Menu

ニュースリリース

Menu

国際的権威のあるデザイン賞受賞商品を多数展示
アジア最大規模の国際見本市
「Kitchen & Bath China 2014」に出展

~5月28日から上海で開催~

TOTO株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:喜多村 円)は、上海で開催されるアジア最大規模の水まわり設備の国際見本市「Kitchen & Bath China 2014(以下KBC)」に今年も出展いたします。

会場では昨年同展示会で発表したTOTOの最先端技術Actilight(*1衛生陶器用光触媒技術)を搭載した「NEOREST GH/GE」の展示をはじめ、2014年に選出された世界のデザイン賞受賞商品(*2)、中国のお客様に向けて新たに展開する、「節水」と「浴び心地」の両立を実現したシャワーシリーズをご提案します。
今年の展示テーマは「Luxury&Design」。TOTOブランドのステータスをさらに高めるため、高級感のある展示デザイン加え、機能や技術の価値をよりご理解いただけるよう、演出にもこだわりました。世界で評価されているデザインと技術が融合したTOTOの水まわり商品を今後も世界各地に発信してまいります。

Kitchen & Bath 2014 TOTO展示イメージ

展示会概要

  1. 展示会名: KBC(Kitchen & Bath China 2014)
  2. 期 間 : 2014年 5月 28日(水)- 5月31日(土)
  3. 会 場 : 中国 上海新国際博覧中心 (TOTOブース 約528㎡)
【ご参考 2013年データ】
・総面積:504㎡
・参加企業:1,202社
・来場者数:約120,000人

*1)Actilight
(衛生陶器用光触媒技術
・アクティライト):
水道水による便器洗浄後も、目に見えない有機物汚れが便器内に残っていると、使用していないときに有機物を栄養源に菌が繁殖してしまいます。
「Actilight」のシステムは、ナノレベルで平滑な従来のセフィオンテクト釉薬面の上に、衛生陶器用に新開発した耐薬性・耐傷性に優れた光触媒層を形成・焼きつけました。ふた閉止時に便器内で光触媒を活性化させる紫外線を一定時間照射することで、光触媒の「分解力」により便器ボウル表面の有機物を分解し、菌の繁殖を押さえる技術です。また、光触媒のもうひとつの効果である「親水性」により、便器ボウル表面が水となじみやすくなり、汚れがつきにくい状態を維持します。また、「Actilight」の光触媒層には「ジルコニア」が含まれており、光触媒層に優れた耐久性(耐薬性・耐傷性)を付与するとともに、便器ボウル面を美しく輝かせる効果もあります。

*2)世界のデザイン賞:
iF賞について・・・
1953年設立の世界で最も歴史が長く、デザイン業界では広く認知されている。プロダクトデザイン、コミュニケーションデザイン、パッケージデザイン、コンセプトデザインの4つの部門に分かれており、その一つが「iFプロダクトデザイン賞」。
例年、世界各国から多数の応募があり、デザイン、品質、素材、革新性、機能性、環境適合などの基準に基づいて厳正に審査されています。今年のプロダクトデザイン賞には、55カ国から3,249のアイテムがエントリーされ、TOTOはActilight搭載のNEORESTシリーズをはじめ、水栓金具、水まわりシリーズの空間デザインにおいて本賞を受賞しました。
iF賞公式サイト(http://www.ifdesign.de/
*iF賞受賞リリースhttp://www.toto.co.jp/company/press/2014/01/31_001993.htm
ニュースリリース全文及び高解像度画像は、以下よりダウンロードしてご覧ください。
以上に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
  • 尚、TOTOホームページの無断転用・転記はご遠慮いただいております。
  • ※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
    閲覧されている日と情報が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
Share

CLOSE