Menu

ニュースリリース

Menu

トイレでの移乗をスムーズにサポート 病院・高齢者施設向け『前方ボード(スイングタイプ)』 12月1日(月)新発売

TOTO株式会社は、高齢者施設の共用部や居室エリア向けに、トイレでのさまざまな介助をサポートする『前方ボード(スイングタイプ)』を12月1日(月)に新発売します。

病院や高齢者施設の限られた空間でもあるトイレでの介助において、車椅子から便器への移乗の際、上手く座れなかったり転倒したりなど、様々なリスクや介助者の負担があります。介助される方もする方も安心してスムーズに便器への移乗が出来る便器移乗時の動作・姿勢の安定を図り、転倒リスクや介助負担を軽減する『前方ボード(スイングタイプ)』を開発しました。

EWC740
■前方ボード(スイングタイプ)
品番:EWC740
希望小売価格:120,000円(税抜き・組立費別途)
■前方ボード(スイングタイプ/I型手すりセット)
品番:EWC740
希望小売価格:135,700円(税抜き・組立費別途)
【前方ボード(スイングタイプ)の主な特長】
1. 便器への移乗、立位保持から座位保持までをサポート
2. 介助者の負担を軽減
3. さまざまな使い勝手に配慮したボード形状
ニュースリリース全文及び高解像度画像は、以下よりダウンロードしてご覧ください。
以上に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
  • 尚、TOTOホームページの無断転用・転記はご遠慮いただいております。
  • ※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
    閲覧されている日と情報が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
Share

CLOSE