Menu

ニュースリリース

Menu

意匠性・機能性に優れた"新タイプの大型陶板"を追加
大型陶板のラインナップを拡大

イタリア・ラミナム社との共同開発品を4月15日よりミラノで初披露

TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:喜多村 円)は、新領域事業のひとつ、環境建材事業において、大型陶板のラインナップを拡大します。

内装水まわり用途を中心に販売している大型陶板「ハイドロセラ」に加え、内外装の用途に展開できる新タイプの大型陶板を2015年度に発売予定です。

今回の大型陶板は、サイズが最大約3m×約1mと大きく、厚さは約5mmと薄型のため施工汎用性が高い建材です。また、石材・金属・木材・コンクリートなど多様な風合いや色調を表現することが可能で、意匠性に優れています。TOTO独自の光触媒技術「ハイドロテクト」※1を施し、暮らしや環境に配慮した商品です。

第一弾として発売する商品は、イタリアの大型陶板メーカー、ラミナム社(本社:イタリア共和国モデナ県フィオラーノ・モデネーゼ、CEO:アルベルト・セルミ)と共同で開発を進めています。本商品は、世界最大級のデザインの祭典・ミラノサローネの開催に合わせ、4月15日(水)より、ラミナム社のミラノショールームにて初披露します。ラミナム社との共同開発品を皮切りに、順次デザイン性を追及した色柄を取り揃える予定です。

TOTOは、大型陶板建材事業を2000年より展開しており、新タイプの大型陶板をラインナップに加えることで、日本における大型陶板市場の醸成・拡大を図ります。大型陶板全体で2017年度に年間出荷60万m2をめざします。

※1:ハイドロテクトとは光触媒を利用し、自然の力(太陽光と雨)で地球も暮らしもきれいにするTOTOの環境浄化技術です。現在、国内外を問わず多くのお客様にご活用いただいており、建物の外壁から室内の壁や床まで、さまざまな製品が生活環境の中で利用されています。 外装用はセルフクリーニング効果などを、内装用は抗ウイルス・抗菌、防臭効果など、暮らしや環境に役立つ効果を発揮します。

共同開発品、ミラノで初披露

両社のデザイナーがコラボレーションし、日本古来の素材をモチーフに、ヨーロッパと日本、古典と現代の融合した、“見たことあるのに新しい”新柄を開発中です。ラミナム社ミラノショールームにて、4月15日(水)より初披露します。どうぞご期待ください。

新製品展示会

名称……TOTO×LAMINAM “DESIGN EXCHANGE”
場所……ラミナム社ミラノショールーム
    住所:Via Mercato 3, Milano, Italy
    最寄:Metro12LINE LANZA駅
期間……2015年4月15日(水)~10月31日(土)
    ※ミラノ万博の会期終了日まで展示
開館……10:00~20:00
休館日…土・日・祝日
    ※4月18日(土)、19日(日)は開館

ニュースリリース全文は、以下よりダウンロードしてご覧ください。
以上に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
  • 尚、TOTOホームページの無断転用・転記はご遠慮いただいております。
  • ※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
    閲覧されている日と情報が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
Share

CLOSE