Menu

ニュースリリース

Menu

フィリピンで発生した台風30号の
被災地・被災者への支援について

TOTOグループでは、現地のグループ拠点において被害はありませんでしたが、依然として復興に時間がかかっている現地に拠点を持つ企業として被災地支援を行うこととし、グループ社員から寄付金を募りました。

1000名を超える社員から約283万円の募金が集まり、さらに、マッチングギフト(※1)として、社員からの募金額と同等額を会社が拠出し、総額570万円を義援金として寄付します。
義援金は、1月10日にTOTO水環境基金が現在助成している団体である「認定NPO法人 フリー・ザ・チルドレン・ジャパン(※2)」に寄付し、同団体を通じて、今回の台風で被災した人々、特に子どもを対象とした緊急支援活動に活用されます。
被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

<義援金の寄付について>
TOTOグループとして、義援金総額570万円を寄付
寄付先:認定NPO法人 フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
支払元:TOTO株式会社

(※1):マッチングギフトとは
企業や団体などが社会貢献のために寄付や義援金を募る際、寄せられた金額に対して企業側が金額の上乗せを行い、寄付金額を増やした上で同じ寄付対象に寄付する取り組み。


(※2):認定NPO法人 フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
1999年に設立された国際協力団体。台風被害を受け、フィリピンのビサヤ地域で被災した人々、特に子どもを対象にして緊急支援活動を開始。TOTOグループでは、2013年度の第8回「TOTO水環境基金」助成団体として、「フィリピンでの飲料水及び持続可能な農業のための灌漑用水支援事業」への助成を行っている。 認定NPO法人 フリー・ザ・チルドレン・ジャパン ホームページ:
http://www.ftcj.com/index.html
TOTO水環境基金 ホームページ:
http://www.toto.co.jp/company/environment/social/mizukikin/index.htm
以上に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
  • 尚、TOTOホームページの無断転用・転記はご遠慮いただいております。
  • ※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
    閲覧されている日と情報が異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
Share

CLOSE