Menu

ニュースリリース

Menu

思考を繰り返す建築家・内藤廣の全活動記録
『内藤 廣の建築 2005-2013──素形から素景へ2』 刊行のご案内

TOTO出版は、『内藤 廣の建築 2005-2013──素形から素景へ2』を2014年1月17日に発行しました。

本書は、日本を代表する建築家・内藤廣氏の2005年以降の活動をまとめた作品集です。2013年3月刊行の『内藤 廣の建築 1992-2004──素形から素景へ1』に続く、第2巻目となります。

1巻目が建築への姿勢が確立された経緯と2004年までの建築作品の記録であったのに続き、2巻目では、さらに土木、街づくり、復興計画など、建築の枠組みを超えた氏の幅広い活動を紹介しています。それぞれの作品は、豊富な写真、迫力あるスケッチ、そして「つぶやき」と題した独自のフレーズによって構成され、作品の変遷を総覧することができます。まるで、氏の頭の中を覗き込むような内容となっています。

あとがきとして書き下ろされた文章では、ここ10年間の活動の記録と、3.11を経験したことによって見出された、今後の建築への想いが語られています。常に時代の変化に歩み寄り、進化を続け、これからの建築界を牽引する氏の生き様が垣間見えます。

建築を学ぶ学生や建築実務者だけでなく、街づくりや行政関係者にもぜひご一読いただきたい一冊です。

【書名】内藤 廣の建築 2005-2013──素形から素景へ2
【著 者】内藤 廣
【アートディレクション&デザイン】工藤強勝+舟山貴士
【定価】本体4,000円+税
【発行年月日】2014年1月17日
【体裁】B5判変型(250×190mm)、並製、350頁、和英併記
【ISBN】978-4-88706-338-9
ニュースリリース全文は、以下よりダウンロードしてご覧ください。
以上に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
  • 尚、TOTOホームページの無断転用・転記はご遠慮いただいております。
  • ※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
    閲覧されている日と情報が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
Share

CLOSE