Menu

ニュースリリース

Menu

日本流体力学会 2014年度学会賞
ウォシュレット※1の吐水技術で「技術賞」受賞

同技術でボリュームゾーンのウォシュレットの省エネ化を推進

TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:喜多村 円)は、ボリュームゾーンのウォシュレット※2に採用している吐水技術で、一般社団法人日本流体力学会(会長:船越 満明)の2014年度学会賞「技術賞」を受賞しました。

受賞名は「バルーン状大気泡を用いた間欠吐水技術※3の開発と省エネ温水洗浄便座の普及」です。

「バルーン状大気泡を用いた間欠吐水技術」による水玉吐水(おしり洗浄)
日本流体力学会は、水や空気など“流れ”を扱う学問分野で国内最大の学会で、毎年1回、学会賞として論文賞・竜門賞・技術賞・FDR賞を授与しています。TOTOが受賞した「技術賞」は、流体力学的に画期的な技術であることに加えて、実用化されて多くの人の役に立っていることが選考条件となっており、「該当なし」の年もあります。なお、同賞が授与されるのは、2010年度の「小惑星探査機はやぶさ回収カプセルの熱・空気力学設計」以来、4年ぶりとなります。

受賞技術は、ポンプなどメカニカルな部品を使わず、水と空気の流れの制御だけで、水玉吐水を実現したものです。高い洗浄感を保ちながら節水が可能となり、ウォシュレットの省エネ化に貢献しています。従来品※4と比べて使用水量は約40%となり、年間消費電力量は約35%※5となります。同技術は2012年より順次展開し、現在ではボリュームゾーンのほぼ全てのウォシュレットに採用されています。

※1:「ウォシュレット」はTOTO株式会社の登録商標です
※2:ウォシュレット一体形便器を含む
※3:特許第5024576号
※4:1997年発売のTCF771(ウォシュレットG)
※5:受賞技術を使った瞬間式ウォシュレット(TCF722)と従来品(TCF771)との比較
■「技術賞」とは
「流体力学の知見に基づく画期的な技術(製品やソフトウェアを含む)を開発したと認められる個人もしくは代表者とそのグループに授与される。ただし、過去10年以内に発表された技術で、既にある程度実用化等の評価がなされ、また、多くの人への受益が認められるものを対象とする」(日本流体力学会ウェブサイトより)

■「技術賞」受賞一覧
2014年度……バルーン状大気泡を用いた間欠吐水技術の開発と省エネ温水洗浄便座の普及
2013年度……該当なし
2012年度……該当なし
2011年度……該当なし
2010年度……小惑星探査機はやぶさ回収カプセルの熱・空気力学設計
2009年度……該当なし
2008年度……風レンズ風車(超高効率風力発電システム)の開発
2007年度……エアコン上下両開きロングパネル方式気流制御技術
日本流体力学会ウェブサイト http://www.nagare.or.jp/

受賞技術について

「水」と「空気」の大きな密度差に着目し、ノズルから出た速い噴流を、「空気の中に噴射する状態=速いまま」と、「水の中に噴射する状態=減速」を交互につくることで、流速を周期的に増減させています。

具体的には、下図のように噴流下流に小部屋を設け、この小部屋内でバルーン状の大気泡が成長し、繰り返し噴流に供給されるような仕組み(=流体素子)を構成しています。

噴流が大気泡を通る際は流速が落ちませんが、大気泡がない場合は水の抵抗を受けて減速します。噴流を流すだけで自然に大気泡が成長して周期的に供給されるような構造になっており、この繰り返しによって流速が周期的に変化します。

その結果、ノズルから吐水された噴流は、飛んでいる間に遅い水に速い水が追いつくことで水の塊(=水玉)を形成し、節水しながら高い洗浄感を保った水玉吐水となります。

スケルトンモデルを使って撮影した「バルーン状大気泡を用いた間欠吐水技術」
■「技術賞」選考理由
「今回開発された流体素子は、流体力学の応用技術として非常にユニークである。特に、気液固体が干渉する複雑系において、流体(水と空気)の本来の性質を巧妙に利用して単純な構造で流れを制御し、周期性を発現させた点で画期的である。また、耐久性が重要となる温水洗浄便座に成果を応用できたことは、流体力学への興味・関心を喚起するものであり、流体力学への貢献度も大きい」

日本流体力学会 学会賞選考委員長
ニュースリリース全文は、以下よりダウンロードしてご覧ください。
以上に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
  • 尚、TOTOホームページの無断転用・転記はご遠慮いただいております。
  • ※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
    閲覧されている日と情報が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
Share

CLOSE