Menu

ニュースリリース

Menu

「エコプロダクツ2014」に出展

本年より全世界でスタートした「TOTOグローバル環境ビジョン」をテーマに水まわりからの環境貢献の取り組みを紹介

TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:喜多村 円)は、2014年12月11日(木)~13日(土)に東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催される、国内最大規模の環境展示会「エコプロダクツ2014」に出展します (ブース位置:東2ホール「2-053」)。

TOTOブースの今回のテーマは、本年6月よりスタートした「TOTOグローバル環境ビジョン」。水まわりからの環境貢献のさらなる推進を目的に、「水を大切に」を新たに追加した6分野での環境目標実現をめざしています。同ビジョンのもと、TOTOグループの環境技術・環境活動など環境への取り組みを、比較・体感できる展示物などでわかりやすく紹介します。

「エコプロダクツ2014」TOTOブース
「エコプロダクツ2014」TOTOブース(イメージ)

主な展示内容のご紹介

環境コンセプト紹介コーナー

●TOTOグローバル環境ビジョン
これまでの環境活動をよりグローバルに進化させるために2014年6月に策定したグローバル共通のビジョン。各国各地域の環境問題や社会課題と向き合い、6つのテーマ―「水を大切に」「温暖化を防ぐ」「資源を大切に」「地球を汚さない」「生物多様性を守る」「地域社会のために」―で環境への取り組みを推進し、を推進し、創立以来、長年にわたり培ってきた「水」に関するノウハウを生かして、さらなる環境貢献へと発展させていきます。 さらに、同ビジョンの実現に向けて新たに設定した「グローバル環境目標」は、水に関わってきた企業として、世界で年々深刻化する水資源問題に貢献するため、「水資源の保全(水を大切に)」を新たに加えた6つのテーマで、2017年度までの達成をめざします。
●節水・節湯(せつゆ)で節電
上下水道の供給や給湯にはエネルギーを必要とし、CO2が排出されます。節水・節湯することにより、水資源の節約だけでなく、社会全体の節電やCO2排出削減にダイレクトにつながることを紹介します

環境活動紹介コーナー

●リサイクル
一部地域で試行している使用済みウォシュレット※1のリサイクルや、トイレタンク内部へのリサイクル樹脂の活用など、TOTOのリサイクル活動の最新情報を紹介します。
●社会貢献活動
TOTOグループ社員一人ひとりが環境意識をもって、地域と関わり合いながら活動している「TOTOどんぐりの森づくり」と「TOTO水環境基金」の取り組みを紹介します。

環境技術展示コーナー

ボタンを押す力で発電する電源不要の「エコリモコン」や、空気を含ませて節水効果を高めるエアイン※2技術に加えて、先端に軽く触れるだけでこまめな出し止めができるキッチン用の「タッチスイッチ水ほうき水栓」、給湯器の無駄な着火を防ぐ「エコシングル※3水栓」、業界最高クラスの洗浄水量3.8L※4を誇る節水トイレ「ネオレスト ハイブリッドシリーズ」、光触媒を利用して光や水の力で地球も暮らしもきれいにする環境浄化技術「ハイドロテクト」など、TOTOの節水・省エネ商品と環境技術を一堂にご覧いただけます。

左から、エコリモコン/タッチスイッチ 水ほうき水栓/エコシングル水栓
/ネオレスト ハイブリッドシリーズ/環境浄化技術「ハイドロテクト」

省エネモデル工場展示コーナー

滋賀工場新西棟 高効率焼成窯の展示(イメージ)
TOTOグループの省エネモデル工場として、最先端の省エネ技術を導入し、2012年より稼動開始したTOTO滋賀工場新西棟は、2013年度「省エネ大賞」の省エネ事例部門において、最高賞の「経済産業大臣賞」を受賞しました。その最新鋭の高効率焼成窯の一部を実物大で再現し、焼き上げる前の本物の便器とともに展示します。ものづくり現場での環境活動への取り組みを紹介します。
(※1)「ウォシュレット」はTOTOの登録商標です。(※2)「エアイン」はTOTOの登録商標です。
(※3)「エコシングル」はTOTOの登録商標です。(※4)床排水タイプの大洗浄の洗浄水量
ニュースリリース全文は、以下よりダウンロードしてご覧ください。
以上に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
  • 尚、TOTOホームページの無断転用・転記はご遠慮いただいております。
  • ※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
    閲覧されている日と情報が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
Share

CLOSE