、トイレ空間やトイレに関する活動等の好事例を公募し、特に優れた事例を表彰する制度です。全378件の応募から、28件が選ばれました。

なお、日本のトイレ文化・技術力を世界に発信すべく、成田国際空港株式会社(本社:千葉県成田市、社長:夏目 誠)とTOTOとのコラボレーションで生まれた体感型トイレ空間「GALLERY TOTO」は日本トイレ大賞国土交通大臣賞(受賞者:成田国際空港)に選ばれました。

「おりひめトイレ」について

「おりひめトイレ」は、地域経済の牽引役として女性活用に注力する仙台市と、女性が働き続けるための環境整備を含め女性人材の活用を積極的に進めている企業として「なでしこ銘柄」に選定されている積水ハウスおよびTOTOが、東日本大震災の教訓を活かして共同開発した移動式仮設トイレです。

積水ハウスの女性従業員の他に仙台市内の女性デザイナーも開発メンバーに加わり、温水洗浄便座「ウォシュレット」付きの水洗洋式トイレをはじめ、荷物配慮、子ども配慮などの女性ならではの心配りが随所に取り入れられています。デザイン面では女性らしい優しい曲面の外観と清潔で美しい内装デザインを採用しました。使い勝手の面では、TOTOテクニカルスペース※2東北(宮城県仙台市)のバリアフリーラボ※3を使って具体的な空間検証が行われ、必要十分で使い勝手のよい広さや空間形状が導き出されました。

※2:TOTOテクニカルセンターおよびTOTOテクニカルスペースは、建築専門家向けのプレゼンテーションショールームです。「共創(最先端の技術+空間の創造+知識の構築)」をコンセプトに、専門家のお客様とTOTOがコラボレーション[共創]し、未来の水まわり空間を創り出す場です。
※3:バリアフリーラボは、部屋の大きさ、器具や手すりの位置などが自由に変更できる実物大の検証スペースです。

「GALLERY TOTO」について

「GALLERY TOTO」は、成田国際空港第2旅客ターミナルの出国手続き後エリアにある体感型トイレ空間です。「国内外から訪れる多くのお客様に日本のトイレ文化・技術力を世界に発信していく」ことをコンセプトに、成田国際空港とTOTOとのコラボレーションで実現しました。

デザインには「クライン ダイサム アーキテクツ」 を迎え、壁面に大型映像パネル「ルミナス テキスタイル」を採用するなど、ギャラリーのような上質なアート空間としてもお楽しみいただける斬新な空間演出を取り入れています。

計10ブース(男性4、女性4、多目的トイレ1、授乳室1)内には、2015年2月発売の「ネオレストAH/RH」などTOTOの最新機器が導入され、日本の最先端のトイレを実際に使用いただけます。
ニュースリリース全文は、以下よりダウンロードしてご覧ください。
以上に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
  • 尚、TOTOホームページの無断転用・転記はご遠慮いただいております。
  • ※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
    閲覧されている日と情報が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
Share

CLOSE