Menu

ニュースリリース

Menu

乾久美子が見出す、ささやかな公共空間の
質『小さな風景からの学び──さまざまなサービスの表情』 刊行のご案内

TOTO出版は、『小さな風景からの学び──さまざまなサービスの表情』を2014年4月17日に発行しました。

震災以降、建築家の役割や建築の価値に対する基準が揺らぎ始めている中、建築家・乾久美子氏も震災復興事業において精力的に活動を行っています。そんな中、被災地で見たある光景をきっかけに、日常の中にある「ささやかな風景」が、空間づくりをする上でのヒントになるのではないか、と強く考えるようになったと言います。

本書は乾氏の教え子である学生たちと、半年かけて国内の公共空間に見られる「ささやかな風景」をリサーチし、まとめたものです。こうした建築家による場のリサーチや、それらを類型化して分析した書籍はこれまでも数多くありましたが、本書がそれらと異なるのは、結論を明確に示さずに、読者ひとりひとりの「気づき」に委ねているところにあります。2,000枚に及ぶ写真から導き出された150のユニット(写真群)を通して、多くの人が「日常空間のゆたかさ」に共感し、その価値を共有できることがポイントとなっています。

難しい理論では語れない、空間の質を考える上でのヒント集となるだけでなく、乾氏が葛藤しながらも、より良い建築を考え抜こうとする姿勢が、建築を学ぶ学生だけでなく、実務者にも共感いただけるものと思います。

【書名】小さな風景からの学び──さまざまなサービスの表情
【編著者】乾久美子+東京藝術大学 乾久美子研究室
【デザイン】飯田将平+深川優
【定価】本体2,500円+税
【発行年月日】2014年4月17日
【体裁】175×252mm、並製、240頁
【ISBN】978-4-88706-341-9
ニュースリリース全文は、以下よりダウンロードしてご覧ください。
以上に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
  • 尚、TOTOホームページの無断転用・転記はご遠慮いただいております。
  • ※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
    閲覧されている日と情報が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
Share

CLOSE