Menu

ニュースリリース

Menu

業界初の『ユニットバスルーム』 誕生50周年

~累計出荷台数 約860 万台~(2014 年3 月時点)

TOTO株式会社が開発した『ユニットバス(※1)ルーム』は2014年9月1日に誕生50周年を迎えます。

1964年の東京オリンピック開催にあたり、日本初の超高層ホテル「ホテルニューオータニ」で短期間に大量の浴室を納入するために、1963年に業界初の『ユニットバスルーム工法』を開発しました。
① 短納期:
工期を在来工法の10分の1に短縮し、ホテルニューオータニの全客室の内の1044室を3.5ヶ月で組立てました。
② 防水性:
1958年に発売した浴槽「トートライトバス」で培った樹脂加工技術を活かした構造により、建物の防水工事を不要にしました。
③軽量化:
高層建築に対応するためにFRPを採用し、軽くて丈夫なシェルター状の浴室を開発しました。
1966年には、マンションやアパートなどの集合住宅用ユニットバスルームを発売し、1977年には、戸建用のユニットバスルームを発売、その後、マンションの取換え需要を見据えたマンションリモデルバスルームを発売、業界初の「カラリ床」や「魔法びん浴槽(※)」など、お客様の要望にお応えした商品を発売し続けています。
また、最新のユニットバスルームでは、「カラリ床」は「ほっカラリ床」に進化させ、「エアイン(※2)シャワー」を標準搭載するなど、常にお客様の使い勝手と心地よさの追求を行っています。
TOTOは、今後も水まわりの総合メーカーとして、さらなる快適性を追求し進化させていきます。

※1ユニットバスは、JIS規格に適合しているもの ※2「エアイン」「魔法びん浴槽」はTOTO(株)の登録商標です。

1964年9月1日誕生
ホテルニューオータニに納入した「ユニットバスルーム」

2014年8月1日発売
最新のシステムバスルーム「サザナ」
ニュースリリース全文及び高解像度画像は、以下よりダウンロードしてご覧ください。
以上に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
  • 尚、TOTOホームページの無断転用・転記はご遠慮いただいております。
  • ※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
    閲覧されている日と情報が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
Share

CLOSE