Menu

ニュースリリース

Menu

世界的なSRI※1評価会社Robeco SAM社のCSR格付で、
初めて「ゴールドクラス」に認定

世界の代表的なSRI(社会的責任投資)評価会社Robeco(ロベコ) SAM 社による2014年のCSR格付にて、「ゴールドクラス」に初めて認定されました。

Robeco SAM 社(本拠地:スイス)は、毎年、世界の企業約2,500社を対象に経済・環境・社会面から企業の持続可能性について評価を行い、特に優秀な企業を「ゴールド」「シルバー」「ブロンズ」の3クラスに認定し、The Sustainability Yearbook 2014に掲載しています。今回は「ゴールドクラス」が70社、「シルバークラス」が65社、「ブロンズクラス」が87社でした。

TOTOは昨年「ブロンズクラス」として認定され、今年はさらにステップアップした「ゴールドクラス」への初めての認定となりました。ESG(環境・社会・ガバナンス)視点で企業活動を推進し、特に地球温暖化防止への取り組みや人財(※2)育成、地域社会への貢献などが評価されたものです。「ゴールドクラス」の認定を受けた日本企業はTOTOを含め5社でした。

なおTOTOは、RobecoSAM社によるSRI評価である「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ワールド・インデックス(DJSI World=Dow Jones Sustainability World Indexes)」にも直近3年連続で選定されています。

TOTOは、2017年の創立100周年に向けて、ESG(環境・社会・ガバナンス)視点で企業活動を推進し、“真のグローバル企業TOTOへ”さらなる進化を続けて参ります。

<参考ウェブサイト>
●TOTO CSR活動
http://www.toto.co.jp/company/csr/
●TOTO 環境へのとりくみ
http://www.toto.co.jp/company/environment/
●DJSI World Index(ダウ・ジョーンズ・サスティナビリティ・ワールド・インデックス)に選定
http://www.toto.co.jp/company/press/2013/09/26.htm(2013年9月26日発信済ニュースリリース)

※1 社会的責任投資(SRI)とは、投資を行う際に、従来の財務分析による投資基準に加え、社会・環境・コーポレートガバナンスといった企業の社会的責任や貢献を重視して投資をする方法のこと。
※2 TOTOグループでは、TOTOグループで働く人々を「次世代を築く貴重な財産」と考え、「人財」と表記しています。

<環境ビジョン 「TOTO GREEN CHALLENGE」>
TOTOは創立100周年を迎える2017年に向け、「商品・サービス」「ものづくり」「社会貢献」の3つの軸と、それらを支える「ひとづくり」で、新しい環境貢献目標にチャレンジします。
詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.toto.co.jp/greenchallenge/
以上に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
  • 尚、TOTOホームページの無断転用・転記はご遠慮いただいております。
  • ※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
    閲覧されている日と情報が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
Share

CLOSE