Menu

ニュースリリース

Menu

日本の空の玄関口に体感型トイレ空間
「GALLERY TOTO」が誕生

~成田国際空港第2旅客ターミナルビル連絡通路に2015年4月オープン~

TOTO 株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:喜多村 円)は、このたび成田国際空港第2旅客ターミナルビルの連絡通路が 2015年4月に拡張されることに伴いオープンする寛ぎの大空間内に、体感型トイレ空間 「GALLERY TOTO」を設置いたします。

このトイレ空間は成田国際空港株式会社とのコラボレーションによって誕生しました。「国内外から訪れる多くのお客様に日本のトイレ文化・技術力を世界に発信していく」ことをコンセプトに、きれいで快適なトイレ空間を体感いただけるように設計しています。
デザインには建築家 「クライン ダイサム アーキテクツ(※1)」 を迎え、壁面に大型映像パネルを採用するなど、ギャラリーのような上質なアート空間としてもお楽しみいただける斬新な空間演出を取り入れました。
TOTO はこの「GALLERY TOTO」を通して、TOTO の最新の技術・商品を多くの空港利用者の皆様にお伝えしてまいります。

左:GALLERY TOTO 外観
右:新ネオレストハイブリッドシリーズ

GALLERY TOTO の特徴

TOTO の最新機器を導入、日本のトイレの技術力を世界に発信していく体感型トイレ空間です。
2015年2月に発売となるウォシュレット(※2)一体形便器新「ネオレストハイブリッドシリーズ AH/RH(※3)」 を採用。TOTO 独自の技術を多数搭載した最高級クラスの商品です。「節水機能」のほか、汚れを防ぎきれいを保つ「きれい除菌水」などの「清潔機能」が特徴です。

GALLERY TOTO概要

※設置機器は変更される可能性があります

規模:約145m²(トイレ空間の合計面積)
トイレブース数:計10ブース(男性用=4、女性用=4、多目的トイレ=1、授乳室=1)
設置機器:ネオレストAH/RH(2015年2月発売予定商品)、RESTROOMITEM 01、アクアオート(自動水栓)、クリーンドライ(ハンドドライヤー)、ハイドロセラ(内装用防汚陶板)など
完成予定:2015年4月中旬
設計:クライン ダイサム アーキテクツ
※1 クライン ダイサム アーキテクツ:ニュースリリース全文PDFのP.2下段ご参照ください
※2 ウォシュレット:「ウォシュレット」はTOTOの登録商標です
※3 新「ネオレスト ハイブリッドシリーズ AH/RH」:ニュースリリース全文PDFのP.3~ご参照ください
ニュースリリース全文及び高解像度画像は、以下よりダウンロードしてご覧ください。
以上に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
  • 尚、TOTOホームページの無断転用・転記はご遠慮いただいております。
  • ※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
    閲覧されている日と情報が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
Share

CLOSE