Menu

ニュースリリース

Menu

経済産業省 女性活躍推進に優れた企業を選定する
平成26年度「なでしこ銘柄」に選定されました

~柔軟に働ける環境の整備、仕事と生活の調和を実現するための支援等が評価されました~

TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:喜多村 円)は、経済産業省の平成26年度「なでしこ銘柄」に選定されました。

これは、女性が働き続けるための環境整備を含め、女性人材の活用を積極的に進めている企業を選定し発表するものです。今年度は40社が選定されました。

TOTOは2005年に社長直轄の「きらめき推進室」を設置し、女性社員の能力発揮や意識改革等の推進を本格的にスタートしました。2010年度からは人財開発本部に移管し、「ダイバーシティ推進グループ」に改称、「女性の活躍推進」「障がい者の雇用促進」他広範囲な活動を推進してきました。TOTOグループで働く全ての人々にとって働きやすい職場環境づくりに努め、2012年には日本生産性本部主催の第6回「ワーク・ライフ・バランス大賞」優秀賞を受賞。2013年2月には、子育てサポート企業として、次世代認定マーク「くるみん」を取得しました。同年3月には、「ダイバーシティ経営企業100選」に選定されています。

女性のキャリア促進については、ライフイベントとのバランスを取りながらキャリアを継続できるよう、女性社員のスキルアップだけでなく、上司のマネジメントスキル強化や意識啓発を図っています。また、女性従業員に限らず、労働時間の見直し、有給休暇や育児休業の取得推進などにより、仕事と家庭の両立を支援しています。2014年には「配偶者の海外転勤に伴う休職制度」も導入しました。今回の選定は、これらの取り組みが評価されました。
TOTOは、今後も、多様で強い人財の育成と、企業理念の1つである「一人ひとりの個性を尊重し、いきいきとした職場」の実現を目指して参ります。

なでしこ銘柄
<ご参考>
TOTOホームページ 「社員とともに」
http://www.toto.co.jp/company/csr/employees/index.htm
■「なでしこ銘柄」とは(経済産業省ホームページより抜粋)
経済産業省が東京証券取引所と共同で、女性活躍推進に優れた企業を選定・発表する事業で、2012年より開始しました。「女性活躍推進」に優れた企業を「中長期の企業価値向上」を重視する投資家にとって魅力ある銘柄として紹介することを通じて、そうした企業への投資を促進し、各社の取組みを加速化していくことを狙いとしています。女性活躍を推進する企業のすそ野を広げるという点で、経済産業省が昨年度より進めている「ダイバーシティ経済企業100選」との相乗効果が期待されています。

<ご参考>経済産業省ホームページ 「ダイバーシティ推進」
http://www.meti.go.jp/policy/economy/jinzai/diversity/index.html
以上に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
  • 尚、TOTOホームページの無断転用・転記はご遠慮いただいております。
  • ※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
    閲覧されている日と情報が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
Share

CLOSE