Menu

ニュースリリース

Menu

国土交通省『省エネ住宅ポイント制度』
エコ住宅設備3種類以上設置でポイント発行の対象に

「TOTO省エネ住宅ポイント相談室」を2月9日(月)開設

省エネ住宅の新築やエコリフォームの普及を図るとともに、需要を喚起することを目的とした、国土交通省「省エネ住宅ポイント制度」の申請受付が3月上旬より開始されます。

今回はリフォームの対象住宅の性能条件等に「設備エコ改修」が追加され、エコ住宅設備3種類以上の設置でもポイント発行の対象になります。例えば、トイレと浴室をリフォームした場合、TOTOの「節水型トイレ」、「高断熱浴槽」、「節湯水栓」を設置すると、計51,000ポイントが付与されます。窓の断熱改修やバリアフリー改修などを合わせて実施すれば、さらにポイントが追加になります。1戸あたり最大30万ポイントまで発行されます。
「節水型トイレ」では洗浄水量3.8リットル(床排水)の新「ネオレスト」(2月発売)、「高断熱浴槽」では4時間での温度低下が2.5℃以内の「魔法びん浴槽」を搭載したシステムバス、「節湯水栓」では浴び心地と節水を両立させた「エアインシャワー」他、水まわりの多数の商品が対象製品として登録予定です。
詳細は下記の国土交通省ホームページ、TOTOホームページでご確認ください。(順次更新されます。)

※「エアイン」はTOTOの登録商標です。

「設備エコ改修」TOTOの「エコ住宅設備」対象製品例

「節水型トイレ」24,000ポイント

「高断熱浴槽」24,000ポイント

「節湯水栓」3,000ポイント
TOTOでは、制度活用の推進を図るために、工事業者様、販売店様のサポートを行っています。制度を有効活用する提案の仕方をご紹介する講習会を実施。お客様への提案ツールとして、チラシやポスター、のぼりなどを用意しています。ショールームでは対象製品をわかりやすく表示し、その場でお渡しできる提案シートには対象製品やポイント数の合計を表示します。工事業者様、販売店様、お客様にも電話でお問合せいただける「TOTO省エネ住宅ポイント相談室」を2月9日(月)に開設、対象商品や申請方法等をご紹介します。
工事業者様、販売店様などと共にお客様の制度活用を推進し、環境に配慮した水まわりのエコ住宅設備やそれらを設置したエコ改修のさらなる認知と浸透を目指します。
ニュースリリース全文及び高解像度画像は、以下よりダウンロードしてご覧ください。
以上に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
  • 尚、TOTOホームページの無断転用・転記はご遠慮いただいております。
  • ※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
    閲覧されている日と情報が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
Share

CLOSE